2020年04月30日

2020. 4. 29-30 の人生

4.29 午前中はムカシトンボ探し第2弾を実施したが見つけられず。気づいたら車の中にマダニが紛れ込んでいて戦慄。おそらく昨今にぎわっているウイルスよりずっと恐ろしい存在。夕方、ケーキを買いに散歩。夜食べる。なかなか作りが凝っていてかつおいしい。断面がカワゲラの卵そっくりだったと主人にアツく語りかけたのだがあしらわれる。

4.30 出校して研究費関係の書類を作ったり南半球の固定をする。昼過ぎに帰宅し勉強の続きをやりつつメールを書く。ムカシトンボの有力な情報をいただく。ドイツ語文献の翻訳でわからなかった用語が英語の論文をみてわかる。Aという構造に対して、BとかCとか違った言葉で記載されている事態が古い論文を読んでいると良く起こるわけだが、英語ならまだしも、ドイツ語でいきなりCだけ出てきてしまっては厳しいのである。  


Posted by Impulse610 at 20:01Comments(0)

2020年04月28日

2020. 4. 26 - 28 の人生

4. 26 昨日よりは早く起きる。とある水生植物をみる。ついでにとある閉鎖水域をみて、ムカシトンボを探す。まともな装備がなかったこともあり失敗に終わったが山菜をいくつか採取。そばを食べる。カレーの買い出しをしてカレーを作る。ウイスキーを飲みながら攻殻機動隊のレクチャーを受ける。

4. 27 在宅勤務(雇用関係がないので勤務ではない、ありていに言えば引きこもり)。『進化する形』を読了。なかなかショッキングな内容であるが、確かにもっともらしくも聞こえる。BOSSに南半球の原稿を送る。花を買いに出かける。主人の仕事内容に関してああでもないこうでもないと議論をする。なかなか大変そうだ。

4. 28 出校。OCRの精度が低すぎて清書せざるを得なかった戦前ドイツ語文献を翻訳にかけたのだが、イマイチ。やっぱ愚直に訳すのが最善なんだろうが、生憎ドイツ語はわからない…仕方ないので英語で書かれた戦前のトノサマバッタ論文をみる。実に読みやすい!ドイツ語文献はいずれにせよ読まなければいけないのだが、おそらく不完全に翻訳された英語からいろいろとくみ取って理解していくことになるのだろうから、日本語や英語の文献からの情報をある程度蓄積してから挑んでもいいのかもしれない。昨年度に多くの文献を集めてある程度は読んではいるのだが、どうやらきちんと手を動かして内容を書きとめる、完全和訳はやりすぎだがそれに準じたメモを残しておかないと頭にインプットされないようだ。まったく時代に取り残されそうなスタンスではあるが、貯えがないまま修羅の世界で戦うのも無謀であるし、現状実験を進める気にもなれないし、悪くはないのかもしれない。
向こう3年間の研究費の交付金額が判明。だいぶ喜ばしい!それにしても、某研究費では不採択Cだったんだよなあ、この課題…  


Posted by Impulse610 at 21:10Comments(0)

2020年04月25日

2020. 4. 25 の人生

朝はゆっくりと起きたがあまり寝れていないようで目覚めが悪い。昼前に近くの河川まで歩いていく。ヒバリが空高く飛んでいく様子、地面で我々を警戒したり、2~3羽で争いをしている様子、チョウゲンボウがカラスを追い払っている様子、悲しくも地面に落下したハトの卵、巣に一生懸命枝を運び入れるハトのオス、我々を警戒するハトのつがいなどをみる。帰りがけに地元のスーパーで地元の野菜などを買う。今回はパスしたが花豆が信州よりだいぶ安く売っているのを見つけて興味がわく。家で昼を食べ、洗濯ものを取り込んだり部屋の掃除をしたりして、再び散歩に出かける。コガモがまだたくさんいるがほかのカモは見当たらず。またクロアゲハが飛んでいるなあと思ってみてみたらコウモリであった。ラボではくサンダルを購入して家に戻り、主人と将来について(3年の期限が切れたらどうするのか)などちょっと重い話をしたり、それに関連してきっと私の高校の同期はすでに私よりもずっとよく稼いでいるのだろうなあなどと妄想、さらに、私の同期で博士行った人ってどれくらいいるのかななど思い出してみたりして過ごす。
さて私の身分について、昨日大元の機関より採用者として認識されていることを確認。とりあえず3年間は研究者として生きていけそうである。  


Posted by Impulse610 at 19:11Comments(0)

2020年04月24日

2020. 4. 24 の人生

いつも通りの出校。オンラインゼミに参加。卒研生の中にはテーマ変更を余儀なくされている人もいてたいへん気の毒である。今日は私の進捗報告も行い、いくつかのサジェスチョンをいただく。卒研生には難しすぎたかもしれないがどうしようもない。午後は固定卵処理やアドバイスにしたがいダメそうな樹脂のレスキューに挑戦。またしばらく放っておいた論文の見直しなどもしてみるが、そろそろほかの人の意見も聞きたいくらいには固まってきてしまっている。組んだ画像についても文字の縁取りを施しそれっぽく仕上げる。ドイツ語の清書をしていたところ、とある筋から電話が来る。あれが再来する可能性が…
夕食時に、主人と野菜について議論していたところ、今までの私は、きゅうりやなすといった果実系の野菜、りんごやみかん、ももなどの果物の前後軸について疑いもなく受け入れていた驚愕の事実に気が付く。前提としては、色々な野菜が載っている書物を眺めていた時、ほかの野菜は根が生えているほうを下向きにするか、だいこんなど長いものは斜めにして載せていたのに、うりが横向きに載っているのをみて気持ち悪さを感じたのが発端である。じゃがいもは縦でも横でもどっちでも違和感がない。トマトは横長に置いて気持ち悪いかというとそんなことはなく、ヘタが上向きであればしっくりくる。そうか、ヘタがつく方を上に、つまり縦長に載せればうりも気持ち悪く見えないのか、などと納得していたのだが、主人から、じゃあオクラはどうするのかと問われ、ウっとなる。オクラは上向きに実がつくが、ヘタは下向きだ。となると図鑑には縦長だがヘタを下向きに載せるべきである。でもそうではなく、ちゃんとトマトと同じようにヘタを上向きにしている。うーむこれはどういうことか・・・とここで、花の解剖図を見て、ああ、そもそもヘタを上向きに掲載するのが解剖学的に間違っているのだ、と思い至る。だから植物の前後軸の統一について厳密に考えると、およそ実のなる野菜や果物は、ヘタを下向きにした図を掲載すべきである。なんなら、食料品店においても、ヘタを下向きにして販売すべきだろう、でもなんでそうやって売っていないのか。きっと野菜や果物の前後軸の統一を図ったところで売上がよくならないからであろう。
昨日の系統寿司もそうだが、最近くだらないことばかり考えているなあ。面白いのはいいのだが…  


Posted by Impulse610 at 21:29Comments(0)

2020年04月23日

2020. 4. 23 の人生

本日は出校。午前中には昨年度の某報告書を書いたり南半球の固定をしたりする。午後は書籍を読んだりドイツ語の文献を翻訳するために清書したりする。戻ってきて夕食時に主人に「分類寿司」「系統寿司」の構想を語る。納豆はダイズとして考えていいのか、あるいは納豆菌に主眼を置くべきかで意見が対立する。分類寿司はまだしも系統寿司の実現は難しいかもしれない…  


Posted by Impulse610 at 21:27Comments(0)

2020年04月22日

2020. 4. 22 の人生

在宅勤務をしてみる。Sharov (1966) の関連部分を読み込んでいくが、読み込みつつも文献が出てくるたびにそっちをダウンロードするとか読むなどしていてえっちらおっちらと進む。とりあえず研究分野の歴史として知っておくべき最も古い論文が1869年のものであることを知る。某研究費の審査結果が開示されていることを知ったので見てみるが、不採択C…これは要するに、不採用の人たちの中でも上位50%にすら届いていないということで、少なからずショックを受ける。今の身分を得るために申請した内容とほぼ同一の内容であったわけだが、一方では補欠繰り上がり、一方では論外というような、どう転ぶかわからない世界を生きていることを実感する。  


Posted by Impulse610 at 21:13Comments(0)

2020年04月21日

2020. 4. 21 の人生

ということで朝から勉強を始める。とりあえず完成型のおさらいをして、ちょっとした気づきを得る。だが眠気と眼精疲労でだんだんしんどくなってくる。昼食後に長めの昼寝をしてから回復し、各種の文献に取り掛かる。
注文していた『動物系統分類学 昆虫編』3冊セットが届く。どうやら刊行当時には月報を作っていたようなのだが、そこになんとBOSSのBOSSが載っていた。時代的にBOSSがまだ研究室に所属する前のコラムであり、孫弟子としてなかなか感慨深い気分になる。
明日から所属機関では制限が強くなってしまうようだ。色々と苦難の時であるなあ  


Posted by Impulse610 at 20:36Comments(0)

2020年04月20日

2020. 4. 20 の人生

今日から主人が実質的な在宅勤務に切り替わったもののいつも通りに出校。騒動がひと段落するまでは実験は進めず勉強をしていこうという方針を決めたのだが、じゃあ具体的に何をどうするかまでを絞り切れないままであったこともあって、文献をつまみ食いしては中断し、あれこれに気が散りまくって全く集中できない。気が散るというのは学問的なものというより世間情勢が気になる方が強く、頭の中が常にいろいろなことで発散している感じである。落ち着いて学問をするのにはある意味でいい状態であるはずだが、心ここにあらずという感じでなかなか難しい。うーむ、ネットで気軽にリアルタイムを知れるのはいいことだし、割と今は知っておいたほうがいい状況でもあるのだが、古い文献に向き合うような作業をするときには距離を置かないといけないなあ。ひとまず読み込むべき文献をいくつか絞り、また頭の中に叩き込むためにも手書きで色々書いていこうかなというところまで持ち直したところで帰宅。
なお気が散っている最中には古本を調べたりすることもあるわけだが、このたびちょうどいい具合にいい書籍のセットに巡り合う。  


Posted by Impulse610 at 19:22Comments(0)

2020年04月19日

2020. 4. 18, 19 の人生

4. 18 いつもより長く寝る。いくつかの要件があって外出をしたのだが失敗に終わり、辞めておけばよかったのだと思ったりする。いろいろあって切り花を買う。帰って昼ご飯を食べ、のんびり過ごす。夜にストレッチしていて、おふざけが過ぎたせいで主人を怒らせてしまい失敗するなど。紛争は無事に解決。

4. 19 いつもよりやや長く寝る。朝を食べて散歩をする。ついた場所でカモを観察していたのだが、明らかに1羽挙動のおかしい変な鳥を認める。(どうやら普段はここにはこないはずの旅鳥らしい)。家に戻りかけたころに空腹によりエネルギー切れを起こしたので、とあるデリバリーフードを注文、手に入るまでの待ち時間が永遠に長くも感じたのだが無事にテイクアウト、帰る途中にある公園で1切れ食べて何とか回復、家について主人とともに貪り食う。我ながら下品だと思ったのだが本当にむさぼっていたので仕方がない。そのあとはごろごろして思い立って双眼鏡関係の出費をして買い出しに出かける。ここでちょっと寝具について検討してみたのだが多くの現実を知る。その他必要なものも買って帰ってご飯を食べる。ブログを書いてしかる後に寝る。  


Posted by Impulse610 at 20:47Comments(0)

2020年04月17日

2020. 4. 16, 17 の人生

4.16 論文をひとまず置いておく。ラボの整理を少しする。BOSSにメールを送る。卵固定をする。返事を書いたりする。勉強をしていきたいと思う。

4.17 午前中にゼミをする。コメントをするのがなかなか難しい。その後あまりやる気が出ずに困る。固定卵処理をする。原稿を打ち出す。  


Posted by Impulse610 at 20:56Comments(0)

2020年04月15日

2020. 4. 15 の人生

朝にちょっとした鉄分補給をする。昨日よりも眠くなく午前中から論文をする。トマトをもっていったのだが昼ごはんの時一緒に食べられず後から食べる。図を直したりもする。主人から近いうちに在宅勤務をする連絡を受ける。
最近毎日同じようなことをしていてブログのネタがないなあと思っていたが、そういえば先週の買い出しで色々な納豆を買ったことを思いだす。納豆はほかの食品と比べても高価格帯はたかが知れているのでいっぺんに色々かっても財布にやさしい。それにメーカーごとに豆の種類、容器、豆やつゆの味がいろいろ違うのを体験するのはなかなか楽しい(私は味覚音痴なので主人のサポートがないと満足なコメントができない)。あとは帰りがけに聞きなれない名前の菓子パンを買う。まだまだ知らないものがたくさんあるんだろうなあ。  


Posted by Impulse610 at 20:52Comments(0)

2020年04月14日

2020. 4. 14 の人生

例によって朝早く出る。夜に車がぶつかったらしく、とある道端のコンクリートがひっくり返っている。午前中からバリバリ論文を書きたいのだがやる気が出ない。無料でテキストがいくつかダウンロードできることを知ったのでしておく(ほしいものは落とせず)。午後やっとやる気が戻ってきて考察を書く。多分やる気が出ないだけでなく、考察をうまく書くための糸口が思い至らなかったというのもある。帰ってきたらコンクリートは応急処置がされていた。麻婆茄子の作り置きを食べる。  


Posted by Impulse610 at 21:17Comments(0)

2020年04月13日

2020. 4. 13 の人生

朝早く出て、オフィスにつく。ちょっとやる気が出ず、鉄道のwikipediaをいろいろと調べたりする。昼はオムハヤシ。南半球の系統を議論するのがなかなか難儀であり、引用文献のチェックとかいい言い回しを調べたりして、金曜日に印刷して色々書き込んだ内容をパソコンに反映させる。帰りがけにふと、ああ、これをこう考えればもうすこしいい具合に議論ができるかもしれないな、などと気が付く。北半球の時もそうなのだが、すんなりと考察を進められないような形質の多様化をしているので大変だ。  


Posted by Impulse610 at 20:20Comments(0)

2020年04月12日

2020. 4. 11-12 の人生

4.11 朝はやや長く寝る。主人がきて部屋の色々を整理する。昼は人気の少ないフードコート。午後に冷蔵庫と収納の箱みたいなものが搬入される。これでようやく人間生活を送っている場所らしくなる。先週に引き続いて名桜を見に行ったが満開、だけど閉鎖されていたので遠くから見るにとどまる。買い出しに行って夜ご飯を作り食べる。最近のどの痛みがあり、昨今いろいろと問題になっている感染症の可能性を感じなくもないのだが検温してみると平熱を下回っている感じなので判断がつかない。まあ風邪のウイルスはたくさんあるので詳細な検査でもしないと分かりようもなかろう。今日は早めに寝る。

4.12 朝6時くらいに起きようと思ったが眠くてダメ。体温を測ったら35度台。しばらく寝てからもう一度図ると36.0。のどは寝たら痛くなくなっている(いちおう市販の薬を飲んだ甲斐もあったかもしれない)。部屋の整理をして、昼前に大学に。途中うどんを食べる。食器の水切り用のカートが重複したため1台をオフィスに搬入してみたのだがわずかに机の高さと合わず、やむを得ず小さくして使う。大学から帰ったらごみ箱や収納関係の買い出し。途中時間をとってもらってちょっとした気分転換をするが、なかなか何とも判断がしがたい。戻って調理。冷蔵庫が使えるようになったのでようやくまとまった自炊ができる。麻婆茄子。  


Posted by Impulse610 at 21:42Comments(0)

2020年04月11日

2020. 4. 9, 10 の人生

4.9 南半球の図版づくり。明日に進捗ゼミがあるのだが私はやらなくていいことを知る(一応準備していたのだが)。論文の考察を書いてみるが、無限に長くなる。昼、ガス代の支払いに出かけるが支払い可能な機関が思った以上に遠いところにしかなくていい運動になる。戻ってきて南半球の固定をして写真をいじってだいたいOKとしたところで帰る。今日は鯖味噌と里芋のにつけ。

4.10 図版のキャプションを作る。そして進捗ゼミ。昨今の事情を鑑み、チャットツールで実施。なかなか不思議な感じだ。私の報告は月1くらいでやることに決まり、準備していた資料はとりあえずは活用できそう。午後は昼寝してからキャプションの続きをし、固定卵処理をし、そして考察をもう少しまともな体裁にしていく。論文を初めて作っていたころはやり方もわからず苦しんでいたはずだが、ある程度お作法が分かってきた今日この頃は体裁とかはとりあえず置いておき、思うことをゴリゴリ書いてから修正していく、という感じになってきた(ちなみに原稿段階では日本語である)。本文は400行ぐらいになったが、この先どう変動していくことやら。それなりの形になったところで印刷して持ち帰る。今日はアジのから揚げ。  


Posted by Impulse610 at 08:36Comments(0)

2020年04月08日

2020. 4. 8 の人生

今日は試みに早朝出ラボを果たす。ボスよりも30分くらい早く到着することを確認。まずは家から持ってきた電気ケトルを導入しようとしたところ、すでにラボにケトルがあることを知る。よしこれを使って湯を沸かそうと中を見たら・・・なかなか使いようのない状態になっていた。仕方ないので洗ってみるが、その間に持ち込んだケトルで湯を沸かして紅茶をいれる。それから延々と南半球の図版を組む。途中無線ラン使用の申請をしたりするが、ほぼ1日中モニターに向き合って図を作っていったが、とりあえず枠は決まった。スケールバーを入れている途中で本日は終了。同時並行で少しずつ原稿も修正を加えており、難関の考察を突破するにあたって整備を急ぐ。昼にアオゲラの声とアカゲラの姿を観測。帰りがけにひどい通り雨に遭う。主人と落ち合って閉店間近の食料品店に駆け込み、おいしい海の幸を手に入れたりする。長年海のない地域に住んでいた反動もあって、ここ数日かつおのたたきとかさよりの寿司とかくじらとかをむさぼっているが、たいそう満たされる。  


Posted by Impulse610 at 21:29Comments(0)

2020年04月07日

2020. 4. 7 の人生

朝7時前に起きる。行政機関に出向いて主人の転入手続き。大学に出向いてモニターを設置。デュアルモニター仕様となるが使い心地は如何に。それからプリンターの設定をするが上手くいかない。ボスに聞いてもうまくいく人といかない人がいるという回答が得られ、運頼みという感じに陥る。しかし再度ドライバのインストールを実施したら印刷成功、事なきを得る。それから南半球の論文に載せようと思っている図版を組み始める。こうなるとデュアルモニターは強い。片方に論文の原稿を載せてもう片方で図を組めるのは非常に快適。帰って主人と落ち合い買い物。首都圏では商品棚がかなりすごいことになっているようだが、岩城の国でもそこまでひどくはないがそれなりにものがなくなっている。

この3月でサポート期間が終了したSEだが、3月中にちょっとした違和感があったので引っ越す前に再点検を依頼していた。それが本日届いたのだが、対物レンズがバルサム切れのため交換されていた(無料)。半年もたたないでバルサム切れを起こす可能性は低いので、そもそもストックされている部品が劣化しているのかもしれない。これには気づかなかったので、違和感がなければそのまま使い続けていたのかもしれない。  


Posted by Impulse610 at 21:30Comments(0)

2020年04月06日

2020. 4. 6 の人生

午前中に主人の転入手続きを代理で済まそうと思っていたが、諸事情により断念。ボスから今後しばらくのゼミの方針が知らされるが、一部は遠隔で実施するという。前所属先の人員減少により、ゼミというもの自体数年間まともにやっていない状態にあるので通常の運営であってもかなりドキドキするわけだが、遠隔となるとどんな感じになるのか想像できない。さてラボについてそうそうにパソコンの接続を行う。主人のデスクトップパソコンを導入するわけだが、有線の場合は特に許可申請も必要ないらしい。というわけで無事にネット開通。だが複合印刷機に接続しても、スキャンはできるが印刷ができない。少々試行錯誤したがダメだったのであくる日の相談事項と化す。昼は学食で食べてみようと思ったが、昨今の情勢を鑑み、持ち帰りできるお弁当しか手に入らず。前所属先でいつも注文していたものと同価格帯で、別にあれこれ文句をつける点もないのだが、前の環境が良すぎたこともあり、すでに食堂のお昼が恋しい。午後は各種パソコン環境を整えたり、ゼミで提出する進捗報告のレジュメを書いたりする。今年度の弊ラボ(というのも気が引けるくらい私はまだなじんでいないのだが)は谷間の年で、私のほかには卒研生しかいない。そして彼らはおそらく1年でいなくなり、研究分野も私とは違ってくるだろう。そういうことを踏まえると、レジュメには色々と気配りをしておいたほうがいい気がしてくる。そんなこんなでだいたい仕上げて帰る。  


Posted by Impulse610 at 21:41Comments(0)

2020年04月05日

2020. 4. 4, 5 の人生

4.4 お昼過ぎに主人来る。荷物を運び入れたりする前に、昼食(うどん)を食べる。荷物の搬入をして、大家さんにご挨拶をして、通勤(厳密には雇用関係がないので通勤ではないと何度でも言及します)の手はずを整え、リサイクルショップに出かけて冷蔵庫などを購入。まだ1週間は利用できないので不便な食生活を続ける必要がある。主人も来たことなので自炊をメインに安くなっていた刺身や日本酒なども買って少しまったりする。

4.5 朝早く起きようと思ったが起きられない。主人も評していたが、引っ越しによるストレスが結構あるみたいで疲れがたまっているようだ。私には、誰からも求められていないのに厳密にルールに従おうとする嫌いがあって、そのせいで少々無理なスケジュールを組んでしまったことも影響しているのだろう。遅めの朝ご飯を食べ、大学に出かける途中に音に聞く名桜を見に行く。たしかにたいへん立派な桜で、かつ年の割にお元気そうで感動。感染症予防のためにいろいろな対策がしてあったが、おそらく例年になく人が少ない上に、まあまあな風が吹いていたため、ここでウイルスをもらう可能性は低かろう。大学では主人が使っていたデスクトップパソコンをオフィスに搬入、簡単なセットアップをしてもらう。帰りがけに生活に必要な物品を少々買い揃えて帰宅し、こちらもセットアップ。また主人の住民票を代理で発行するための委任状を書いてもらう。そして主人は仕事のため里に帰る。夜は昨日作ったものを食べる。  


Posted by Impulse610 at 21:48Comments(0)

2020年04月03日

2020. 4. 3 の人生

朝は7時過ぎに起きる。あまりできることもなく、かろうじてキッチン周りを整備するにとどまる。主人との2人暮らしをするに際し、主人の荷物もだいぶ沢山あるわけだが、仕事の都合でまだこちらで荷解きができてない。これを私が勝手にいじるわけにもいかない。昼を食べて出校。実験に使う試薬の調整を行うが、冒頭でいきなり蒸留水の入ったタンクのコックを破壊してしまい、たいへん申し訳ない気持ちになる。結局大したことはできずに帰宅。今日はこれまでと違う経路で帰ってみたが、すこぶる快適であった。今後はこちらを使っていきたい。例によってまだ冷蔵庫がないので、今晩は値引きされた総菜を買ってきて夕食とする。この時、昨年度申請していた研究課題が不採用となっていたことが分かる。この研究課題より採択率の低いであろうものが繰り上がって現在の住民票所在地があるのだから、人生何が起こるかわからない。しかし、もし繰り上がっていなかったら限界ポスドクになっていたということの証左でもあり、たいへん恐ろしい…ということで強いゼロ・2つのレモンも買ってきて飲んでみたのだがこれはなかなかに塵の浮世を離れけるものだ。  


Posted by Impulse610 at 20:39Comments(2)