2017年04月27日

2017. 4. 27 の人生

今日も午前中は切片を切る。切片を切っている最中、薄切者には種々のストレスが襲い掛かるのだが、昨年度購入したとある秘密兵器の導入を図ったところ、ストレスの1つが劇的に軽減されうることが判明。現時点でまだ工夫の余地があるが、ぜひ取り入れていきたいものである。
午後は論文。アブストを考える。夜は切片の観察。かつてBOSSに論破された記憶のある説が有力味を帯びてきた。私は日常会話のほかに、議論も限りなく下手なので、まあこれが我が人生なんだと思わされる。  

Posted by Impulse610 at 23:24Comments(0)

2017年04月26日

2017. 4. 25, 26 の人生

4.25
午前中と夜は論文のアブストラクトを考える。午後は顕微鏡のプロフェッショナル2名が来館し、新たな実体顕微鏡の組み立てと、蛍光顕微鏡の光源の交換が行われた。その後お茶の時間に、顕微鏡に関する深い話を伺え、元気が出る。私はおそらく、顕微鏡操作を学ぶにはかなりいい環境に身を置いていると思うので、ここにいるうちにしっかりと基本を叩き込んでおきたい(たとえそれが職業に活かせないとしても…)。

4.26
午前中は切片を切る。午後は免許の更新に篠ノ井まで下りる。前回はバンダナの線がくっきり刻まれたおでこと、当日の朝にカミソリでしっかりそり上げた頭皮で臨んだので、フラッシュをたく必要もないくらい輝かしい顔写真だったのだが、今回の我が頭皮は黒い闇の中に覆われ、何人もその全貌をうかがい知ることはできない、なんとも面白みのない写真になってしまった。そろそろ刈り取りしないとなあ…講習では講義の後にビデオを見たのだが、交通事故による悲しい現実を突き付けられ、非常につらい気持ちになる。自分が死んでしまうならまだしも、死なせるとか重症に至らす、あるいは身の回りの人にこのような災いが降りかかったら、人生はもちろん、研究なんて到底遂行できないと容易に想像できる。ましてや、ただでさえ精神状態が悪化する投稿論文や博士論文執筆中に事故を起こそう(起こされよう)ものなら・・・  

Posted by Impulse610 at 21:27Comments(0)

2017年04月24日

2017. 4. 24 の人生

BOSS が出張していること、論文を直していると精神の崩壊が加速することなどから、論文以外の作業をすることにする。午前中は久しぶりに切片を切り、水を得た魚のような気分になる。苦しんで論文を書いているより何倍も楽しく、人生に希望を感じるひと時であった。午後はカワゲラを探しに構外の滝へ向かい、狙っていたも科は見つかったのだが、属あるいは種が違っている可能性を感じた。その後、後輩が実験所に仕掛けるトラップの設営作業を手伝う。そして某履歴書を書く。いままで散々申請書に苦しめられてきたので、それっぽい文章を書くのはそんなに大変ではないのだが、最重要ポイントは、履歴書を見るのはおそらく研究者ではないということである。なので言葉遣いには気を付けないといけない。また、某履歴書の記入範囲は狭く、飢えと苦しみ、死を連想させる某申請書とはわけが違う。それゆえ、記入者には英断が求められる。

本日、大学関連の方から双眼鏡をお譲りいただいた。富士山マークのとれた、Nikon 7x35 7.3° である。対物レンズの裏に、おそらくコーティングを侵食しているカビがかなり広範囲にわたって見られ、左側のプリズムにも蜘蛛の巣上にカビが張り付いている。これは素人の洗浄では歯が立たないだろうし、ネットで調べてみると、カビがコーティングにまで侵食してしまったレンズは再研磨→再コーティングを施さないと再起不能らしくい。このままでも何も見えないわけではないため、見え味を気にしなければ普段使いもできる(ゴムの目当があり眼鏡利用でも使いやすい)のだが・・・奥の手としては、対物レンズを、部屋でオブジェと化している富士山マークつきNikon 9x35 のと交換するという希望がある。型が多少古いとはいえ、同じメーカー、同じ対物レンズ径なら、鏡筒ごと交換して問題が解決しないだろうか。それ以上に悩ましいことは、鏡筒が外せるのかどうかということである…  

Posted by Impulse610 at 22:45Comments(0)

2017年04月23日

2017. 4. 22, 23 の人生

4.22
論文を見直す。来週火曜日のセミナー発表プレゼンを作る。履歴書に書くことを考える。

4.23
飢えと苦しみ、死を連想させる申請書を見直す。もうこれでいいかな…
昼食後買い出し。と同時にノーマルタイヤを買い替える。結局、台湾産の一番安い(けど新品)のタイヤに履き替える。タイヤを廃品回収業者に持っていくとか、自分でタイヤ交換するとかしたらもう少し安上がりになるかもしれなかったが、面倒だったのですべてお任せする。というか、タイヤは自分で交換しようと思っていたが、気が付いたら交換されていた。2万円近く消える。山に戻る途中、カモシカを見つける。車を止めて近寄ってみたら逃げて行った。
山に戻っておかずを作り置き。その後、昨日BOSSに投げた現行の一部改訂版が返ってきたので見てから帰寮。以前BOSSから、早く投稿しないとデータが腐ってしまう的なことを言われたのだが、今書いている論文はすでにそんな気がしていて不安である。  

Posted by Impulse610 at 21:07Comments(0)

2017年04月21日

2017. 4. 21 の人生

手は動かせるが、頭が全然働かない状態に陥る。英語が頭に入ってこないし、ただでさえ悪い頭がさらに鈍化して、弊奴隷お家芸、寝た子を起こしそうになったりする。修論で引用文献を書いているときもそうだったが、図版を見直すたびに改善点が見つかり、この作業の泥沼から抜け出せる気がしない。夕食後、学会の参加締切が今日だったことを思い出し慌ててメールを送る。わが生活の様々な事項が、論文作成の名のもとにその優先順位を繰り下げられている気がするが大丈夫か?学位取得を目指す場合、最低あと2回はこのような状況を迎え入れなければならない。肉体はまだしも、精神が持つのだろうか。ストレス発散もかねてテニス練習機(ボールにゴムひもが付いていて、ひもがおもりについている。なので、ボールを打っても戻ってくる)で打ちっぱなしていたとき、いつもは発するのことない奇声を上げまくっていたので、精神崩壊のタイムリミットは近いかもしれない。閉じこもっていると状況悪化に拍車をかけそうなので気を付けないと…

最近、小学生時代よく見ていたTVアニメのオープニング曲が頭の中で始終鳴り響いている。ひょっとしたら、脳内ではすでに現生に見切りをつけていて、希望に満ち溢れていた少年時代を投影することで世知辛い世の中をだましだまし生き延びていこうという戦略なのかもしれない。




小学校入学前後~低学年のころにやっていたものたち。当時のこと(特に映像記憶)はほとんど思い出せないのだが、こういった曲のフレーズは結構鮮明に覚えていたりする。そして、おそらくとても久しぶりに映像を見たら、懐かしさで涙が出そうになる…また小学生から人生をやり直したい…  

Posted by Impulse610 at 22:47Comments(0)