2018年08月03日

2018.7.30-8.3 の人生

7.30, 31
投稿論文を直したり、学会のプレゼンを考えたりする。

8.1
午前中に博士論文関係の相談をした結果、書類が投擲される。ようやく本格的に動いていくことになりそうだ。

8.2
午前中に論文が英文校閲に回される。それから実験流し関係のチェック。午後に会議。会議そのものは平和であったが、その前後に学生生活関連で面倒そうなあれこれを聞き、担当学生と話し込んだりする。ほどなくして、知りたくない事実を聞く。

8.3
日中はスライドづくり。この度はじめて外部の学会で発表する機会を得たので、どういう構成にしたものかとBOSSと相談したりする。結局は今まで通りでも差し支えないとのことだが、今まで考慮しなかった「苦労話」も織り込まないといけないこととか、そうとはいっても私たちの研究分野の紹介くらいはあった方がいい気がするとかでなかなか進まない。それはそうと、カバーレターも書かないといけないのでそれをしつつ、BOSSととある話をする。それもあって、

某所に越して4年がたち、いろいろな人との出会いを経験してきた。博士号を取得するとか、就職が決まるとかして某所を去る人を見送る一方で、心に病を抱えて下山していく人もあった。不幸な別れも、世知辛い現実も経験した。私はそれまで人類の段階に達していなかったのだが、こういう経験もあっていろいろなことが見えてくるようになった。ここ最近は、人の心の弱さというものを直接的に、間接的に感じる機会が多くなっている。だが、このようなものに対してどのような行動を起こすのが最善なのかはわからない。

こんなことを考え出してしまい、その後の作業がおぼつかなくなる。(私がまだ人類になりきっていなかった)修士時代に、ある先輩から叱られた折、「君も私の立場になったら分かることがあるさ」と言われた一言を思い出したが、多かれ少なかれこんな感じなんだろうか・・・そういえばそうそう、それで思い出したのだが、今シーズンの私にはD論部屋と呼べる場所に逃げ込める権利がほぼなさそうである。This is life
  


Posted by Impulse610 at 21:55Comments(0)