2020年05月31日

2020. 5. 30-31 の人生

5.30 早起きをして、ボスに情報提供いただいたムカシトンボの生息地までサンプリングに出かける。しかし、昨年の台風のせいか、あまりに環境が変わりすぎてしまっていて全くいそうにない。具体的には、岸辺がえぐれてしまって植生が貧相、川底の動かせる砂や石がごっそり流される、大量の土砂流入、などなど。何とかして川虫が取れるのだが数がえらく少なくまた小さい。まあこういうかく乱は歴史上何度も良く起こっていたことだろうが、ことムカシトンボのサンプリングに関する限り、今後しばらくは厳しそうである。ついでに近くにあるとある集落跡にも行ってみたりするが、確かにこれはとんでもないところにあるものだ。途中オフィスに立ち寄ってシノビアミメカワゲラの容態チェック等をする。彼女は本日で3日連続の産卵を成し遂げてしまった。帰宅する前に、ボスに勧められた某大型商業施設で買い出し。なかなかに圧倒的な規模であった。

5.31 本日もムカシトンボ探し。先週行った場所を今週もなぞってみるのだが、最初に行ったところはヒメクロサナエが羽化していたのだが、どうやら思っている以上に季節の進みが遅いらしい。その後、やたらと早く飛ぶトンボを数度目撃する。あれはきっとムカシトンボだろう。もしかしたら来週はうまくいくかも、と思い、近くの河川に出かけてみたがここはダメそう。それから別の流域に移動し様子を見る。ここもずいぶん雰囲気はいいのだがやはりいない。あーダメだ―と思って引き返しているとき、木にルリクワガタ的なものが動いているのに気づく。ユキグニというやつなのか、ただのコルリなのか。はたまたルリなのか、皆目見当がつかない。近くの沢も結局ダメで、無念の撤収。
これまでに大小さまざまな沢に入ってみたが、総合的に一番いいのはどうやら本日最初に訪れた地点のようだ。そして、台風で生息環境が大きく変わった場所もあれば、あまり影響のない場所もあること、思っていたよりも生息密度は低そうで、さらに出現時期も遅い、ということがなんとなくわかってきた。ぶっちゃけ、ホソミオツネントンボで研究ができればそれでいいのだが、ここまできて全く観察できていないまま諦めるのもなんとももったいない。とりあえずオスでもいいから成虫をきちんとみて、フキの1本でもいいから採卵してみたい。
とはいえ成果がないと辛いもので、失意の中オフィスでシノビチェック。まだ生きている。帰宅して即夕飯。だいぶ疲弊してしまった。  


Posted by Impulse610 at 19:49Comments(0)

2020年05月29日

2020. 5. 29 の人生

基本的に原稿の直し。昼過ぎからしばらく固定卵処理とホソミオツネントンボ卵摘出。やっぱりこれはしんどい。原稿は大分いい感じになってきた。先週くらいまでは大分やる気が低空飛行であったが、このところは気が付いたら1日が終わっている感じである。やはり漠然と論文を読んで過ごすだけより、具体的にやることがある方がよい。  


Posted by Impulse610 at 20:51Comments(0)

2020年05月28日

2020. 5. 28 の人生

午前中は原稿の直しと南半球の固定。シノビアミメカワゲラがなんと産卵したので卵もとりあえずキープ。珍しいカワゲラらしいのだが、自分の研究内容的にはそんなに面白いものではない(単なるアミメカワゲラ科の1種という枠を超えられない)。まあただ孵化させて幼虫がどんなものかはみてみたい。早めに昼を食べ、午後一でボスの車でホソミオツネントンボ採卵に出かける。ちょうどシーズンが始まっていたようで、数は少ないものの何ペアか熱心にミクリに産みに来ていたのでミクリを何枚かつまんで戻る。それから卵の摘出に移るのだが、これが思った以上に手間のかかる作業である。繊維に卵が挟まっているのでうまく出さないといけないのだが、簡単にスポッと取れたりしないのがもどかしい。産んで日の浅いものもあれば、ある程度発生が進んでいる卵もあるが、時期的にほかのトンボが混じっている可能性はない。結局3割も処理できずに集中力も時間も無くなったので切り上げて帰宅。そろそろ繁忙期に入りそうな雰囲気なのでもう少しうまく立ち回れるようにしたいものだ。  


Posted by Impulse610 at 20:28Comments(0)

2020年05月27日

2020. 5. 27 の人生

基本的にずっと原稿の改訂をする。一進一退、えっちらおっちらと進むが、まあまあ絞れてきたような気もする。昼に田んぼの見回りをしたところ、ようやくイトトンボが出てきた模様。ただ識別方法が分からなかったのでホソミオツネントンボなのかただのオツネンなのかが判明せず。近くにあった無人販売でスナップエンドウを買う。ちょっと確認したいことがあったのでオフィスにあった生物顕微鏡をこちらにきてはじめて使ってみたのだが、コンデンサーの位置がえらく下がっていた(ケーラー照明ができていない)。最後に使った人はどんな用途で何を見ていたのかちょっと気になる。ちなみに気になったことはケーラー照明をしっかりやっても確認できず、きちんと切片を切る必要があることがわかる。  


Posted by Impulse610 at 20:33Comments(0)

2020年05月26日

2020. 5. 26 の人生

午前中は原稿の直し。図も削っていく方向で修正を加えていく。昼過ぎ、近くの水田でホソミオツネントンボを探すがいない。野菜の無人販売があることに気が付く。戻ってきてある系を立ち上げるべく準備をするのだが、思っていた以上に面倒そうだ。本格的にやるのは初めてな上に、まだ新天地で道具の使い勝手もわからない状況なのでこれは致し方ない。やっていくうちに洗練されていくことであろう。そのあと引き続き原稿をいじる。これもまただいぶ困難な作業なのだが、おそらくそうなってしまうのは、思っていた以上にデータがエレガントの対極にあって、まとめるのが一苦労だからなのだろう。あとはまあ、そんな状況で何を強く主張していけばいいのかという抑揚もうまくつけられていないのもある。BOSSからはどんどん削っていこうという指針を通達されたので、塩梅を考えつつ絞る。  


Posted by Impulse610 at 20:46Comments(0)

2020年05月25日

2020. 5. 25 の人生

週末に届いたBOSSの原稿みたよメールに対する返事を書く。これがたいそう時間のかかる作業で、1通書くのに3時間くらいかかる。それをしつつ論文のコメントにもメモ代わりの返事を書く。昼過ぎに外に出てホソミオツネントンボを探すのだがいない。シオヤトンボは飛んでいたので時期に出てくるのだろうが、なかなか季節感覚がつかめない。またBOSSから返事が来たのでそれの回答を考えるが、これもまた時間がかかる。そして論文の直す方向性を色々と考える。最初はデータを追加できるかもと思ったのだが、ちょっとそれはやめておいた方がいいのでは、と思い直す。そんなこんなで今日の作業時間が終了してしまった。
昨日みつけたシノビアミメカワゲラを容器に移したところ、入れて早々に蓋に接する部分まで移動し動かなくなる。この状態で帰るまで微動だにしなかったので驚いたが、きっと夜行性なのだろう。餌をあげて霧吹きをしておいたがどうなるかしら。  


Posted by Impulse610 at 20:30Comments(0)

2020年05月24日

2020. 5. 24 の人生

朝からムカシトンボ探しのため遠征。ただちょっと早く到着したので野鳥を探してみたりしたが、キビタキの声のみ。前回幼虫を見つけた川に行ってみるがまだ成虫が飛んでいる感じはしない。ちょっと先のほうに行って峠を越えて別の川を見に行ったがダメそう。戻って第2の川。昆虫採集をしている人が歩いていたので思わず声をかけたくなったが、家族連れで虫探しを楽しんでいる方たちであったので遠慮。ここは見送り。第3の川も悪くない感じではあるがやっぱりいない。大きく移動して先週訪れた場所を探してみるが、やっぱりいない。第1の川にはトワダの幼虫がうじゃうじゃと出てきて驚かされる。第2の川では最初の網入れで大き目のムカシトンボヤゴが出てきたので沸いたものの、成虫の痕跡はない。密度も薄いようだしまだ成虫そのものが出てきていないような雰囲気もある。ツツドリとカッコウの声を聞く。第3の川に到達。ここでは前回シノビアミメカワゲラの羽化殻を見つけたので成虫本体を探すが、何と本当に見つかる。ちょうど木の根元のあたりに黒くて大きめの蟲が動いており、最初は側面しか見えなかったこともあり大きめの甲虫かと思ったがシノビさんであった!黒い後翅にはほんのりと金属光沢があってたいへんよい感じのカワゲラである。先週あったヤマウツボはまだ生えていた。ここから帰宅して主人の車のタイヤ交換(お店に外注)。戻ってビールを一気飲みしてから夜ご飯。  


Posted by Impulse610 at 18:53Comments(0)

2020年05月23日

2020. 5. 22,23 の人生

5. 22 1923年のカワゲラ論文の一部をまとめる。ゼミで1か月ぶりに進捗報告。午後、公共料金支払いついでにホソミオツネントンボが出ていないか近くの水田をみてみたのだが姿はなし。戻ってきて研究費のルールについて読み込む。色々と詳しく書いてある。固定卵処理。朝やっていたまとめの続き。帰宅してから主人の勧めで夕食を外食。賛否両論があるのは致し方ないことだが、どちらかというと立場的には経済を回すべき方にいると思われるので適宜こういうことをしていけたらいいなあという所感である。BOSSから原稿を見たというメールがやってくる。

5. 23 朝に原稿のコメントを確認。どうしたものかと考えるが深く考えるにはラボに行く必要を感じてとりあえず保留。買い出しに出かける。昼を食べてちょっと気になる水系に行ってみる。アブの幼虫が水面を泳いでいて大変に気味が悪い。ケバエの幼虫と双璧をなすこの気味の悪さ、いったいどうしてそう思ってしまうのだろう。ついでにウシガエルのオタマジャクシがじっとしている様子も観察したのだがあれもまたぞっとする感じであった。予想外に大きいし、それが複数匹いたので驚いたというところか。戻ってきて夏鳥やタナゴについて調べたりする。夕食にはガパオを食べたいなということで作り始めたのだが、どうやらガパオはバジルやある種の葉っぱが入って初めてガパオと名乗れるものらしく、そのような葉っぱは仕入れられなかったため、今回できたのはガパオみたいな何かであった。  


Posted by Impulse610 at 19:47Comments(0)

2020年05月21日

2020. 5. 21 の人生

健康診断用の諸手続きを行ってみるが途中でやめてしまう。ちょっと南半球について公開したい機運が高まったのでやってみてから南半球の固定。昨年採集したトワダの次世代がわずかに生き残っていたことを確認。午後、なかなかやる気が出ない。とりあえずゼミ資料を投げる。ボスから、過去に卒研生がいい研究をしていたことを紹介していただき、参考になる。これはこれで大いに楽しみになっているが、立ち位置的にはおまけ状態なのであまりのめりこみ過ぎないようにしないと。  


Posted by Impulse610 at 20:50Comments(0)

2020年05月20日

2020. 5. 20 の人生

4月分の給与所得扱いの現金が、5月分のものと同時に振り込まれる。それを確認してからしかるべき口座に半分近くを送金。延び延びになっていたシロアリのドイツ語論文の清書を切り上げ、翻訳。原文ではA4ファイル16ページ相当もあったのだが、知りたいことは1行に集約されていた。それから終日、ボリュームレンダリングの可能性について調べる。当初は有料ソフトを研究費で買いたいなあと思っていたのだが、調べてみるとどうやら想定以上に高いものらしい(値段を具体的に提示してくれないのがなぜだかわからないが、数十万から百万円近くかかるようだ。)。MacがあればOsiriX一択であるが、研究費でパソコンを買うのはNGだったような・・・となると奥の手を使って手に入れるか、フリーソフトでどうにかするかのいずれかになりそう。ということで、まずは似たような分野で取り入れている論文を探すのだが、とりあえず見つかったのは2本(医学分野やほかの動物での研究例は豊富だが、見たい部分やそもそものサイズの違いからあまり参考にならない気もする)。それぞれ違うソフトを使っていて、うち一つは手に入らない状態であったので、もう一つをとりあえず導入し、昨年度用意しておいたカワゲラのデータで遊んでみる。この遊びは実はすでに何度かやっているのだが、今回の感触はまあまあよかった。ただやっぱり、これからの研究でみたい構造を捕えるのは難しいかもしれない。まあなんにせよやってみないとわからないし、有償ソフトかMacの購入かになるとそれなりのお金が動いてしまうので、モチベーションがわかなくなった時などに適宜考えてみることにしよう。それから週末のゼミ用のレジュメを詰める。  


Posted by Impulse610 at 20:32Comments(0)

2020年05月19日

2020. 5.19 の人生

午前中はこれまで固定してきた南半球のサンプルを整理。お昼前からやる気がなくなり3時間近く無為に過ごす。モチベーションを取り戻して、近い将来に実施するとある飼育系の構想を練る。  


Posted by Impulse610 at 20:28Comments(0)

2020年05月18日

2020. 5. 18 の人生

午前中から、南半球に関する新たな可能性を調べる。これをするにあたり、北半球での先行研究を知っておかねばならないのだが、思いのほか参考になる文献は少ない。そしてその中のいくつかは今はアクセスできず残念な思いである。昼にBOSSから、まだ原稿を見ていないのですまないというメールが届く。この件以外にもいくつか連絡したい事項があったので2時間くらいもかけてメール作製。終わってから、今のラボにある道具でどこまでのことができるかを探る。とてもいい感じの道具が1つ出てきたのだが、これがもう1個あるとなおよい。また、道具によっては、共用のものなのかそうでないのか不明なものも多くうかつには手を出せない。とりあえずは思うような環境は整えられそう。山菜の図鑑を持ち帰る。  


Posted by Impulse610 at 20:52Comments(0)

2020年05月17日

2020. 5. 17 の人生

早めに起き、ムカシトンボの可能性を探るために外出。1か所目の候補地は水が干上がってしまい断念。上流に移動して探してはいたのだが、雨も降ってきて気温も低く、全くやる気がわかない。なのでここは諦めて2か所目に移動。こちらは以前訪れた場所の一つであるが、水量が明らかに減っている。ヒメクロサナエっぽいトンボは何匹かみかけたもののムカシトンボはおらず。仕方がないので新規開拓として第3地点を目指して移動。適当に走らせた先にかなりいい感じの流れを見つける。最初はその支流の小さい流れに入ってみたのだが、網を入れにくく結局見つからず。本流のほうで小さいヤゴを1匹見つけ、ここにいることが確実となる。川岸には見慣れぬ寄生植物があり、帰宅後にヤマウツボであると知る。また、見慣れぬカワゲラの抜け殻も発見。シノビアミメカワゲラっぽい雰囲気であったが、おそらくそうであろう。それからこの川の上流に移動。雰囲気が最高によい支流が2本見つかる。うち1本はアクセスも容易で流れと接するところに産卵基質になるえる植物が生えて居るなどこの上ない環境であった。懸念事項は抜け殻が見つからないことで、生息密度が思っている以上に低いのかもしれない。あるいは単にまだ成虫が出ていないだけなのかもしれないが、つくば時代の経験を考えるともう出ていてもおかしくないので何とも言えない。ここではセンダイムシクイやジュウイチの声を聞く。パン屋のパンを食べつつ帰宅し、少し休んでちょっとした買い出し。昨晩大きい敷布団が届いたのでその上に敷くパッドを求めたのだが、店内はすごい人!それから収納関係の物品を探しにリサイクルショップに出かけたが、渋い桐ダンスにぐっと来たもののとりあえずは保留。さらにあるものの生存確認をして家に戻り、早めの夕食。  


Posted by Impulse610 at 19:00Comments(0)

2020年05月16日

2020. 5. 15-16 の人生

5.15
午前中はシロアリのドイツ語論文の清書をして、ゼミ。あまり卒研生の進捗に質問ができなくて申し訳なくなる。昼、キビタキの声は聞こえるのだが見つけられず。ホオジロもそうだったが、キビタキのさえずりがどうにもこれまで聞きなれていたものとは違う気がする。戻ってきてちょっとした調べものをしてから、新たな研究テーマの対策を考える。これは、これまで何度かついでにやってみようと思っていたのだが毎回失敗しているある意味で鬼門なのだが、しっかり何をすべきか決めたらちゃんとできるんじゃないかという気もしている。ついでに、OneNoteでのノートの取り方の練習もしてみたりする。先輩の論文も役に立ちそうなので漁る。

5.16
朝から双眼鏡いじり。先日やったときにプリズムを取り出さねばならない状態であったので、それができる手はずを整え、取り外したあとにいじる。これにてようやく光軸が問題ない程度になる。一安心。またピント調節のグリスが柔らかかったので硬いヘリコイドグリスに塗り替え。好ましい硬さになる。それから戦前のドイツ製双眼鏡①をいじってみようと思ったが固着してしまって動かないため諦める。そばを食べてから戦前のドイツ製双眼鏡②をいじる。こちらはきわめて特殊な作りになっていて光軸については手が出せない。グリスの塗り替えは思ったほどよくいかなかったがとりあえず以前よりかなりましになる。それから買い出しにいきインドカレーを作る手はずを整える。これからインドカレーを作る。
昨今の社会情勢の影響でずっとマスクをしている生活であったため、ひげをそらずに1か月以上放置していたのだが、この度思い切って完全にそる。非常にすっきり。
  


Posted by Impulse610 at 17:11Comments(0)

2020年05月14日

2020. 5. 14 の人生

朝は眠い。ということで南半球の固定。それから、何とかして甲殻類の論文を調べる。昆虫の論文であれば曲がりなりにも必要な文献にたどり着けるのだが、これが甲殻類となるだけでもう大変な苦労である。幸い手元にそういう情報のある書籍があったので、何が必要な論文なのかがわかる(でも落とせないので後程文献複写依頼をかける必要がある。ちなみにドイツ語)。午後はやる気が低空飛行。1日中だれとも話さずに過ごし続けるのは快適かもしれないが研究のモチベーションを常に高いレベルに維持するのはなかなか大変である。それができるのは何をすべきかある程度道筋が立っている状態であるときのことが多く、ある程度物事を進み終え、煮詰まってきたりするとどうしても停滞してしまう(とりわけ、投げた原稿が返ってくるのを待っているときなど)。仕方がないのでやる気が出てくるかということでちょっとずつゼミの資料を作ったりするが、発表までの間の不確定要素もありたいして進まない。  


Posted by Impulse610 at 20:54Comments(0)

2020年05月13日

2020. 5. 13 の人生

午前中はドイツ語文献をちょっと清書。OCRをかけているのに全く意味をなさないので仕方なく手打ち。その後カマキリに関する19世紀末のイタリア語の文献を発掘したのでこちらの翻訳に取り掛かる。こっちは数ページしかない論文である上にOCRも効いたので楽ちんであったが、それでも手打ちする必要が出てくる。そこでの処理速度が英語やドイツ語と比べて明らかに遅い。いちおうつくばにいたころ少しだけイタリア語を勉強したこともあるが、講義内容はすべて忘却しているし、覚えていたとしてもほとんど役に立たないだろうなあ。そしてゴキブリに関する19世紀末の英語の論文をみる。英語は分かるのだが肝心のことがあんまりよくわからない。ナナフシの戦前の英語論文もみる。ナナフシは同じ種であっても見解が全く異なる有様なので勘弁してほしい分類群である。
午後は昼を食べた後に散歩をして昼寝。ある構造について昨年末に作ったノートの見直し。ちょっとやる気が低下したので、ふと、つくばにいたころにラテン語を習った教員の業績を調べるなどする。そこで色々知って思ったのは、ラテン語、古典ギリシャ語、聖書ヘブライ語などの古典語の授業が展開できて、かつイタリア語やハンガリー語で学会発表を実施できるような境地に達すると世界はどのように見えるのだろうかということである。ちょっとやる気が出てきたので昨日のことを思い出し、南半球のおまけについて少し原稿のようなものをいじってみる。
返ってきて主人とうめぼしについて議論。梅干しのにおいと梅酒のにおいの共通項があるのか疑問だったので問いただしてみたが、どっちもおなじにおいがするという。というわけで梅干しのにおいをかいでみたが、ああこれかあと思う。その時パッケージにしその文字を見つけてしまって、いったんは納得した梅のにおいは、実はしその匂いだったんじゃないかとまた難癖をつけたが、梅酒にしそのにおいはしないだろという反論を受けて沈黙。  


Posted by Impulse610 at 20:42Comments(0)

2020年05月12日

2020. 5. 12 の人生

午前中は南半球について調べ、ある可能性を探る。そして研究やることリストみたいなものを今更PC上に作ってみる。私はこういうのが苦手らしい。決めないと行動の指針ができなくなりがちなのだが、最後までそれに沿って行動を完遂した記憶もない(だけどだいたい何とかなっている)。研究費関連のメール処理。
午後、軽自動車税の支払い。そのあと1時間半ほど質疑応答のサイトに耽って時間を無駄にしてしまう。気を取り直して研究費関係の処理と南半球について別のことに関する文献調査。これには筋肉系に関する深い理解が必要そうで、望むべき結果は得られないのではと思っていたのだが、嬉しい一文を見つける。論文作成のハードルが一つ減ったような感じである。もっとも、この論文に関してはおまけ的な位置づけなので、そもそも世に出すまでもない可能性もあるのだが、出せたら出せたで荷が下りるような気もする(いろいろ収穫があったが世に出さずに腐らせるのはもったいないよなあという気分)。どうなることやら。

このところ、これからの本業を進めるにあたって、実験は進めず文献調査に重点を置くよう心掛けている。これには19世紀の論文だとかドイツ語、フランス語、ロシア語!など色々な論文を読み解く作業も不可欠なのだが、これがなかなか大変。まずべらぼうに記述が長く、英語でないものは翻訳するだけでも一苦労。OCRがきけばいい方で、完全に手打ちで清書しないと翻訳にすらたどり着けないものも多い。これはかなりの時間を取られるし、記述も冗長なものだし、使っている用語もバラバラで理解の統一を妨げがち。そんなわけで集中力がなかなか続かない。こういう時にはついつい安きに流れてしまいがちである、
しかし、南半球の研究に関して、私は大きなアドバンテージを持っているのである。とはいえ、世界情勢的に、次に南半球に渡航できるのはいつになるのか分からない。つまり南半球のデータを追加できないかもしれないわけだ。となると、今手持ちのデータを大事にせねばならない。本業の集中力が続かないのはどうしようもないので、そういう時には、本業に関りがあるかどうかにかかわらず、南半球の収穫を活かす努力をするなど、もう少し有用な時間の使い方をしたいものである。  


Posted by Impulse610 at 21:04Comments(0)

2020年05月11日

2020. 5. 11 の人生

出所。清書しておいたものの翻訳をして内容の理解に努める。また色々読んだりする。昼にガビチョウが3羽で騒ぎ立てているのをみる。キビタキの声も聞こえたような気がしたがガビチョウでかき消されてしまった。ややペースダウンして研究関係のいろいろをみる。ここでの物品購入の仕方は以前いたところとは違うらしい。ふと南半球について思いだす。  


Posted by Impulse610 at 20:41Comments(0)

2020年05月10日

2020. 5. 9-10 の人生

5.9 起床がうまくいかずちょっと二度寝。その後近くに散歩に出かけ、オオヨシキリをみてから再びメスアカケバエを投げる遊び。この前見られなかった交尾個体が見つかるようになる。この前追いかけたキジはつがいになっていた。チョウゲンボウもいる。やはりこの近くに巣があるのだろう。ハトも熱心にその辺の枯れ草を運び込んでいた。戻って昼を食べ、『変態仮面1』をみる。なるほどこういうことだったのだな。それから買い出しに出かけ、戻って主人に髪を切ってもらう。久々にかなり短くして満足。

5.10 起床が割とうまくいく。われわれの分野の教科書をよんだり翻訳の準備をしたりする。それからお好み焼きづくり。キャベツも高騰しており、またお好み焼きの粉は売り切れていたものの、主人が引っ越し前に買っていた小麦粉があったので事なきを得る。なんだかんだ作り終えるまで2時間くらいかかる。それから『俺物語!!』をみる。これは大変におもしろい。それから散歩ついでに大型商店に行ってみる。色々なものが売っていたが、書店で思わず貨物時刻表に出会い、心が奪われる。購入。ほかにも面白そうな納豆や煮物があったので買って帰る。戻ってから貨物時刻表を耽読。これはやばい。大学、大学院と鉄道から遠い環境にいたことで薄れていた鉄分濃度が飛躍的に高まる。その昂る感情のままに主人に報告を試みたものの、ろれつが回らない!頭の中に沸き起こる時刻表のエネルギーをアウトプットする回路が制御不能になってしまった。これがオタクというものであり、こんな形でコミュニケーションを図ろうとしたらそりゃあ難しかろう。  


Posted by Impulse610 at 21:12Comments(0)

2020年05月08日

2020. 5. 8 の人生

出所。今日は眠たくなく、文献を読んだりゼミに参加したりして午前中を過ごす。昼に散歩していたら見慣れぬ小型のカミキリをみかける。午後は固定卵処理、とあるイトトンボに関する文献を拝読、メール、文献を読んだりetc。昆虫の胚葉性って何なんだろうと考えたりしつつ、帰って餃子を食べる。  


Posted by Impulse610 at 20:50Comments(0)