2017年12月13日

2017. 12. 6-13 の人生

12.6
飼育していたシラキトビナナフシが逝去(前日)。ホソカワゲラ探しの際に網にかかったところを引き取り面倒を見ていたのだが、寿命とはいえ半年間の相棒を失うのはさみしいことである。ミズナラが枯れてからはクリを与え、栗もダメになったら山を下りてシラカシを添えて頑張ってきたが、さすがに年を越すのは無理であったか…トワダカワゲラ卵を樹脂に入れたり、整形したり、生卵を解剖したりする(成功率 0%)。
本日は英会話のレッスンがある予定だったか、私以外の参加者が全員不在となりやむなくキャンセル。かつては 8 人くらい参加していた時代もあり、その頃人数不足によるキャンセルなんて起こりえなかった。この現状はさみしいことである。

12.7
ひたすら樹脂を切る。あることに気づき実行に移る。

12.8
ひたすら樹脂を切る(2日目)。実行に移った結果、期待通りのものを得る。

12.9
午前中は買い出しとそのついでに池に行って双眼鏡を楽しむ。実は11月に戦前の双眼鏡を海外から購入し、月末に手元に届いたのである。詳細は伏すが、双眼鏡おじさんであれば誰もが知っている、あの、非球面レンズを搭載したと噂されている、馬鹿に軽いドイツ製のあれである。さすがに経年によるグリスの固着は激しいものの、光学系は見事な保存状況。手元にあるいろいろな双眼鏡と比較してみたが、確かに素晴らしい見え味で、80年ほど前の製品が現代にあって通用するものであることを実感。
山に帰ってきてからひたすら樹脂を切る(3日目)。そして誰もいなくなった夜に、出来心で例の双眼鏡にドライヤーをかけてみる。すっかり固着していた可動部が見事に動き出す(でも冷めたら元通り)。

12.10
3日間切りまくった切片の観察。20ブロックくらい切ったもののうち、7つをTEM観察用にさらに薄く切る。そして電子染色を施し観察してみるが、やはり像が荒いまま。しかも電子染色の結果切片は盛大に汚染し、ダメージを受ける。なんでこいつらは言うことを聞かないのだろう。

12.11
いうことを聞かない染色液を放棄して新たに作り直す。奴が落ち着くまでの間に、新たな樹脂ブロック作成に着手し、そしていうことを聞かないTEM の再調整を行う。その結果、フィラメント交換前と同じくらいの状態に復帰。それから、いま必死こいてみようとしている構造にかんする先行研究を読み込む(まともに論文を読むのはずいぶん久しぶりだ・・・こんなんでいいわけないのだが)。そしてある確信を得る。

12.12
いうことを聞かない電子染色のリベンジをしてTEM観察。汚染は消えたがコントラストが低すぎてみえたもんじゃない。なんでお前は言うことを聞かないんだ。それから染色時間を長くして再度観察。なんでお前たちはいうことを聞かないんだ。しかも TEM の像がよくない気がする・・・ということで再度調整。素人が調整を繰り返すとどういう事態を引き起こすか何となく想像がつくのだが、これに関しては取扱説明書の範疇を超えているわけではないので、想像のとおりになりはしないだろう・・・
ここにきてある悲しい現実を目の当たりにする。順調に事が進んでいれば、もしかしたら今年中にすっきりした気分になれたかもしれないのに、それは叶わなかった。まあそういう人生なんだから仕方ない。

12.13
いうことを聞かない電子染色のリベンジをしてTEM観察。今回は通常の二重染色の間にある染色を施すことでコントラストの向上を図ったのだが、その結果汚染率が大いに向上。なんでお前たちはいうことを聞かないんだ。そうか、この染色液が3年前の古いやつだから汚れるんだな。ということで新規に作り直して再度観察。なんでお前たちはいうことを聞かないんだ。この方法は断念して別の方法でコントラスト向上を図り再度観察。とりあえずこれで何とかなりそうだがどうにも暗い。電顕の調整に関しては問題なさそうで、切片に問題がある故いい像を観察できていなかっただろうと気づいたことがせめてもの進展である。そんないうことを聞かない切片には恒温器の中でたっぷり反省してもらおう。
昨日の現実をBOSSに訴え、様子をうかがっていただくことにする。せめて胸をなでおろせるくらいの状況になってほしいのだが・・・
2週間ぶりの英会話に出た後、高山蝶パトロール関係者の忘年会に参加。ここ数日苦行が続いているので、いい気分転換になる。
  


Posted by Impulse610 at 23:21Comments(0)

2017年12月05日

2017. 11. 24- 12.5 の人生

11.24
何をしていたか忘却。スライドを作り始めていたかもしれない。

11.25
TEM 観察をして、切片が盛大に汚染された現実を見る。


11.26
汚染の特定をしようと思ったら、TEM の電子ビームが流れない。フィラメント断線の予感。本来ならば直ちに確かめるべきなのだが、それを優先すると生活が破たんするため見なかったことにする。昼からろくもん号の下回りにシャーシブラックを塗布。腕から眼鏡から、黒い飛沫で大変なことになる。その状態で自炊。6時間ごとのトワダオナシカワゲラの固定開始。

11.27
TEM のフィラメント交換で午前中がつぶれる。午後なんとか復旧したが、交換前より明らかに像が荒い。本来ならば直ちに原因究明に挑むべきだが、それを優先すると週末のセミナーで破たんするため後回しにする。つくづく、TEM 操作にひでた技術職員がいればいいのになと思うが、おそらくお金の問題がそれを不可能にしている。現状、TEM の経験が浅い学生がこの手の作業を担わないといけないのは問題ありと思うが、どうしようもない。これが人生というものである。かくして汚染源を特定できたが、この改善に取り組んでも、週末のセミナー発表には間に合わないだろう…

11.28
午前中に生卵解剖をする。前半戦は60卵やって成功ゼロ、後半戦は成功率1割。発生が現在進行中の生卵が必要なことから、本来はほかの研究を止めても優先すべき作業なのだが、成功率が絶望的に低く、しかも優先順位が低いので、今年も断念してしまいそう…
午後に後輩とともにスライドチェック。3年前の自分を見ている気分になる。そして突貫工事のスライドを直す。

11.29
1日中スライドづくり。夜に英会話。6時間ごとの固定はひとまず終了。こういう時期にやらねばならないこともあって、もう二度とやりたくない気持ちが高まる。

11.30
今年採卵したミネトワダカワゲラの厚切り切片を切ってみる。かなりいい感じで安心。
夕方に再度スライドチェック。TEM データを追加したがその解釈が難しく、BOSSの指摘ですっきりする。このこんがらがった糸をほぐす力が私にはまだ全然足りていない。1時間ばかりTEM を見てみるが、やはり像がよくない。一刻も早く整備しないといけないが、余裕がなくどうしようもない。しかしデータがそろったことでどうにかまとめることができそうな段階に達し一安心。

12.1
午前中にスライドの流れを固める。午後は、なんとセミナーの前日準備のためだけに前泊なさる先輩をお迎えに上がり(VIP待遇が不可欠)、そのついでに買い出しをする。それから会場準備をして、話す内容をガーッとまとめて(何をしゃべるかというよりも、何を言わないかを気にかけて)形にして準備を終える。

12.2
北は福島から、南は愛媛まで、各地から総勢50名以上の参加者とともにセミナーを開催。カメラ兼パソコン係として機能する。発表は滞りなく終え、いくつか有益なサジェスチョンをいただく。ケーブルの不調で移る画面が緑になるなどひやひやしたが無事に終わる。懇親会では卒業生ご夫婦のお子さんがアイドル的存在感を放っていた。そして双眼鏡おじさんは勢い余って Papilio II を盛大に宣伝してしまった…二次会でも最初はおとなしくしていたが途中から双眼鏡おじさんの本性があらわになってしまった(話すべきことはもっとほかにもあったはずだが…)。

12.3
3時ごろに帰って8時頃に片付けに出向く。その後昼頃まで談笑して、参加者を送るついでにそばを食べる。戻ってきて昼寝して買い出しに再び下山し、無気力状態になり夕食後即就寝。

12.4
午前中に高山蝶パトロールの反省会。午後に 11/30 に切り損ねていた切片を切る。それから自炊。
夕飯時に後輩と少し話をしたが、互いに燃え尽きた感のただなかにいることで意見が一致。本来ならば、セミナーでいただいたアドバイスをもとに直ちに研究にまい進すべきなのだが、ただでさえスタッフが少ない中、自分たちの発表スライドだけでなく会場準備もしたり、セミナー中もいろいろしたり、ホストの責任として二次会にも最後まで立ち会ったり、そして会場も片付けたりしたわけだし、ちょっとくらい燃えたっていいだろう。そうでなくても疲れていないはずがない。

12.5
午前中に卒研生+αの進捗報告。その後試料の脱水をしながら画像処理方法を模索。ある構造の3次元再構築ができないかと期待したのだが、何をすべきなのか時間をかけて調べてもさっぱり頭に入ってこなかったのであきらめる。だがある程度は一括して画像処理できるため、そこそこ時間の節約にはなった(と信じたい)。
午後、とある作業をしていた過程で、かつての研究室や常駐学生の賑わいの一端を目にする。セミナーの直後ということもあり、余計に寂しさが募る。  


Posted by Impulse610 at 22:32Comments(0)