2017年04月21日

2017.4. 18- 20 の人生

4.18
何をしていたか忘れる。確か受難の書類を書いていた気がする。また、申請者の精神と肉体を蝕む申請書を弊ラボ出身の先輩に見ていただき、鋭い指摘を多数いただく。前回はBOSSと弊奴隷との間でのみやり取りしていたことも敗因のひとつとみているので、厳しい外部評価により申請書を鍛え上げなくてはならない(そしてとっとと別れを告げたい)。あと、今日こそは切片をと、トリミングをしたのはいいが、結局断念。人生なり。

4.19
健康診断を受けるため、出張されるBOSSの新幹線に乗車してつくばへ。道中、昔の実験所はもっと平和であったという話を聞いたり、論文のディスカッションを行ったり、学生の教育について話をしたりする。
昼にうどんを食べる。その影響で、体重は増加し、56.3 kgを計測。とはいえ、BMIは18に及ばない。おそらくこの先、厳しい隷属に加え、夏野菜が旬を迎え、わが食生活がもろに影響を受けることにより、私の体重は減少の一途をたどるに違いない。今シーズンこそは50 kg を下回りたいが達成できるだろうか。。。伸長は頭髪効果により182.2cmを計測。このまま10年位頭髪を伸ばし続ければ2 mの大台に達したりするのだろうか。それとも、体重に比例するように頭髪も減少の一途をたどったりして…肉も髪もそぎ落とした無駄のない体躯はさぞかし快適に違いない。
帰りの新幹線ではだいぶ寝る。

4.20
午前中は論文の確認。もう少ししたらこの苦行とも別れられるのだろうか。修論もふくめて、断続的に半年以上苦行が続いている気がするが、研究者一般はこの過程は苦行ではなく快楽なのだろうか。あるいは給料がもらえているから耐えられているのだろうか。
昼は卒研生歓迎会。もくもくと料理を頂く。同時に、本日で下山する後輩を送る。いろいろな事情で研究を断念しなければならないようで気の毒にも感じるが、遠隔地であるということがその事情に拍車をかけてしまっていたらなおのこと残念に思う。しかし、私は他人の人生には介入できないし、してもいけないだろう。そもそも、まずは自分の人生をどうにかしないといけないのだが…
歓迎会後、今年度第最初の受難の時を迎える。結果的に大ごとにならず次の議題へ進んでいったため一安心。なるべくこういうことで神経をすり減らしたくないものだ。
その後、日付が変わるまで、某就活準備や図版の修正に追われる人生を送る。  

Posted by Impulse610 at 00:03Comments(0)

2017年04月17日

2017. 4. 17 の人生

今日は久々に早起きに成功し、7時台に出発。昼に飢えと苦しみ、死を連想させる申請書をBOSSに投げつかの間の解放感に浸る。
その後論文の図版の直しや本文の見直しをしていたのだが、ここで、研究とは違う方面から厄介な課題が舞い込む。今年度から常駐学生代表という立場になってしまったのだが、第一関門が割と早くやってきてしまった。意見の場が設けられてはいるが、そこに参加できる上級学生がおそらく自分のみでという状況になりそうなのもまた苦しい。一難去ってまた一難、これが人生なのである。
夜、厄介な課題に苦しんでいたら、BOSSが申請書を投げ返してきた。思いの外早かったので、こんなもの見ていられるかというリジェクト宣言かと思いきや、前回より格段に良くなっているというお褒めの言葉を頂き、一安心(もっとも、これで前回より悪くなっていたら、修論を取り下げて出直ししないといけないわけだが…)。この忌まわしき申請書の優先順位が下がり、また費やす時間も減らせそうだということは心に安寧をもたらすわけだが、さあ論文と研究に集中するぞ、と思っていたところで厄介な課題が登場しただけあって、やっぱり人生はうまくいかないのだなという結論に至る。好事魔多しとはかくのごときことかな…  

Posted by Impulse610 at 22:27Comments(0)

2017年04月16日

2017. 4. 16 の人生

目覚ましにしている携帯電話を実験所に忘れたので、今日はのんびり寝られるかなと期待していたが、8時前に起床。二度寝してもよかったがそんなに眠くなかったので、Ultima のレンズ・プリズムの清掃を行うことにする。前々から接眼レンズ周辺部の油汚れ(グリスに起因?)が気になっていたので、下陣笠を留めるマイナスネジを緩めて接眼レンズ一対を本体から取り外し、左右それぞれのレンズを外して清掃。ついでにプリズムも掃除してみたのだが、ベンジンをしみこませた綿棒で拭いてみると色が変わる。コーティングが取れてしまったのかと危惧したのだが、外界に接する面ではこのような現象が見られなかったので、グリスが気化して付着してしまったのだろう。同様の現象は接眼レンズ側でも見られた。このあと、左右の像の色合いが異なるなど不具合があったものの、きれいだから掃除を省略していたプリズム面に付着していた気化成分を取り除いたら大分改善した。そして接眼レンズ洗浄後の見え具合というか像のシャープさが以前よりも高まった気がする。最近双眼鏡にはまりすぎて写真撮影をもっぱらしなくなってしまったので、比較画像が残っていないのが残念である。
その後実験所に向かい申請書関連のあれこれをしたり、先日買ったラケットの使い心地を試してみたり(前から使っているのと比べて短く、面積も小さいことから上級者モデルと想像されたが、果たしてその通りで、私には使いづらい…)、久々に洗車したり(冬季は野外で使える水道がなくなるので、自分で洗車しようと思ってもできない!)する。  

Posted by Impulse610 at 19:53Comments(0)

2017年04月15日

2017. 4. 14, 15 の人生

4.14
午前中に、4月中に退去する後輩のゴミ捨てのため、上田まで車を出す。いろいろあって進学をあきらめるようだ。悲しい限りだが、どうすることもできない。帰菅後は飢えと苦しみ、死を連想させる申請書。夜にBOSSから論文の原稿が返ってくる。どうやら、日本語から英語に変換する際に、「修論を日本語に直す」行程をしそびれてしまったらしく、今後気を付けようという旨のコメントをいただく。思えば、そんな感じのディスカッションを少ししていた記憶があるが、その時はお互いに、その行程を忘れていたことに気づかなかったのだ…

4.15
昼までに、申請書が初稿と呼べそうな段階に到達する。それを見届けて買い出し。帰りに、このたび卒業された先輩を菅平まで送迎。環境が変わりすぎてまだ対応できていないとのこと。確かに、新年度になってまだ2週間たっていないからなあ。菅平について、春雨サラダとかぼちゃの(電子レンジで)につけを作り夕食。その後申請書を少し見て帰寮。  

Posted by Impulse610 at 20:56Comments(0)

2017年04月13日

2017. 4. 11-13 の人生

4.11
各種カワゲラ卵の樹脂ブロックづくりのため、脱水および樹脂置換を行う。後輩の材料もきちんと固定できているか確認するため、同時に作業する。なかなかうまく教えられない(とくに、説明をするあたり)ものだなあと思いつつも、何とか意思疎通はできているようである。夕食のおかずにサバの煮つけを作りたいのだが、解凍し忘れてあきらめる。

4.12
樹脂の減圧浸透を行った後、つらい申請書を書いたり、切りため、撮りためた切片の確認をしたりする。夕方は英会話に参加。今日もまたサバの解答を忘れてあきらめる。夜は樹脂包埋。後輩の作業を見届けてから自分の試料(しかも数が多い)を包埋したこともあって、樹脂が硬化し始めていたので若干不安…

4.13
日中は菌類研の方々にSEM操作法をレクチャーする大役を引き受ける。ラボの中でもSEMの操作はあまりしていない私であったが、3月末から続いている苦悩の甲斐あり、操作全般は把握できている。しかし、例によって筋道立った説明になっていたか怪しいところがある。まあ、そういう説明になれば随時質問が飛んできて正しい方向に導かれていくわけだから、あまり心配しなくてもよいのではあるが…その後、申請書で苦しんだり、情報倫理のテストをやったり(意味があるのだろうか…)、ラボのHP更新の準備をしたりする。

夜は少し早めに帰り、星空観察。Vixen Ultima 7*50の使い勝手がいかがなものか早く確かめたかったのだが、このところ天気が悪く実施できないでいた。で、同じくUltima 8*32とNikon 9×35の3台をもって比べてみたのだが、やはり星空観察に特化した7*50の実心地は良好である。かといって細かいレビューができないのだが、とにかく見ていて明るく、星がしっかりとした点像になる。また、星以外のもの、例えば樹木の見え具合がほかのものと比べて段違いで、これが対物レンズ50mmの力なのかと感心する。ただ、多少暗くなるとはいえ、8*32はたいへん軽量なので長く観察するときには使い勝手がよさそうである。Nikonのほうはアイレリーフが短く裸眼にしないと見えないことや、私の視力が悪すぎてピントの調節範囲ギリギリに設定しても像がよく見えないし、重いこともあり、星空観察には全く不向きである。日中の鳥見での活躍に期待したい。
あと、ちょうど木星が現れていたのだが、どの双眼鏡を使っても衛星が確認できて驚く。  

Posted by Impulse610 at 21:44Comments(0)