2015年04月30日

黒い悪魔に弄ばれる奴隷

今朝は6時半起床,7時出発.朝には固定卵の整理などを行いゼミの資料の確認などをも行う.午後はゼミで,カワゲラの網羅的な分子系統解析の論文を紹介.従来の系統仮説と違って Nemouroidea が最ベーサルにきてAntarctoperlaria が一番派生的になるところが目を引くのだが,Styloperlidae が認められずMegaleuctridae が存在しているのは謎である.Bossや先輩方から,この研究グループには形態や系統の専門家がいないんじゃないかと指摘を受ける様に実験操作にお粗末な点が感じられる出来具合なのだが,今の所,網羅的なカワゲラ目間の分子系統はこの論文だけであるからいつかは紹介しなければならないものでもあった.いやはや,それにしても私は論文紹介が下手くそである.けっこう読み込んでいたつもりであったのだが,発表練習をしないと雑になってしまう.しかしプレゼン発表と違ってそんなに練習に時間を割くわけにもいかず,慣れていくしかないのかなあと感じる.そのあとにタイムラプスで記録している黒い悪魔の悪魔のような挙動について報告したところ,これはまずいんじゃないかということで今後の対策が練られ,激しい隷属が求められることになった.
ところが夕食後原点に立ち戻って悪魔の様子を見てみると,本来振る舞うべき姿をしていることを確認.タイムラプスにかけていない卵が正常発生をしているのであれば,タイムラプスを行っている部屋の環境とか実験操作が卵に悪影響を及ぼしていると予想できる.あの悪魔じみた挙動がデフォルトであれば卒研から何からすべてが覆され,奴隷の隷属人生が振出しに戻りかねない事態であったのだが,彼らはさすがにそこまで私に試練を課したりはしないようである.ひとまず胸をなでおろすわけだが,これはこれで新たな教訓を得られたのだから,悪魔であろうと”圧倒的感謝”しなければならない.21時帰寮.

~・~・~

明日は年金の学生追納の申し込みや病院での診療代の支払い,自賠責の解約などをしに上田に降ります.移動手段が自転車の私にとって,平日に山を降りるのはあまりやりたくないのですが,役場も病院も保険会社も休日に開いていないのでどうしようもありません.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月29日

100点満点の採集遠征

4月28日
8時に菅平を出発.11時半ごろ第1採集ポイントに到着.昨年より水位が増していたのでポイントへの到達に難儀したが,無事に到着してから材割を開始.


お目当てはナガヒラタムシの幼虫.彼らの痕跡や本体が現れた木を段ボールに詰めて採集.
続いてつくば市に移動し,14時半ごろ到着.ここではハサミコムシとアリヅカコオロギを採集.BOSS曰く,環境が劇的に悪化しているようで,もう数年も持たないかもしれないとのこと.そして第3のポイントへ移動.


久々にムカシトンボに再開し,彼らがいつも通りの生活を送っていることを確認して安堵する.今までと違って16時ごろから沢に入ったので見つけられるのか不安であったが,研究室のメンバー総出で10匹採集することができたので大成功であった.ちなみに我が研究室にはトンボの形態学者で,ムカシトンボの頭部形態の論文を書いていたりする外国人研究者が所属している都合上,この採集は失敗する訳にはいかなかったのである.
その後22時過ぎに帰菅.複数のターゲットがある採集行ではどこかしら上手くいかないことがあり,今回のように行く先々で目的を達成できるのは大変珍しいことであるらしい.上手くいってよかった.

4月29日
7時半ごろ起床し9時ごろ出発.午前中は卵固定をして,外で昼寝をしたりする.雪もほぼ消えて暖かくなってきた外の気候は昼寝に最適である.クロツグミやイカルの美しい囀りを聞きながら横たわっているとこのまま昇天したくなるくらいに快適である.午後は蛍光観察を終えた卵の液交換を延々18時ぐらいまで行う.今は緩衝液に入れているのだが,定期的に液を変えないとカビてしまう.ただカワゲラの奴隷の場合膨大なストックがあるため,定期的な緩衝液の交換よりアルコール保存をしていた方が労力を減らせる.とはいっても一気に9科分の役を交換したらこんなに時間がかかってしまうのである.夕食後帰寮.

~・~・~

明日はゼミです.資料作りもほぼ終えているし内容もあらかた理解しているつもりなので余裕を持ったふるまいをしておりますが,明日の午前中はもう一度よく読み込んでおきたいです.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月27日

без названия

今朝は6時半起床7時出発.
http://sugakosubu.jimdo.com/
さてセンターに着いたら興味深い新聞記事を発掘.カワゲラの奴隷は名瀑信仰および滝の飛沫を一身に受けながらカワゲラを採集する荒行を義務付けられているのだが,その聖地の一つ,唐沢の滝がコスプレ撮影会の一スポットとして取り上げられているではないか.この滝で見られる日本産全9科のカワゲラを忠実に再現したコスプレが可能かどうかは分からないが,そういう狂気に満ちたコスプレイヤーがいたらいつでも菅平に来て頂きたいものである(何せカワゲラは1年のうち11か月半は野外で成虫が見られる).
まあ,もう少し現実的な希望を挙げるとしたら,秘封倶楽部のコスプレイヤーがいらしてくれないものだろうか.私はコスプレを鑑賞する趣味は無いのだが,しばしば自然の中にいる2人の様子を描いたイラストを目にすることがある.唐沢の滝に限らず,菅平高原ではそんな情景を3次元で体験できるであろう撮影の適地であるはず.それから善光寺にも直線距離的に近く(30キロもない),車があればお参りにだって行けるのだ.こんな場所が,秘封病患者のこころを癒さないわけがない.
その後は冷静になって暗室に籠り,昼食をはさんで14時頃まで蛍光観察に従事.理想的な染まり具合ではないが,そこそこのデータを得ることに成功.その処理を17時ごろまで行い,夕食後読書をして20時帰寮.

~・~・~

明日はナガヒラタムシ・ハサミコムシ・ムカシトンボの採集のため,某県某所とつくばに向かいます.カワゲラの奴隷は渓流沿いの冷涼さに適応しているので,カワゲラもろとも車内で熱死してしまうかもしれません.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月26日

今年度最初の副業

今朝は7時位に起きて8時くらいに出発.隷属する気分になれず,色々なストックがたまっている冷凍庫のドアを開けカモの羽とベニヒワの解凍を始める.それから構内にある旧宿泊施設の柿渋塗りに参加.学生が自分だけだったが気にせず業務に従事.


参加者で鳥に詳しい方が道すがらイカルの死骸を拾ってきたとのことで見せてもらったのだが,これにより我がテンションは完全にイってしまった.イカルとはカワゲラの奴隷が崇拝できる唯一神「ウミカワゲラ」の化身とも言われている,どこまでも尊い鳥である.菅平も大分暖かくなりイカルの声も聞こえるようになり,その声を聴くだけで滝に身を投げカワゲラの餌となることも辞さない気持ちになる筆舌に尽くしがたい存在であるのだが,そんなご遺体が,こんなにきれいな状態で目の前にある!
だがしかし,トランス状態で遺体をもらえないか打診したせいか門前払いを食らってしまった.人生とはかくのごときものである.自分でどうにか見つけ出そう.


そのあとは予定通りカモの羽の除肉・整形を行う.最初にいじったメスは乾燥が進んでいること,久々の作業のため不慣れなこともあり,腹面が大分汚くなってしまったがこうしてみると分からない.そのあとベニヒワをいじってみたが,やはり状態が悪い.少し羽をつまむとたちまち剥がれ落ちてしまう.右の翼と尾羽とを抜いて台紙に貼りつけ,左の翼は翼標本にするため切り取り,残りの羽は大方毟り,骨格標本作りをするため水を入れた容器に本体を浸し放置.ふと思ったのだが,こうして放っておくと肉が腐るのだが,凄まじい香気を発するようになる.この方法は時間がかかるがきれいに骨が取れるが,水から出す前にパイプ洗浄剤を放り込んだらにおいが抑えられるのではなかろうか.試してみよう.


さぼってばかりいられないので,鳥いじりを終えたら形態学のお勉強.本日は形態学に関する新書の発売日なのである.前半の形態学の歴史的変遷をひとまず読み終え,授業や研究で学んでいる形態学の深みを少しは理解した気持ちになる.ちなみに写真に写っているもう一つの本はまだ読んでいない.
19時前に帰寮し新人歓迎会に参加,主催した同期氏による餃子メインのお食事を堪能し談笑.今日は蜘蛛のバンダナを装着していたせいか,乾杯のタイミングで蜘蛛が天井からコップめがけて降りてきたところに運命を感じた.

~・~・~

さて明日は蛍光観察をしてカワゲラに隷属したいところです.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月25日

お兄さん,4時間300円でどう?

今朝は6時半起床,7時過ぎ出発.朝ごはんを食べてから8時過ぎ山下りを開始.前回と比べて暖かく(まだ気温が1けた台だったが),それはそれは快適なサイクリングであった.もはや車が無くても良いというか,車があっても積極的に自転車移動をしたいくらいである.さてノンストップで1時間,ツルヤに着いたのはいいのだが,開店時間が9時半であることを失念していたので無為の時間を過ごすことになった.買い物をして下原バス停まで30分近く移動したのだが,ゆるいのぼりが延々と続いているので苦行であった.今の時期なら何とかなるが,もう少し暑くなったら悲惨なことになろう.それでも下原バス停付近にはSEIYUやウェルシアがあるので疲弊した体を回復することもできる.もっとも,わざわざツルヤまで行かずにここで買い物を済ませればよいわけだが,やはりツルヤの方が色々と安価である上に品ぞろえも豊富なのである.




こうして自転車を折りたたんでしまえばバスに乗り込むのも容易い.自転車自体は13キロくらいあって軽い部類ではないのだが,スリップ事故の奴隷にとっては大したことは無い.10時54分の便で帰菅を果たしたのだが,待っている途中知り合いの車が2台も帰って行ったのを見てワクワクしていた.
ちなみにこのバスを逃すと次は13時40分まで待つ羽目になる.朝一で降り,サッと買い物を済ませ,辛い上り坂を少し行けば300円で戻れる.菅平から買い物で上田に降りるコースは大体1往復50キロくらいなので,車で行った場合のガソリン代を考えると非常に安価だといえよう.まあその分時間と体力が犠牲になるのだが.あとシーズンによっては大荷物でバスに乗るのが躊躇われることもあろう.直近ではゴールデンウィークが危険である.そもそも下山しないのが理想だがそうもいかないだろうから,時間をずらすなどして不都合なく移動できるようにしたい.12時前にセンターに戻る.

さて,本日は再考の散策日和なのだが,生憎休日であるため外の沢には渓流釣りのおじさんたちが高密度で観察された.カワゲラの奴隷と最高に相性の悪い存在である.そういう場所には平日に行くことで不具合を回避することができる.構内でカワゲラを探したのだが,去年の感覚とはかけ離れてしまっているのが現状で,ユビオナシカワゲラが1匹しかいなかった.ヒロバネアミメカワゲラはどこにいるのか…
その後飽きずに車を調べたり,昨日固定した卵を処理したり,タイムラプス撮影を行ったりする.早めに夕食を済ませ,19時までには帰寮するつもりである.

~・~・~

さて先日の中古車情報を両親に打診したところ,まあ待てとのことでリジェクトされました.とはいっても,夏のボーナスが入ったら検討するということで期限付きでもあります.まあ今日の一件で車が無くても案外快適な買い物ができると立証されたこと,6月末までなら帰省も授業もないだろうから直ちに必要でもないことなどを考えると,まあ焦らなくてもよいのかなという感じです.採集に多少難儀しそうですが,こちらは隷属を繰り返すうちに体が慣れてくることでしょう.
一番の問題は,希望する車が2か月後まで残っているかということです.アルトワークスは去年の10月から売り出されていることを思うとまだまだ安心かもしれませんし,何より実際に試乗しに行ってお店の人と交渉すればその時まで取っておいてもらえる可能性もあります.ミニキャブ,というか旧規格箱バンで結構状態の良いものはすぐ売れるでしょうから,こちらは諦めないといけないかもしれません.まあ,また別の車が出てくる可能性もあるのですが・・・
ここで中古車検索をパタッと止められれば理想的ですが,これがなかなか楽しくてついやり込んでしまいます.カワゲラに呪われそうですね.

明日は午前中あるイベントに参加予定で,午後はなにかしら作業ができればと考えています.夜は新人歓迎会.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月24日

без названия

今朝は7時ごろ起床8時前くらいに出発,午前中はゼミのレジュメを作り,昼食後は4月中に撮りためた蛍光観察画像を表に付け加える.やはり一覧にすると,どのステージが欠けているのかが一目瞭然である.さてその後は夕食を挟んで卵固定を行う.21時頃に帰寮.

さて昨日紹介した中古車についてお店に問い合わせをしたところ返事があり,非常に悩ましく感じる.もっともなことを言えば,中古車検索をしてしまったことを悔いている状況である.その選択肢がアルトワークスかミニキャブかというのもまた問題である.

~・~・~

明日は買い物に山を下ります.千曲川の河川敷の石造を見に行こうと思っていましたが撤去されてしまったようで残念ですが,まあそれも人生でしょう.気力が残っていれば初の試みとなるカワゲライトトラップをしてみたいところです.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月23日

我が脳髄を蝕む中古車たち

今朝は6時?ごろ起床し7時ごろ出発,午前中は主にゼミの資料作りを行う.お昼前にお昼を食べ,着替えて滝めぐりを始める.センター内ではわずかにユビオナシカワゲラを数匹見るだけで本業の成果は得られなかったのだが…


今年は色々な場所でビーチコーミングを行い哺乳類の骨を探し回っていたのだが見つけられないでいた.しかしどういうわけか菅平の山奥で目的が達成されてしまった.けっこう大きな獣の背骨のようだが,この辺りだとカモシカ,クマ,イノシシのいずれかのものであろう(雪が多いのでシカはいない).カモシカだったら拾うのにも許可がいるのだが,上流から流れてきたらしいこの骨の周りに手がかりもなく,これだけでは判断できない.可能性的に一番あり得るのだが,クマであってほしいなあとも思う.
それから撮影は叶わなかったが,カワガラスを間近で観察することに成功.やはり彼らの声はアブラゼミを彷彿とさせる.またミソサザイのように尾っぽをあげてきょろきょろしていたのだが,最高であった.


次は唐沢に移動.下っていくだけなのでアクセスは本当に楽ちんである.ここでは滝の飛沫を浴びて寒さに打ち震えながらもシタカワゲラを6匹,ホソカワゲラを2匹採集.本命のヒロバネアミメカワゲラはまたしても見つからず.どこに潜んでいるのだろう.


ホソカワゲラ科ハルホソカワゲラ属の一種(たぶん).オナシカワゲラとよく似ているのだが,翅を体に巻きつけている様子を感じ取れれば区別は容易い.しかしながら適当に判断するとオナシカワゲラと間違えてしまう(今回はそうやって2匹オナシを採ってしまった).
行きは良くても,帰りは非常にしんどい.通学なら自転車でも耐えられるが,さすがにサンプリングには車を使わないときつい.センターに辿り着いたころには力も入らない有様でフラフラであった.こんな有様ではカワゲラの奴隷は務まらないのだが…


ちなみにセンターに着く直前に見慣れない白っぽい鳥を目撃.ツグミくらいの大きさだけどなんだあれは,と思っていたのだが,どうやらコムクドリというらしい.そういえばかつての同期がどこかで見たと言っていたような気がする.

さてセンターに戻った頃にはフラフラしていたのだが,焼きりんごを食べて体力回復.そこまでは良かったのだが,休憩ついでにしていた中古車検索に熱が入りすぎてしまい,その呪縛から逃れることなく夕食時を迎えてしまった.これはどうしようもないなあと19時半には早めの帰寮を成し遂げたのだが,熱中してしまったのには訳がある.良い車が市場に出ていれば,チェックしないわけにはいかないだろう.
三菱 ミニキャブバン | カースタジオ | Goo-net中古車情報

私がかつて乗っていたのはブラボーだが,ミニキャブはブラボーよりも商用車チックなバンである.走行距離の少なさとその影響であろうきれいな車内,価格が目を引く.2駆であること,販売店が埼玉にあること,カーオーディオが搭載されていないことがネックだが,ストライクな車である.はやる気持ちを抑えきれず,問い合わせをしてみた.

スズキ アルトワークス RS/X ターボ CD 社外ハンドル 社外アルミ | (株)小川オート販売商会 | Goo-net中古車情報

ここでアルトワークスの登場.まず素晴らしいのは,須坂で売りに出されている点である.なんとなれば,菅平から自転車で訪問することも可能だ.実際にゴールデンウィークあたりに行ってみたい(実は秘封倶楽部に影響されて善光寺参りをする予定なので,そのついでに).他にも,まずアルトワークスという点,パワーウィンドウがついていない点(窓は手動で開け閉めすべきである),私と同じ1991年生まれであるという点,冬タイヤがついている(?)点,赤い車体がとても力強く感じるあたりが良い.さすがに24年目の車ということだけあり色々なところにガタがきていそうな所,車検が今月で切れてしまうが,今後購入した場合追加で費用が生じるのかどうかが気になる点である.

ああ,もしもあの時スリップしていなければ,あるいは車に変なこだわりを抱かなければ,こうやって中古車を見て悩んだり時間を浪費することもなかったのだろう.そう思うと人生とはいかにちぐはぐなのか.

~・~・~

段々頭の中がアルトワークスで侵食されてきています.万が一アルトワークスを手に入れれば快適なドライブが約束されるでしょうが,積載能力や視界の広さが犠牲になります.旧規格の箱バンはおおよそこのトレードオフな関係にあるのですが,いずれも唯一無二な感じがあり,代替車両がないというのが悩みです.いっそ,みんなとっとと誰かに買われてしまった方が良さそうですね.
明日も明日とてカワゲラに隷属です.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月22日

без названия

今朝は6時起床,7時前にはセンター着.8時過ぎから2時間程度蛍光観察を行い,その後は実験後の後処理などを行う.昼食は新人歓迎会ということで,今年度から菅平に来た学生や新任のセンター長を囲んだ会食を行う.その後連絡会,菅平所属の教員による研究内容のセミナー(英語で行われた成果途中で挫折),英会話などを行う.英会話の先生がハチロクを購入されたようで,帰り際に魅せてもらったのだが,なるほど渋い.ライトがパカッと現れるあたりに心をくすぐられる.夕食後,昨日今日と撮影した画像処理を終えて21時ごろ帰寮.大分データがたまってきたので一覧表の見栄えも良くなりそうだ.

~・~・~

明日も明日とてカワゲラに隷属です.ゼミの資料作りを終えてしまいたいし,今旬らしいハルホソカワゲラやヒロバネアミメカワゲラの採集に出向きたいところです.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月21日

без названия

今朝は7時過ぎ起床し8時出発.午前中はHPの更新や卵固定,黒い悪魔の微速度撮影準備,蛍光観察を行う.お昼過ぎからゼミの間までは休憩,ヘッドライトの購入を検討する.毎晩帰る時は下り坂ゆえ自転車だと結構なスピードが出るのだが,しばらくは街灯もない真っ暗な道を進むのでただでさえ危ないのに,農繁期に差し掛かればそんな道路の上に泥の塊が無造作にばらまかれることになる.現在使っているヘッドライトはそんなに見通しも光度も良いわけではないので,スリップして塊に激突して自転車が全損し,自分も修理が必要になるような未来が実現するかもしれない.やはりそれは避けねばならないだろう.お金はかかってしまうが,事故を起こしたときの損失を考えれば購入すべきであろう.しかし今日は決断を渋った.
ゼミでムカデエビの論文紹介を受けた後は再び蛍光観察をしたり,来週紹介する論文のレジュメを作ったりして夕食.それから21時頃まで蛍光観察.本日は主にミネトワダを見ていたのだが,3か月前に観察したものを再び見たところ,染まりが悪かったものがきれいになっているなどして多くのデータ収集に成功.今日みたいに調子が良いといつまでも観察していられそうになるのだが,これこそ完璧に調教された奴隷の末路なのだろう.22時前に帰寮.

~・~・~

明日は午後からイベントが多く,実験は午前中に済ませねばなりません.明日は早くラボに行って暗室籠りをする人生になりそうです.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月20日

本格的な職務復帰

今朝は6時半ごろ起床し7時半ごろ出発.午前中は固定卵の処理をしたり,採集したカワゲラを個別飼育容器に移したり,ミネトワダの膨大な固定卵ストックの整理をしたりする.午後は黒い悪魔とミネの蛍光観察準備をしながら,学会の申し込み用紙の記入をしたり,長らく放置していた卵を蛍光観察したりして過ごす.15日くらい暗室に放ったらかしにしていた黒い悪魔の卵の一部が非常にきれいに染まっていたのはラッキーであった.夕食後画像整理を行ったりゼミの資料を作ったりして過ごす.
いやはや,デスクに貼りついているだけの人生と,ラボワークもこなす人生とでは時間の過ぎる速度が違う.後者の方が圧倒的に時間が早く過ぎ,素晴らしい隷属ができた気分になる.車を失った今,心行くまで秘封音楽を楽しめる暗室での蛍光観察は至福のひとときであるし,今日みたいに良好な観察データが得られたときには隷属過多で過労死しても本望だとすら思えてくるから恐ろしい.

~・~・~

明日は埼玉へ同期の研究材料を捕まえに行く予定でしたが,悪天候のため延期.大人しく暗室に籠って蛍光観察をしていようかと思います.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月19日

誤同定をしていた我が人生

今朝は7時半ごろ起き9時出発.午後の雲行きが怪しかったので朝食を済ませてさっそく唐沢に採集に出かける.


まず最初に見慣れぬカワゲラを発見.前肢第2跗節が前後の接と同じくらいに長いのでシタカワゲラ科Taeniopterygidaeである.去年は主に6月に現れる別種を集めていたが,こいつも使えるかもしれない.ただ今回は1匹しか見つからなかった.まあこれから出てくるのだろう.


続いて,シタカワゲラよりずっと小さく,何となく翅が白っぽいカワゲラを発見.ピントが甘いが,翅が微妙に体に巻き付いている感じであり,カワゲラの奴隷からするとオナシカワゲラと雰囲気が違って見える.おそらくホソカワゲラ科Leuctridaeのハルホソカワゲラ属Paraleuctra であろう.ホソは去年6月あたりに出てくる同属別種を利用していたが,採卵が難航したグループでもあったので,彼らを活かさないわけにはいかない.幸いにもそこそこ姿を見かけたのでチャンスがある.もう少し待ってお腹が膨れたメスを回収するのが一番手っ取り早いのだが,初対面のため頃合いを掴めないのが歯がゆいところである.その他オナシカワゲラ科Nemouridaeを数匹採集.こいつらに関しては今のところどうでもいい,というか相手をしていると手が回らなくなるから成虫の標本としての意味合いで採集.


今回はアミメカワゲラ科PerlodidaeのヒロバネアミメカワゲラPseudomegarcys japonicaがお目当てだったのだが見つからなかった.twitterでカワゲラを検索するとたまに本種っぽい画像が見つかるのだが,まだ菅平では早いのかもしれない.しかし一縷の望みをかけて街灯めぐりをしてみたところ,耳がついている’(ようにみえる)可愛らしい蛾を発見.正体は不明である.しかし,行きは下るだけなので快適だったが,帰りはお察しの通りであった…
センターに戻り昼食後ラボワークを再開.2時間ほど黒い悪魔の卵を固定するが,もはや指のけがの影響はほぼ皆無のようであった.その後次回の新聞のエッセイを考えたりしてすごしていたが,ふと気になるところがあってホソカワゲラの同定をしてみたのだが・・・属レベルでの誤同定をしていたらしいことが発覚.研究の流れ的には科が分かっていればよいのでそんなに困らないのだが,恐らく間違えたまま卒研発表をしてしまったことは不覚であった…夕食後19時前に帰寮.

~・~・~

明日は粛々とカワゲラに隷属するだけです.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月18日

без названия

4/17
430起床.5時半ごろセンターに向かい朝食と忘れ物の引き取り等をして歩いて寮に戻る.鳥見をしたが正体はわからず,視線が浮ついていたため目の前を一瞬横切った野生動物をしっかりとらえきることができなかったが,あれはおそらくノウサギだろう.寮に戻って同期の車に乗せてもらいつくばへ向かう.高速だと日中でも4時間程度で着いてしまい早さを感じる.
健康診断は一瞬で終わり,図書館へ籠って文献調査をすることに.院生になったので研究個室を使えるようになったことに気が付き,今後つくば入りするときにはここを拠点にするのもありかなと思うに至る.今回のヒットは『動物学ラテン語辞典』.カワゲラに付された学名などの語源を調べてみると色々と興味深い発見がありテンションが昂ぶった.世界で一番ありふれているのはカワゲラ科Perlidaeなのだが,科を表す接尾辞-idaeの手前のperl-が,真珠を示すperlaという名詞に由来するというのが最大の驚きであった.いったいどこに真珠の要素があるというのか,触角か尾毛か,あるいはあの見るだけで気絶しそうになる卵塊なのか…その後知人と会食し雨を何とかやり過ごして帰省.
健康診断が一瞬で終わり時間が大いに余ったので秋葉原に立ち寄る.やることはただ一つ,秘封倶楽部の中古CD漁り!さすがに車を失った都合上無選別に買うことはできないのだが,400円のものを5枚入手.そうして実家に戻り,とりあえず事故を報告したりして過ごし22時ごろ就寝.

4/18
6時10分起床.菅平と比べて夜明けが早く,5時前くらいに目が覚めてしまったのだがここで起きても仕方ないと二度寝.身支度を整え品川に出る.ここから軽井沢に向かう高速バスが走っているのだ.軽井沢から上田までは鉄道利用のため乗り換えの必要があるが,このルートが実家から菅平に向かう最安のルートのようである(高速バスに至っては前日までに予約すれば結構割り引いてくれる).乗客も少なく快適な移動であった.
上田について買い物をする.ショッピングモール2店,スーパーマーケット1店が徒歩圏内にあるので,菅平行きのバスが来るまでの余りある時間を費やし夕方の帰菅を果たす.食糧がリュックに収まらず段ボールを抱えて歩かなければならないのが不便である.センターで夕食を済ませてとっとと帰寮.

~・~・~

明日はラボワークの再開とカワゲラ探しを目標にします.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月16日

без названия

今朝は6時起床7時前出発.午前中はスライドをいじって過ごす.困難を感じる所は途中で作業を止め,先に進んだところ思っていた以上に作業が進み心の安寧が訪れた.午後は久々に滝まで歩くが,前回見つけたカモシカの糞塊がそのまま残っていたり(雨が降ったせいで以前見たときよりも新鮮に感じた),知らない鳥を見たり(枝が邪魔で何とも言えない)する.本命のカワゲラについては,正体不明のクロカワゲラが1匹,卵塊を抱えているユビオナシカワゲラ(12月のものとはおそらく別種)を3匹採集.火曜日のゼミで,ユビオについてはオーバーワークになるから扱わないと宣言したばかりなのだが・・・
その後はエンジンの入らない状態で過ごす.そんな時何をやっているかというと,大体中古車を眺めていたりするのであるが,6月に帰国する外国人研究者が手放すため,最も購入する可能性の高いパジェロミニについての情報収集もとどまるところを知らない.私としては積載能力に一抹の不安を感じるのだが,まあアルトワークスなどと比べたら大分ましだろう.それに車高があるのでブラボーに匹敵する視界の良さを確保できそうであるが,ボンネットが邪魔に感じるかもしれない.あと当該車両はパワーウインドウ搭載らしく,どうにかして手動のクルクル回すタイプに取り換えたいなあと空想したりする.ああいうハイテクな装置は私に不釣り合いである.似たような意見も散見される
おそらくこういう無益な時間は,車が手に入るか,車が無くても問題ないと納得できるようになるまで続くのだろう.徐々に車の形態学について詳しくなっていくのはいいのだが,その時間は本来昆虫の形態学に費やされるべきものである.
まあそれでも文献調査を怠るわけにもいかず,トワダカワゲラがかつてはミナミカワゲラ亜目の一グループやPteronarcyidaeと姉妹群にあるという説があったことを知る(Kawai, 1967).後者についてはややトンデモ感があるのだが,前者についてはさもありなん,といった感じである.これについて発生学的にアプローチすることが当面の目標であるが,今は菅平の周りでサンプリングができる9科のキタカワゲラ亜目を使って地盤を固めていく所存である.それでもあまりやる気が湧かず19時過ぎ帰寮.

~・~・~

さて明日は健康診断のためにつくばに向かいます.行きは同期の車に便乗しますが,帰りは別々となるため,実家に帰省することにします.車を失ってしまったこともあり,立ち寄るのが賢明でしょう.  続きを読む

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月15日

最速の軽自動車に揺さぶられる我が心

今朝も6時半ごろ目が覚め7時過ぎにセンターに向かう.目覚ましをしないで自然に目が覚めるのは嬉しいのだが,目覚めが良いわけではないので9時を過ぎても眠くて仕方がなく,いったい私は何のために生きているのだろうかと虚しくもなる.午前中は論文を2報,目を通して午後はHPの編集やスライド作りを行う.卒研発表の内容の大半を英語にするだけだから楽ちんかと思いきや・・・同じ単語でも英語にすると長さ倍増,レイアウトの変更をしていかなければならない(例えば,シタカワゲラ科などは日本語であれば「シタ」と省略しても問題なかったりするのだが,英語というか学術的な表記をすると"Taeniopterygidae"となり,現実から目を背けたくなる).表紙を含めて3枚の編集を終えたところで本日は力尽きてしまった.その後,英会話を済ませ夕食後20時半過ぎに帰寮.
さて今日は朝は久々の晴れ模様に気分も良くなったのだが,昼前には雨がぱらついたかと思えば,雹や雪が降ってきて激しい天候であった.そのせいか,事故のせいかは,あるいはパソコンの画面の見すぎなのかは分からないが,眼精疲労がきつい1日でもあった.論文を読んで何ぼの世界にいるので結構深刻な問題でもあるが,一過性であると思いたい(しばしば起こるが恒常的なものではないので).

~・~・~

息抜きに中古車検索を繰り返してしまっているのだが,旧規格箱バンに命をささげていた610にも心境の変化が訪れている.走り屋になるとまでは言わないが,恒例のつくば⇔菅平での夜間下道走行を快適に遂行するにはアルトワークスに勝るものが無いのでは,と思い始めているのである.これなんか,値段も手ごろで小笠原バイトの給料をつぎ込めば本体価格は工面できそうだし,車の状態もそう悪くなさそうである.ブラボーでは碓氷峠や鳥居峠,それに菅平での上り坂では車齢20年目の現実を見せつけられてばかりいたのだが,アルトワークスならこの暗い坂道にも陽を当ててくれそうである.こうしてまた変な車を前にして,危険運転好きな性格がくすぐられるのである.
ただしデメリットもいろいろあり,その最たるものはブラボーには遠く及ばない積載能力である.いつも使っている布団を敷くなど正気の沙汰ではないのかもしれないが,そもそもワークスには積み込むことさえできないだろう.車中泊はできなくもないようだがそれ相応の投資が必要になりそうだし,採集道具なども積み込めない.採集車と日常車との2台持ちができたら最高だが,そんな財力はどこにもないし,今後も得られる可能性が低いことを思うと苦しい限りである.まあどちらかを選べと言うなら,もちろん旧規格箱バン一択ではあるが(ターボがあればうれしいかも).

というわけで最近車について考えることが多いのですが,明日は粛々とプレゼンの英語化作業を進めていきたいと思います.
  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月14日

カワゲラの奴隷のメディア進出

今朝は6時半起床,7時ごろ出発.論文を読んで午前中を過ごすが,何でこんなに眠たく,そしてやる気が湧かないのだろう.ラボワークのない研究室にいたら毎日こんな日々を過ごすことになったのだろうか.午後には自分が掲載されている常陽新聞の記事を確認してからゼミに参加.論文紹介ののち各自の進捗報告や今後の予定を聞いたりする.もちろん私も報告したのだが方向性が見えてきたのでやる気も湧くものである.とりあえずこの1年はひたすらに蛍光観察に従事することになりそうである.その後夕食を済ませ,雨が止んだ頃に帰寮.

さて,自分が載った新聞記事がネットで公開されてしまった.秘匿にしていても仕方がない.かといって(一応は)匿名になっているこのブログ上であからさまにリンクを貼るのもためらわれる.まあ何を今さら,という感じではあるが・・・
http://joyonews.jp/smart/?p=3047
私がどんないでたちでいるのかとか,どこに所属しているのかも丸わかりである(このブログを読んでいるだけでもほぼ特定できるとは思うが).こんなにメディアに露出することはもうないであろう.

~・~・~

明日も明日とて,淡々と論文を読みます.が,英語の発表スライドを作らないといけないので,その準備も始めていこうと思います.卒研発表のスライドの翻訳に過ぎないと言えばそれまでですが,このクオリティを英語でも維持するためには,いったいどれだけの労力がかかることやら…  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月13日

今日も事故を起こす雪が降る

今朝は6時ごろ起床し7時ごろ出発.外にいる時間を狙い澄ましたかのような雨に降られ,ああまさにこれこそが我が人生,という気持ちになる.その後は基本的に論文を読む人生を過ごすが,読むことは読むのだが,理解しているのかと思うとそうではない.どう考えても,今の私には論文読解のセンスが欠落している.それだけでなく,論文を読むのに必須な分野の知識が足りない.だから単語が分からなかったりするのである.それなら,まずは日本語の教科書の理解を優先した方が良いのだろう.う~む,こういう当たり前のことは去年の今頃には気づいて実行しておくべきだったのだが…つまり1年の遅れがあるに等しい訳である.
そういう風に真面目に論文読解の苦労に向き合うのはしんどいので,買えもしない中古車情報に目を通してひとときの精神の安寧を図る.アルトワークスなんて積載能力を考えると選択肢に入らないのだが,その走りに関するポテンシャルの高さを思うと峠道をぶっ飛ばしたくなる衝動に駆られるものである.これなんかは私と同期であるし走行距離もそう多くなく,価格もお手頃で心が揺さぶられる.それから本命の旧規格軽バンでは先日お亡くなりになったものと同じ車体・年齢でありながら,走行距離が1.7万キロしかない破格の車が市場に出てきてしまった.しかもターボがついているので,峠道で40キロしか出せないあの日々とも無縁であろう.おまけに長野県で取り扱っている.これは弊ブラボーの転生なんじゃないかしら.ああ,どこかから44万円が振ってくれば明日にでも試乗しに行ってしまいそうである.


しばらくパソコンに向かい合っていたのだが,ふと窓を見てみるとバケツをひっくり返したような雪が降っているではないか.思い出すのは5日前の事故現場,ああ今日もどこかで事故が起こってしまうのだろうかと哀しい気持ちになる.


上田城でも雪になっているのかは知らないが,この前は都心でも雪が降ったようで,桜と雪との共演に美しさを感じた人も多いかもしれないが,まずはこの現実に目を向けてもらわねばならない.

さて午後は明日のゼミに向けて進捗報告の資料作りを行う.夕食後19時過ぎに帰寮.

~・~・~

明日はゼミがありますが,その前後は論文や教科書を読んで過ごすでしょう.やはりデスクに1日座っているよりラボワークを取り入れた方が効率よく過ごせる気がするのですが,指が完治するのを待たずに焦ってやり始めてさらなる弊害を引き押しかねないことを思うと,じっとせざるを得ません.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月12日

買い物のために峠道を自転車で下る

今朝は5時40分位に起きたが,あまり早くいっても仕方がないと思い7時位まで寮でのんびり過ごす.それからセンターで朝食を済ませて8時20分過ぎ,下界へ向けて自転車で出発.ちなみに菅平は本日の最低気温全国第2位の観測地点である.なので服装のチョイスに困る.


菅平ダムには10分程度で到達し(雪解け水で貯水量が最大級であった),真田のSEIYUには1時間程度で到着.ほとんど下りっぱなしなので最高に楽ちんなのはいいのだが,最高に冷える.こんなに冷気を感じながら自転車に乗りつづけるなんて人生初である.夏場は相当気持ちいだろうなあ.SEIYUではたまらず缶コーヒーを購入.
帰りのバスは13時台の予定だが,それまで随分時間を持て余しそうである.そういえば上田城は桜の名所で,今日は貴重な休日の晴れ間である.車でのアクセスは大変そうだが,今は身軽な自転車である.これは行くしかないだろう,ということでツルヤに行く前にお城へ寄り道.菅平から1時間半の行程であった.


この判断は間違ってはいなかった,そう思いたくなる光景である.鳥見のために初めて訪れたときには考えられないほど人で溢れかえっている城内には出店が立ち並び何だか不思議な感じではあったが,この中の誰一人として,私が菅平から買い物のために自転車で降りてきた事実を知る者はいないと思うともっと変な感じになる.


それも,こんなへんちくりんな自転車に乗って,である.我ながら意味不明だが,今さらまっとうな人生を歩めるとも思えない.
ところで,駐車場の脇で「ふるまい十勇士鍋」が無料で振る舞われていたので頂いたのだが,今ここで車齢20年目を迎えた三菱の旧規格の軽バンにぶつかられて事故死してもいいと思えるくらい,幸福の絶頂に身をゆだねることができた.それほどまでに冷え切った心と体に暖かく染み渡る鍋の味であったが,私は確かにここに人生の極致を見出した.

そのあと20分くらいかけてツルヤに上がり,積載量の制限を無視するかのごとく重いものを買い込む.実は上田に用のある先輩にピックアップしてもらえる幸運が舞い込んだのである.バスに折り畳み自転車を載せる実験は先送りとなったが,結果として移動費がかからず買い物に成功した.車と比べて所要時間はどうしてもかかってしまうが,山を下るだけならば週に1度の楽しみとして余りあるように思う.今一つ恐ろしいのはパンクなのだが…
車の中で無料のレンタサイクルがあることを教えていただいたので早速それを調べてみて爆笑.
上田市役所 - 信州上田観光情報 真田の郷電動アシストレンタサイクル
これは往復バスを利用することになってでも,一度は使わなければならないだろう.ただし私の場合は観光ではなく日常生活の延長になってしまうので,観光客の少ないシーズンや平日にとどめた方が良さそうである.ただ,電動アシスト自転車を使えるとなると,ここから角間までの採集にも使えるんじゃないかと期待してしまう(こちらはいくぶん本来の目的に近いだろう).
その後文献読解に入る.そこそこじっくり読めたのだが途中で大変そうに思って中断し別のものに移ったら今まで見落としていた有益そうな情報をたまたま発掘し,これから大変になるかもしれない予感を抱き中断.昨日よりやる気が出てきたのはいいのだが,本格的に読もうとするとまだ身構えてしまうあたり未熟さを隠しきれない.夕食後19時前に帰寮.

~・~・~

右手小指の状態はだいぶ良くなっており,ラボワークにも支障無さそうな感じはするのですが,下手をして固定液とかアルコールをこぼしてしまうと傷口が固定されそう(ゴム手袋はうまく装着できない疑惑があるし,そもそも蒸れないようにしてくださいとの指導もあり非現実的)なのでまだ完全復帰は見送り,論文を粛々と読み進め,火曜のゼミでの報告に向けて資料や思考の整理をしておきたいです.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月11日

без названия

今朝は6時10分に起床.早く起きたのにもかかわらず有意義な時間は過ごさず,何をしていたのかも覚えていない.9時に定期清掃を行い,指を怪我しているので水仕事はしない方が良いなあと思っていたのにトイレ掃除を行う.雨が止んだので,掃除後に自転車でセンターに向かったがやる気が湧かずパジェロミニの車中泊の可能性について考えたり,屋根に荷物を載せるとかテントを装着すれば悩まずに済むのではと発想の転換を図ったりしたものの,論文読解は全く進まなかった.これなら今日も寮で蟄居していても変わりなかったかもなあと思い18時帰寮.

~・~・~

自転車に乗っている時,ふと,今すぐ急いで車を買わなくてもいいんじゃないか,というより自転車があれば車が無くても生きていけるのでは,などと思ってしまった.もちろん天候や時期の制約があるのだが,最大の要因は,片道なら買い物に自転車を使えるかもしれないと気付いたこと,すなわち,毎週のように標高差700メートルを自転車で駆け降りる人生の開幕の予感にある.私はアスリートではないのでさすがに帰りはバスを使うつもりだが,上田市街地と菅平の往復で大体50キロぐらい,燃費が良好(リッター10キロ)で考えても1回あたり500円以上かかっていることを思うと,片道だけのバス利用(500 or 300円)は,経済的に有利である.
デメリットとしては非常に危ないことがある.しばしば峠を走っている自転車を見たことがあるが,運転している側からすると非常に邪魔に移る.これも歩車分離帯が出現する横沢交差点までの辛抱ではあるのだが,ただでさえ狭い峠道に14インチの不安定な自転車で,しかも一切の防具をつけずに挑むとは,この前の事故からいったい何を学んだというのか.思えばある人から,君はどうしてそう危険なことに熱中するんだと馬鹿にされたことがあるが,確かに不思議なことである.いくらバスに縛られず自分のペースで移動できるからといって,自転車で買い物に行けばいいとは普通候補に挙げないし,実行するのはありえないらしい.私は合理的な判断をしているのか,あるいはリスク管理能力が決定的に欠落しているのか,もはやよく分からない.
なおちなみに,このリスクについては経験的にかなりの程度対処可能であると踏んでいる.日曜の朝から山を降りる需要がいったいどれだけあるのかを考えれば,思っているほど危ない目には合わないだろうし,また数は少ないが国道を回避する裏表ルートを採用すればそれだけ安全が確保される.
あと実際的な理由としては,積載量がガタ落ちすることにある.車があった時は思考を停止して何でも積み込めたのだが,自転車では食料品だけで精いっぱいだろうし,食料品でも米や飲み物は辛いものがある.
それから所要時間の問題もある.単純に自転車だと時間がかかるし,今の時期13時台のバスを逃すと次は16時台まで3時間もブランクが生じるので,シビアな移動が要求される.特に買い物を済ませた後にバスに乗り遅れると悲惨な3時間を生きなければならない.

日常生活で思い浮かぶのはこの位で,つくばに行くときはどうなるのか考えてみるのだが,コスト的には長期的に考えれば車が無くても良いのかもしれない.
車で往復したときは1回あたり5000円くらいかかっていたが,上田⇔つくばでは9000円くらいになる(バスが東京までしかないので,東京⇔つくばの料金がかかる)ので割に合わないのだが,そう頻繁に移動することが無いことや車の維持費がかからないことを考えると,車もちの場合と比較して長期的に考えればあまり気にならなくなりそうである.
ただ車がないと現地での宿泊に困難が生じる.知り合いの家に乗り込めばいいのだが気が引ける.それからバス利用だとどうしてもダイヤの都合上上田から菅平に戻るのに苦労を強いられるかもしれず,場合によってつくばか実家でもう1泊する必要も出てくる.やはり下道ノンストップ夜間運転による効率的な移動を知ってしまった身としては,こうしてのんびりすることで菅平にいる時間が減ることに焦りを感じるのである(結果的に菅平にいても疲れて何もできないのだが).

ちなみに実家から菅平に行く場合,羽田空港国際線ターミナルから軽井沢行の高速バスを利用するのが恐らく一番安上がりで楽ちんである.菅平⇔上田でのバスと上田⇔軽井沢での鉄道利用があるが,それを考慮しても一番安く,また羽田から実家までは自転車で移動できるのである.

こう思い立った背景に,免許のオートマ限定解除をしてマニュアル車の運転もできるようにすれば,車のレパートリーが増えるんじゃないか,という目論みもある.やはり昭和末期の軽バンとなるとそもそも殆ど市場に無いのだが,あるとしてもほぼマニュアルであること,車種を限定しなくても,この手の車ならオートマよりマニュアルの方が燃費が良く走行性も優れていることを思うと,車のない今の時期を利用してマニュアルも運転できるようになっていた方が将来の選択肢が広がるんじゃないかという魂胆である.

~・~・~

というわけで,明日は菅平から上田市街地まで自転車で買い物に行ってみます.どれだけ時間がかかるのか,危ない場所はどこか,この先も継続できるのかチェックしてみます.余力があれば上田城にも行きたいですが…  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月10日

без названия

今朝は7時ごろ起床し9時出発.午前中に卵固定に挑んでみたが,作業自体は出来るのだが右手小指を曲げられずやり辛い.そのことが結構ストレスになるので今までのようにたくさんやるのは難しそうである.精神のバランスを保ちつつタスクを消化していくためには,作業量を減らした方が良さそうである.蛍光観察は卵のオリエンテーションで相当シビアな位置調整を強いられるので,当分は無理かもしれないなあ...
午後は論文を読んだり,火曜日のゼミで進捗報告などをするための草案を作ったり,高速バスの予約をしたりする.来週健康診断を受けに行くに当たり,行きは同期に連れて行ってもらえるのだが,帰りは予定が合わず一人での帰菅を強いられる.そのまま夜に帰るのも悪くはないが,上田で終バスに間に合わない人生が見えるし,事故を起こしたこ都合上,実家に出頭した方が良いだろう(あと年金手帳を見つけ出す必要もある).ということで首都圏から上田方面へ向かうのに一番安上がりなのは高速バスになる.それからはあまり身が入らず,相変わらず中古車を調べたりして過ごす.こういうのが心をくすぐるわけだが,価格と販売場所が現実から乖離している所に人生の儚さを感じる.あの時滑っていなければこんなことにうつつを抜かすことなく,今頃はチビノギカワゲラのことで頭がいっぱいだったのになあと思いそうにもなるのだが,そう思っても何もいいことが無いので考えないようにする.不思議なことだが,事故ってから全然メンタルがやられていない.車は失ったが実質的な被害が自分だけで済んでいるからなのだろう.誰かにけがを負わせたり,車とぶつかったりしていたらとてもへらへらしていられないだろう.

さて懲りずに旧規格軽バンへの憧れを募らせているわけだが,実はもう一つ現実的な候補がある.去年から菅平に来ている外国人研究者が6月ごろに帰国するのだが,その時に手放すパジェロミニを購入するというものである.見た感じ程度が良さそうでATなので私でも運転できる.ターボがあるが加速が悪いとかエンジンがうるさいとか燃費が悪いとか,散々な評価を受けているのだが,そんなもの,私に意味があるとでもいうのか.ついこの間まで,パジェロミニよりはるかに走行性能が劣る車でつくばと菅平との下道ノンストップ運転を生きがいにしていた私に恐れるものなど皆無である.ただ積載能力や車中泊に難があること(これを先代と比較するのがおかしいのだが),カセットデッキしかないことが大きなマイナスポイントである.いっそ,廃車するときにカーオーディオだけでも引き取れないか聞くべきだったが,そんな悠長なことを考えている余裕が無かったのは未熟な証拠である.パジェロミニなら今回みたいに雪で滑っても廃車になるようなことは無いだろうし,カワゲラ探しに行くのにも軽バンでは踏み込めないような沢沿いの道でも踏破できそうだが,布団と自転車と採集道具などなどをいっぺんに運ぶのは無理だろうなあ...

そんなこんなで身がしまらないまま20時半ごろ帰寮.もっと論文を読まなければいけないのに...

~・~・~

明日は寮の掃除をしてからラボに向かい論文や文献に隷属する予定です.夜からずっと雨が降っているようで自転車が使えないのがストレスですが仕方ありません.これが人生です.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年04月09日

はじめての「自主休講」

今朝は11時前に起床.翌日になったら体が痛くなるだろうと思っていたのだが,そんなにひどくない.ぶっちゃけ,ラボに行っても問題ないだろが無理をせず大人しくしていることも大事だということを今さらながら実践.菅平に来てから1年近く経ったが,事故を起こしてようやく完全にオフの日を過ごすことになるとは思わなかった.こう書いてみるとこの地に降る雪がどれだけ黒いことかと思われそうだが,実際のところ「寮にいてもヒマになる」ので休日でも疲れている時でも,少しはラボに立ち寄ってしまったがために,今まで実現できなかっただけのことである.ということで今日は1日中,先日通販で購入した秘封CDを聞きながら次なる車のことを考えて過ごす.今回の当たりはこれ

格安中古車お取り寄せ15万円MAX/AT-1群馬自動車販売

世の中には色々なサービスがあるのだが,これなどはまさに私好みのものである.とりあえずお問合せフォームから連絡を入れてみることにした.

理想的にはこの位の,昭和生まれで自分よりも年寄りの車が欲しいものだが,そんな状態の良いものが出回っているとも思えない.

さて,昨日は16万円で購入し,2月に13万円をかけて車検を通したばかりのブラボーを廃車させたわけだが,そんなことをやらかしてなお2台目の車を買うことを親に要求するとは,なんと厚かましいことであろうか.アルバイトなりなんなりをして,なるべく自分でお金を用意したいものである.そういえばコンビニでバイトの募集をしていたなあ,6時から23時の間で3時間から,週3日から可能,と書いてあったはずである.朝6時から9時であれば,接客する時間が2時間程度に限られるし,朝方の時間帯なら客も少なそうだ.あまり研究に影響もないかもしれない.そう前向きに,いや実際は諦めの気持ちをもって検討をしていたのだが,実際にコンビニに入ってみて,お姉さんが「いらっしゃいませ~♪」と声をかけてくれるのを目の当たりにし,ああやっぱりこの芸当は自分には不可能だ,と気づかされた次第であった.そもそもこういう声掛けを好ましいものだと思っていないこの私が,声をかける側に回ったとして,このお姉さんに匹敵する利益を生み出せるというのだろうか.
うむ,コンビニバイトは一番現実的な手段ではあるのだが,私の人格的な問題のせいで実現が拒まれてしまう.そうするとこの辺りで短期的なバイトはもはや存在しないので戦法を変えるしかない.すなわち実習のTAや高山蝶パトロール,あるいは農家での収穫アルバイトの収入を車につぎ込むというものである.前者2つは割りが良いのだがお金が手に入るまでに時間を要する.後者はよく分からないが,基本的に出稼ぎ労働者を受け入れるような方針を採っていそうで,地元枠とか,短時間勤務を認めてもらうために面倒が生じるかもしれない.うむ,お金を稼ぐとは大変なのだなあ.


~・~・~

というわけで,大したことをしないで1日を過ごしてみました.次にこうして,菅平にいながらラボに行かずに過ごすのはいつのことになるのでしょうか.
明日はもうカワゲラの隷属生活を再開させたいですが,右手小指を怪我しているのでラボワークができないかもしれないのを懸念しています.中途半端にガラスで切って数日の不便を強いられるなら,いっそ切断されてしまった方が作業効率の維持に役立ったのではなどと真剣に考えてしまうあたりに,隷属の恐ろしさを感じます.まあほかにもすべきことは山のようにあり,その大半はデスクワークで占められていることを思って,正常な精神を維持している次第です.
  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)