2020年01月15日

2019. 12. 31 - 2020. 1. 15 の人生

2019. 12. 31 昨日夜に主人を迎えに行き、菅平での年越しを画策。夕方買い出しに行く。我が家では年越しそばは夕食とは別に食すのだが、主人の所では夕食として食べるのだという文化の違いを知る。今回は私に合わせてもらったのだが、夕食で食べ過ぎて蕎麦が苦しい。菅平では年越しの際に花火が上がると聞いていたのだが今住んでいるところからはよく見えない。後に、打ち上げる場所が結構遠くて見えないのも致し方ないと知る。

2020. 1. 1 年を越して元旦は早起き。別に初日の出を拝むためではなく、ここから大帰省旅行が始まるのであった。今まで東京にあった我が家はとある地域に移ったので、そこまで行く。家で昼を食べる。釣りができる場所があったので釣りをしたり、柑橘類を摘み取れる場所があったので摘んだりする。戻ってきてレストランで夕食。夜はお酒を飲む。

1. 2 朝は初詣をしたり散策をする。昼を食べて今度は主人の実家に向かう。すき焼きの夕食をいただく。テレビゲームに興じる。部屋が手狭ゆえ我々は近くのホテルで寝る。

1.3 緊急地震速報で目が覚める。主人の実家に戻って朝をいただき、主人、祖母とともに市街地を散策したり、おいしいお昼を食べたり、異空間に潜入したりする。夜は秩父に帰る。

1.4 上述の移動は全部ろくもん号で行ったため大いに疲弊したのでのんびり過ごす。

1.5 秩父から菅平に帰る。

1.6 仕事始め。ヤゴやコオロギの世話、カワゲラ固定、緩衝液調整、ヤゴ寒天包埋。固定に失敗したようでかなりのヤゴをダメにしてしまいショックを受ける。

1.7 正月ぼけをしているようでやる気が出ない。それもあるが、やはりコオロギを切るのが相当に面倒くさい作業だということもあるようだ。デスク周りを片付ける。カワゲラを解剖。後輩の修論発表練習。固定液調整。今年度サボりにサボっていた昆虫の系統進化関係の文献集め。

1.8 コオロギ採卵、ヤゴの世話、カワゲラも1齢幼虫が出てきたので個別飼育、コオロギTEM画像打ち出し。コオロギ樹脂包埋試料の分割法の開発に勤しむが難しい。後輩修論発表練習。来年度万が一のことがあった場合の履歴書を書く。午後はコオロギ超薄切片および電子染色。

1.9 ヤゴやコオロギの世話。納品確認。TEM観察をしようとしたところ、不具合が生じ観察できず。せっかくやる気が出てきたところで出鼻をくじかれてしまった。今私がやってる研究はTEMなしではお話にならない。というわけで唐突にトンボを切り始める。

1.10 ヤゴ、コオロギ、カワゲラの世話、染色液調整、トンボの染色および厚切り切片。トンボについては師匠の師匠に当たる先生の偉大な研究があるのだが、そこにTEMを導入してもっと詳しくみたら面白いことが言えるかもというのが事の発端である。

1.11 午前中はよく寝て買い出しに出かける。ろくもん号のオイル交換を依頼したが、どうやらオイル漏れが発生している模様。警戒が必要。そのほか、以前からしていた走行中のコトコト音のほかに、ハンドルを切ると似たような音がすることにも気が付く。前者は一度見てもらったとき特に問題ないような診断を受けたが、果たして…戻ってきて染まったトンボ胚をみてみて、カワゲラともコオロギとも違う像をみる。だがやはりナツアカネを材料にしたのはあんまりいい選択ではなかったかも。これで論文を書けるのかは未知数。夕方からホットケーキと餃子づくり。一人でやるとえらく時間がかかる。

1.12 午前中よく寝る。午後はオスミウムの調整やヤゴの寒天包埋リベンジ。

1.13 午前中にカワゲラやヤゴの固定。昼食べてから構内散策(滝が凍っていない)して構外散策。生まれて初めてレンジャクをみる。遠目からだったので確信はないが、腹が白っぽかったのでヒレンジャクかしら。

1.14 虫の世話。トンボ胚の切片観察と平行してトンボ胚・ヤゴの試料作製。じっくり観察すると色々違いに気づいて面白い。夜はお勉強。

1.15 1日中カワゲラの寒天包埋・トンボの試料作製。南半球からショッキングな連絡が来る。非常に悩ましいがどうしたものか。  


Posted by Impulse610 at 19:55Comments(0)