2015年06月28日

カワゲラ「我々から逃れられると思ったら大間違い!」

今朝は6時に起きて7時過ぎセンター着,昨日固定した卵を処理してから飼育している生き物たちの様子見や片付け,荷造りをし11時同期と一緒に下山.久々のバッティングセンターでストレスを発散し,ラーメンを食べたが案の定普通盛りでいっぱいいっぱいになる.どうでもいい情報として,最近体重が減っているようで,いつもは55-56kg台で推移しているのだが今は54.3kgしかなく,自転車/徒歩通学ダイエットの効果を感じている.もちろんダイエットしている気などさらさらなく,かといって体重を戻そうと思ってもこの様なので寒くなるのを待つしかなかろう.
上田駅で降ろしてもらい軽井沢まで電車で移動し,そこで横浜行きのバスに乗って移動.道中の大半は寝て過ごしていたが目が覚めてから高校時代に出会って衝撃を受けた『虫の文化誌』を読み直す.けっこう真面目な文体でありながら内容が面白おかしかったりして私好みである.ちなみにこの本に掲載されている『コフキコガネへの破門宣告』(15世紀の古画)は私が知る限りの最高傑作である.


横浜に到着後ただちにらしんばんへ駆け込み秘封インストCD2枚の採集に成功.その後帰宅.ブログ執筆時現在右側の曲を聞いているのだが素晴らしく,昨日さぼったせいで実家でやらざるを得ないSci. Pres.の「BGM用作業」には最適と言えよう.

~・~・~

というわけで明日からサイエンスプレゼンテーションについて考える5日間が幕を開けます.こういうことを考えるのを生きがいとしている奴隷にとってはなかなか楽しみであります.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年06月27日

秘封動画ですべてが解決する人生

6/22
サイエンスプレゼンテーション(Sci. Pres.)の課題といつもの隷属,それと人生に対する反省

6/23
ゼミで以下の論文を紹介:
Khoo, S. G. (1968a). Experimental studies on diapause in stoneflies. II. Eggs of Diura bicaudata (L.)
Proceedings of the Royal Entomological Society of London. (A), 43 (4-6), 49-56.
同一個体が産んだ卵塊の中に卵休眠するものとしないものとが混じっており,その原因を調べた論文.寒いところでは冬に幼虫が孵っても死んでしまうので休眠してやり過ごそうというのが本来の戦略だが,夏に高温になる湖畔のような環境では卵休眠をせずとっとと孵化してしまう方に選択圧が働いているのだろうという感じの考察で締めくくられていたが,なんとこの現象(休眠卵と非休眠卵の混在)は他人事ではなく,菅平でも起こっている可能性が高い.そういう意味でも興味深い論文である.

Khoo, S. G. (1968b). Experimental studies on diapause in stoneflies. III. Eggs of Brachyptera risi (Morton)
Proceedings of the Royal Entomological Society of London. (A), 43 (10-12), 141-146.
別のカワゲラ(Taeniopterygidae, 略してテニプリ)でも卵休眠するものがいるが,休眠の発生や解除の要因を調べた論文.上の論文と同様に,卵休眠は冬の低温環境をやり過ごすための仕組みであることは間違いない.ちなみに私が材料にしているテニプリのオビプリも同様の卵休眠を行う.ちなみにこの論文はかなりヤバい内容を孕んでいるのだが,今はそれを語る時ではない.

カワゲラの奴隷は論文紹介に適した論文を選び出すセンスが欠けており毎回BOSSをうんざりさせていたのだが,今回はそうならずに済み一安心.

6/24 大体22日と同じで,英会話と自責の念が追加される.そんな私に追い打ちをかけるように花粉症が再燃.6月前半に収まったかと思いきや,よく考えればカモガヤの花が咲いていたりする.カモガヤに死を.

6/25 大体22日と同じ,ハチ屋の同期来菅

6/26 反省タイムが終了したのはいいが,迷惑をかけた分を補償しなければならない.いかにせまし.そのほかは22日と同じで,同期下山

6/27 実は昨日から継続しているが車について色々考える.先日リゾートセンター駐車場で日産パオを見てしまったせいで,ワークスに決まりかけていた心が揺さぶられてしまう憂き目にあってしまった.何だか菅平に引っ越してくる前に遺体科学に傾きかけた事例と多分にオーバーラップしているなあと思いつつも,金銭的な問題で父親からあっさりと reject を受けたこともあり平常心に復帰,レトロチックな自動車や鉄道車両に対して今まで大して惹かれなかったのだが,パオの外装は一線を画しているようにしか思えなかった.
というわけでワークス購入を前提にお店にお問い合わせメールを投げてからカワゲラや Sci. Pers. に隷属.読むべき課題はだいたい読み終え,2つあるプレゼンテーションの課題についても,片方については先日の学会のものを原稿ごと流用すればいいので気楽ではあるが.もう片方のスライド作りについては凡そ完成しているものの最後の仕上げに対してやる気が湧かない.というわけで本当は課題が終わるまでラボに滞在すべきだが,ニコニコ動画に秘封動画がたくさんアップされはじめており,これを見ずに下田に行くわけにはいかないという理由だけで早めの帰寮を決意(とはいっても20時くらいになる見込みだが...).自室でくつろぐ時間を送るのは1か月半ぶりくらいだろうか.

~・~・~

というわけで秘封動画で精神の安寧を図り,安らかな就寝を経て明日は帰省します.道中は秘封音楽で体中を清め,前回の帰省で行きそびれた横浜のらしんばんで秘封漁りをするところに人生のすべてをささげる予定でございます.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年06月21日

без названия

今朝は久々にのんびり過ごして8時ごろセンターに到着,午前中にカワゲラに隷属し午後からキジの処理を開始.しかしながら衝突と捕食による損傷が激しく,今の技術と時間的余裕を考えると翼標本くらいしか作れそうにない.というわけでそうする.ここまでは良かったのだが,別件で私の身勝手な人間性が先輩やBOSSの時間を奪っていることが発覚して非常にいたたまれない人生を送る.車を失うとか自転車をパンクさせるとかいうトラブルを起こして人様に迷惑をかける(特にここでは,研究やプライベートの時間を奪う)行為が私にとっての禁則事項であるはずなのに,無意識のうちに,もはや呼吸するように迷惑の種を吸いこんではまき散らしている我が人生,とっとと見切りをつけたいところなのだがそういうわけにもいかないのが哀しい現実である.昨日パンクした折に事故死すべきだったのか.

~・~・~

しかしカワゲラの奴隷には死ぬことも許されません.今日もアップルパイがたくさん焼き上がりました.粛々と隷属していくしか生きる道は用意されておりません.  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年06月20日

パンクから逃げられない我が人生

特筆すべき出来事が書いていない場合は,カワゲラへの隷属過多による記憶喪失があったのだとお考えください.

6/15
AM 高山蝶パトロールの説明会 今シーズンは3回出動予定
PM 隷属を加速させるための採集


アップルパイ野郎ことミヤマノギカワゲラのシーズン開始.何がアップルパイかって? google 画像検索でapple pie を検索したのちUchida & Isobe (1988)
を参照していただければ判明するのだが論文が落とせない.こいつらの卵形態がアップルパイを彷彿とさせる(黒い悪魔,黄色い悪魔などご主人様たるカワゲラに対する蔑称を日夜考え続けているのだが,ミヤマノギにしっくりくるのが卵形態であった).


アップルパイ野郎がたくさん集まっている横でヒキガエルが置物と化していて謎のシチュエーションに爆笑.

6/16
PM 論文ゼミ

6/17
夕方 英会話
夜 エゾスズメ来菅


後翅が前翅より前に現れるへんちくりんな姿で静止する.撮影後放擲.

6/18
朝 日産PAOを目撃ししびれる
昼 人生の洗濯


今の時期はヒメシジミが乱舞していて美しい.


そんなヒメシジミ達に支配されるアヤメの姿は我が人生の行く先を暗示し,体を張った警告を私に発している.彼の死を無駄にしてはいけない.


名前を調べればわかりそうなカラフルな蛾.同一種か知らぬが,こんな感じの色合いで絶えず踊り続けている陽気な奴を以前宝篋山かどこかで目撃した気がする,
PM ゼミの資料作り

6/19
PM ゼミの資料作り
夜 サイエンスコミュニケーションの課題
6月最終週には下平(海)で上記の集中講義があり,下平(山)メンバーは下山を強制される.弊奴隷はプレゼンテーションのレイアウトを強迫的に編集する趣味の持ち主ということもあり,また先日の学会発表でその傾向が指数関数的に悪化したこともあり,この授業を心待ちにしている.しかしカワゲラの隷属から解放される喜びの前にはすべてが意味をなさない.

19日か18日の夜はストーブが欲しくなるくらい冷えていた.これが6月も後半に差し掛かろうとする菅平の本気である.

6/20
AM 下山
出発直前に「パンクしないよう気を付けます!」と先日パンクした際に助けていただいた先輩に宣言した20分後に菅平口でパンク.有言不実行の我が人生に爆笑.先日買った新品のチューブが役に立つかと思いきや,タイヤが息をしていない.どうして先にタイヤ交換をしておかなかったのかと思うがだましだまし走れば何とかなるだろうと下山を続行.何度か対アのかみ合わせが悪く漕げなくなる不具合に見舞われたが,脱輪即接車即死の世界線がすぐ横を走っているのかと思うとスリルを感じる.結局努力もむなしく下原で二度目のパンクを迎え人生終了かと思いきや,スーパーのすぐ近くだったため最低限の用事は済ませられた.


通常は途中にお昼を食べる余裕なんてないし大体胃が受け付けない状態になっている.そういう事情を考慮すると,今日を逃したらここでラーメンを食べるチャンスを永遠に失うかもしれない.以上の背景から,外部形態のみに依存した営業の可否判断は一般に困難とされているこのお店のグラウンドプランを明らかにするため,内部構造の研究に着手した.


本研究により,このお店の内装が20年以上にわたり安定した状態を保っていることが明らかにされた.


本店が提供するラーメンの祖先は北海道に起源をもつことが本研究により示唆されたが,これは外部形態に基づく先行研究の知見を否定しない.


本店一押しの肉味噌ラーメンの存在がこの祖先的な内部形態の維持に大きく貢献していることは明らかである.ちなみにサンプリング中には本店と共生関係にある10名程度の客の出入りがあった(personal observation).

ちなみに,本研究の完了により契約を打ち切られ職を失った弊奴隷は,消化試合の人生を歩んでいた際BOSSに拾われ帰菅に成功している.自転車の修理を終えテストランの最中にロードキルと思われるキジの死体を入手.プラスアルファの出来事もあったがこれはここに書くべきことではない.
自転車の処理を終えてからは件の授業の資料を読んだり久々のブログを書いたりして生きる.

パソコンで作業をするときに秘封音楽は不可欠なのだが,これは時としてすべての負の感情を払しょくし常にハイテンションを維持する麻薬的な一面もある.ふつう作業中に聞く音楽は「作業用BGM」という言い回しもあるようにあくまで作業のサポート的な位置づけにあるわけだが,弊奴隷にとっての秘封音楽はむしろすべてに先んじて存在する絶対不可侵もので,どんな作業も音楽を聞くついでにこなすものに成り果てる.ここに「BGM用作業」という概念の萌芽を垣間見るわけで,秘封音楽のもとではゼミの資料も英語の課題も,もちろんこれまで膨大な時間を費やした学会発表の準備すらも,秘封病を助長させるための脇役でしかない.その結果,仕事は進むかもしれないが睡眠時間を失うこととなり,破滅的な隷属のもとに朽ち果てる未来が創成されるのである.

今日もまたニコニコ動画に素晴らしいアレンジが登場した(こちらでDL可能).人生の極致を感じずにはいられない.

~・~・~

今日こそ早く帰って寝たかったのですが,雨が降っていることもあり,くだらないブログに多大な時間を費やしたこともあり,実現できませんでした.明日はどうなることでしょう.
  

Posted by Impulse610 at 06:10Comments(0)

2015年06月18日

без названия

学会が終わっても卵固定に隷属したりゼミの資料作りや論文読解をしたりエッセイを書いたりその他雑務をこなす必要があるため,早起き→22時頃まで隷属→帰寮即就寝の人生が続いております.加えてここ最近は天候も悪く自転車が使えず徒歩通学により所要時間が伸びているとか,早起きができず気が付けば6時になってしまっているなどしており,要するにブログを書いている余裕がありません.今まで毎日のように書いてきましたがいよいよそういう習慣も終焉を迎えるのかもしれません.まあ余裕が創成されたら書くことにします.  

Posted by Impulse610 at 07:20Comments(2)

2015年06月14日

和服で英語発表をする我が人生

6/12
6時過ぎに菅平を出発して昼ごろに会場の裏磐梯に到着.外国人研究者2名の招待講演と一般公演の前半戦を聞いた後は夕食並びにシンポジウムと称した飲み会.ここで福島大の方といろいろ交流ができて有意義な時間を過ごす.思えばこういう交流の場でまともに交流ができたのは初めてのことかもしれない.日付が変わるころにお暇したが暑さと慣れぬ環境のせいでなかなか寝付けず辛い人生を過ごす.

6/13
朝は6時ごろに起きて身を清めてから宿泊施設内の散策をしたのだがカワゲラを見つけられずに終わる.朝食後に急いで和装に着替えそのまま発表に臨む.基本的に暗記した英文をそのまま喋ることにしたわけだが直前に練習ができるような状況ではなかったので結構失敗があったのだが,聞き手の方に印象を与える(見た目ではなくプレゼンの内容のことで)ことにはある程度成功したんじゃないかと信じたいところである(ドイツ人研究者から,君のプレゼンが一番良かったよ的なことを言ってもらえたのでたまには謙遜しないでもよいのだろう).でもまだまだ理想には程遠いし思い返してみてもいくつも反省点が出てくるので今後はもっと洗練した発表を目指してキチガイじみた準備をしていきたいものである.他の方の発表を見ていいところ悪いところをピックアップできたのでこれも今後活かしていきたい.
学会終了後には磐梯山を見たり,ドイツ人研究者と駅で別れたりしてから帰菅.

6/14
7時過ぎに一旦センターに向かい朝食並びに秘封成分の摂取を行ってから寮に戻って定期清掃.それから先輩方に連れられてゲンゴロウ探しに出向く.お目当てはナミゲンゴロウだったが見つけられず.個人的にはヨツボシトンボを久々に観察できたので良しとしたい.その後つけ麺を食べて帰菅するが,ゲンゴロウ探しの弊害で腕がプルプルしてまともな実験操作ができそうもない現実に直面し,のんびり過ごすことにする.今日で日本を離れるドイツ人研究者とお別れしてから帰寮.彼はやんちゃで面白い人物だったが,これからラボが少し静かになると思うと寂しくもある.

~・~・~

学会は終わりましたがカワゲラへの隷属が終わることはありません.明日からは怒涛の隷属が幕開けです!  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年06月11日

без названия

明日明後日と福島で学会に参加してきます.初めての学会発表の場ですが英語です.100時間くらい発表練習しなくてはならないところを,恐らく10時間もできていない状態で臨むので最初から失敗は目に見えています.先述のとおり,参加者の全スライドをじっくり観察して今後の発表方針に役立てていくつもりです.  

Posted by Impulse610 at 21:13Comments(0)

2015年06月09日

без названия

6/8
特に覚えていないが本格的に発表練習を開始.だがあと100回くらいやらないと最低限の発表すらできない気がして闇の人生を感じる.

6/9
先週まで順調だった早起きに暗雲が立ち込める.目覚まし時計を使うようになったからなのか朝から眠くて仕方がないのだが,ここで早起きに失敗すると1日を棒に振ることになるので寝過ごすわけにもいかない.といっても,目覚めが悪い時点でその日の人生の価値は半減するのだが…朝から雨が降っていたので歩いてセンターに行ったが,ズボンが濡れて着替えを余儀なくされてしまう所に自動車の偉大さを痛感.いつものようにカワゲラに隷属して発表練習を行う人生を送る.ホソカワゲラ,ミドリカワゲラに続いてシタカワゲラの産卵も始まり,隷属も激しさを増してきた.学会終了後にはここにオナシ,ミヤマノギ,アミメなど新たに3科のカワゲラが追加される予定で,学会が終わっても死が見えていることには変わりがない.
夕方からバーベキューを開始,610はロシアで買った солянка(ソリャンカ) というロシア料理のインスタント板を持ち込んでみたのだが,来日中のドイツ人教授が東ドイツ出身ということもあってかご存知のようでビックリする.寒い中殆ど肉を食べずキュウリやキャベツを齧ったり,マシュマロを焦がして食べたりして生きる.バーベキュー終了後1時間程度発表練習を行ってから帰寮.原稿はおおよそ暗記してなにも見なくても発表できる程度にまで到達しているのだが,あくまで暗記したに過ぎないのでアドリブのような芸ができそうもなく,己の発表経験の少なさというより英語力の低劣さ具合を考えると致し方ないことなのかなという感じである.

~・~・~

明日は610の日です.  

Posted by Impulse610 at 06:10Comments(0)

2015年06月07日

オオルリに救われる我が人生

起床時間は忘れたが7時ごろセンター着.午前中はカワゲラに隷属したり要旨を作ったりして生きる.お昼に帰寮し菅平カントリーフェスティバルの様子見に出向く.既に朝出発したころからいつも車が無い場所に車があったりして異様な雰囲気に包まれていたのだが,なるほど確かにものすごい人手である.ここでお昼ご飯でも買おうかと思っていたのだがあまり安くなかったのでレタスと甘夏を買ってセンターに引き返す.
その後滝まで散策.メインはオオルリの観察.


いつもの場所で鳴いているいつものオオルリ.さえずりが断片的で,どことなくくちばしの辺りが黄色っぽい感じもするので若鳥なのかもしれない.誰もいない山の中でひとり美しい囀りとその姿を堪能していると,このまま滑落したりクマに食われながら死んでも人生に悔いは残らないだろうなあと感じる.


帰り道にはいつもと違う場所で聞き覚えのない麗しい音楽が聞こえてきたのでその主を確かめてみたところ,いつものとは違うオオルリがそこにいた.いつものオオルリ氏の何倍も上を行く感動的なさえずりをしばらくの間楽しませてくれ,このまま極楽浄土へ旅立てたらどれだけ幸せなことかと思わずにはいられない.


とはいっても,カワゲラに隷属している都合上,仕事をさぼるわけにもいかない.6月になるとシタカワゲラ科オビシタカワゲラ属のシーズンに突入する.学会を目前に控えた今,大量に卵が手に入ると死が見えるのは分かり切っているのに,見つけ次第採集を進めてしまう所が奴隷の哀しい性である.まあこいつらに限って言えば卵休眠をするのでしばらく放っておけたりするのだが…


滝の周りにはイカす模様のコメツキムシが佇んでおられた.名前は調べないと分からないが,見たことのない配色である.


沢沿いを歩いているとカゲロウやミドリカワゲラが頻繁に飛び交っていることに気が付きいい気分になる.この黄色い悪魔に関してはもう採集の必要がないほど卵を確保しているのだが,こうやって飛び交っている様子を見るのは初めてでなかなか感動的であった.で.何となく飛んでいる様子の撮影にチャレンジしたのだが,もっと時間をかけて数をこなせばそれなりの瞬間を収められそうだ.もちろん今はそんな遊びは許されていないので早々に切り上げる.


ところで今年は,ある範囲で一斉にササが開花している.花の盛りは過ぎてしまっているようで,きちんと撮影していなかったことが若干悔やまれるのだが,来年になるとこのあたりはすっきりしてしまうのだろうか.
散策後はあまりやる気が入らず,(元)プロ野球選手のwikipediaを読み漁る人生を送る.定期的にこれをしている気がするがなかなか面白いのである.21時ごろ帰寮.

~・~・~

土日はなんだかんだいってゆっくり過ごしてしまったので,明日からしっかり隷属して学会発表に向けて生きていきます.  

Posted by Impulse610 at 06:10Comments(2)

2015年06月06日

без названия

6/5
何時に起きたか忘れたが金曜日にもなると疲弊して遅くなっていた気がするが,それでも6時前半くらいにはセンター入りして隷属.スライドのチェックを受け,その指摘を直していこうとするのだが私のこだわりとBossとの意見が食い違い(学術的なものというよりレイアウトや見せ方の問題),泣く泣くフォントサイズ 16 pt を採用.私はスライドの中から出来る限りの文字を追放して図を載せて視覚的に見てもらいたいと思っているのだが,発生現象についてきちんと文字を載せておけと言われてしまう.確かにスライドが英語であることも考えると文字を載せておくことは有用なのだが,どうせ細かく描いたところで聴衆のメモリーにインプットされないだろうとか,難しいことを難しく言って分かる人のことより,分からない人の方に配慮した方がいいんじゃないかとか考えてしまうのである.そしてそういうことを考えていると泥沼にはまって1時間くらい作業が止まってしまい,挙句の果てには最初から全スライドを作り直すべきだという結論に陥ってしまうのである.さすがにそこまで実行するだけの気力がないので,このスライドの構成は最悪であると自負しながら,どうにかしていく道を模索していくしかないのである.
ちなみに学会の発表では端から多くの理解を諦め,スライドのレイアウトや話し方といったプレゼンのスタイルを徹底的に観察するつもりである.文字が小さいとか半角スペースがないとかレイアウトの均整が僅かにずれていて気になって仕方がないといった所だけでなく,これは今後取り入れていきたいなあと思ったものやこういう見せ方もあるのかといったメリットの収獲もまた楽しみである.
雨が降っていたので徒歩帰寮.

6/6
5時15分ごろ起床.センターで卵固定をしたりスライドをいじったりしてから上田へ降りる.先週タイヤがパンクして自転車で降りられなかったことが相当ストレスフルで,一番スピードが出せる区間に差し掛かったら感極まって「あぁ~これが人生の極致じゃ~!」と絶叫するほどにひどかったらしい.帰り道にはそのストレスの矛先が登坂に向けられ,いつもの下原を大きく通り越して真田バス停まで自転車をこぎ続ける奇行に打って出させてしまう.今日の菅平は最高気温が11度程度と冬のつくばを思わせる寒さで,上田も上田で20度をやっと超えたくらいの涼しさだったこともこの無謀な試みに大きく貢献している.バス待ちの時間にはロックオペラ”メリー”を聴いて精神の安寧を図るのだが,このイベントが損失したことも大きく響いていたらしい.とまあこんな具合に,週に一度の暴走が健全な精神を保つのにいかに重要だったのかを痛感させられたのであった.
帰菅してからはいつものようにスライドのチェックや要旨の修正をして,いつもより早めに帰寮.ストレス解消になるとはいえ自転車行は疲れるので平日と同じような感覚で過ごしてしまうと後に響くだろうから潔く帰寮しなければならない.

~・~・~

そうして今晩は早く寝て万全の体調を整え,日曜日から普段の隷属が開始されます.とはいっても自転車のタイヤ交換をしたりオオルリ観察に行くなどのんびり過ごす時間もあるにはあります.
  

Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2015年06月04日

без названия

今朝は怒涛の4時起床.疲れていても目覚ましがいらない謎の能力に身をゆだねて,5時前にセンターに着き,いつもの隷属を済ませてからスライドと原稿の修正を行い,お昼時に2時間半近くかけてチェックをしてもらったのだが,TOEICでたたき出した730というスコアが崩れ去っていくさまを傍から眺めていることしかできなかった.
午後はひたすら手直し.過酷な日々を過ごしている自覚があるのに猛烈なエネルギーの蓄積を感じており,この自己矛盾を解消すべく自転車でひとっ走りしてみたのだが,人生の極致を見出してしまっただけだった.秘封音楽を聞けばあらゆる負の感情から解放されいつまでもパソコンの前にいられてしまうことも考えると,常々脳裏に浮かぶ「無限の体力」とはかくのごときものかななどと感慨に浸ってしまう程度に,私は狂ってしまっているらしい.死期も近そうだ.
今日も今日とて22時半ごろまで延々と作業する人生を送る.

~・~・~

明日も明日とて,日の出とともに目を覚まし隷属する人生を送るのでしょう.  

Posted by Impulse610 at 06:10Comments(0)

2015年06月03日

без названия

6/1
どうやって生きていたか忘れたがおそらく長時間カワゲラに隷属していたはずである.

6/2
午後にスライドチェックを受けたのだが情報量が多すぎて難しすぎるのでもっと簡単にせよとの指令が下る.

6/3
朝から雨が降っているが,これが人生と唱えながら自転車でセンター入り.スライドを直したり要旨を直したりしながら生きるのだろう.

~・~・~

学会が終わるまで,平均して朝6時から夜10時位までカワゲラに隷属する人生を送ることになりそうで,ブログの更新も雑になるでしょう.  

Posted by Impulse610 at 06:10Comments(0)