2018年02月24日

2018. 2. 14 - 24 の人生

2.14
一日ブロックを切る人生。

2.15
午前中にメール処理と確認用超薄切片の電子染色。午後は洗濯ののち切片を観察したり支持膜を張ったり。

2.16
ちゃんと超薄切片を切り、電子染色をして午後に観察。夕方に実習の役割分担をしたのだが、そこで衝撃的な事実を聞く。夜にテキストを印刷。

2.17
ポスドクの方とグリーンファームに出かける。途中和田峠でレンジャクっぽい群れを見る。現地で双眼鏡を見かけたが値札と左側接眼レンズが紛失していた。帰りに諏訪でラーメンを食べる。途中吹雪の中走ったりとひやひやしたが無事に帰菅。

2.18
朝起きたら某後輩から大至急上田に送ってほしいと難題を突き付けられ、ラーメン1杯の契約で送る。そのまま池で双眼鏡を楽しむ。ノスリがホバリングして付近の地面に降り立つなど観察。帰りがけ立ち寄った寺でマヒワの群れを見る。ラボに戻って寒天包埋。

2.19
午前中は実習直前準備。午後から実習スタート。初日はガイダンスと講義。ガイダンス中にキバシリが走っていたらしいが、またも見逃す。ガイダンスが早く終わったので双眼鏡の使い方などの説明もしてしまう。

2.20
後輩の発案で朝にバードウオッチング。マヒワ登場。午前中に樹木園散策。カモシカの糞塊が3つほど見つかる。午後は草原と滝のエクスカーション。滝見の帰りにカモシカに遭遇。またスタッフ陣は帰りにアオゲラを目撃。夜から自由研究が始まる。

2.21
朝のバードウオッチングでアオゲラを目撃。午前中は構外散策の予定だったが、今年は動物に恵まれているためキャンセルして自由研究の時間に充てる。午前中外に出ていた後輩よりイスカ目撃の一報を得る(私とBOSSはイスカを観察できず、BOSSのご機嫌はどんどんななめに…)。午後も引き続き自由研究。実習生は外に出たりしているが基本的に実験室で待機。時間を持て余していたので実習用双眼鏡(Nikon 10x35 E)の掃除をする。これが同期の目に留まり、祖父の形見(Nikon 9x35 A)のメンテナンスを依頼されたのでついでに実行。カビがひどく取り除けない部分もあったのだが、実用可能なレベルにはなっただろう。

私が卒研生のときに先輩から安く譲り受けたデジカメ(PENTAX X-5)の出番がほぼなくなってしまった。ここで、後輩氏が以前からデジカメを所望していたので、この機会に貸し出してみたところ、だいぶ気に入ってくれた様子(のち、さらに安く譲る)。同様に双眼鏡も安く譲ろうかとも思ったが、氏が現在使っている借り物の双眼鏡(Nikon 10x35 EII)のスペックに、私の手持ちのものは及ばないのだ・・・

2.22
自由研究の続き。昼過ぎに散策できたのだがイスカは見つからず。その代わりマヒワと猛禽を観察。つくばから駆け付けたスタッフの尽力により、オオタカと判明。夜に自由研究の発表会。例年より時間を多くとったことや、複数のテーマを課せられただけあって、なかなか充実していた。それから反省会。

2.23
片付けののち解散。昼食後イスカを探しに外に出てみたがベニヒワがいた(実習中にも目撃談あり)。実習終了後にしては元気があったがやる気はなく、GRXでデジスコができるらしいことを知ってその情報探索に明け暮れる。どうやら4万円で撮影できるみたいだが、ある部品がは中古が出回っていないようで、現状かろうじて新品(26千円)で売っているものを手に入れるしかないらしい。これが安く手に入れば購入に踏み切ってしまいそうだ・・・イスカまでは望まないが、せめてホオアカをきれいに撮影できたら楽しいだろうなあ・・・

2.24
朝に定期清掃。3人しかいない・・・掃除後少しのんびりしてから買い出しと鳥見に出向く。戻ってきて双眼鏡(Nikon 7x35 E)のカビ取り第2弾を試みたが、やはり無理であった(左接眼レンズのアーム部分がピントリング直上から外れない・・・)。ここで思い立ってプリズムのコバ塗りをしてみる。あまり効果が分からないがやらないよりはましなのだろう。  


Posted by Impulse610 at 22:10Comments(0)

2018年02月13日

2018. 2. 6 - 13 の人生

2.6
昔超薄切片を切ったブロックから再び超薄切片を切りだし、電子染色ののち観察。ある卵の像がとても良好で、人生で初めてトワダカワゲラのミトコンドリアを観察。高校時代に教科書や資料集でみた細胞小器官がこうして観察できるのはとても感慨深い。

2.7
昨日切った切片の観察を続ける。

2.8
午前中にBOSSにTEM像を報告。その中でいろいろよくわからないことが出てきたので、細胞小器官のお勉強を開始。結果、よくわからないことがもっとわからなくなる。午後に後輩の卒研スライド最終チェック。まあ大丈夫だろう。夜に本とか論文とか眺めていたのだが、もっとわからなくなっていたところがちょっとわかるくらいに前進。今注目している構造はこれまで非常に特殊な構造だと思っていたのだが、微細構造レベルで考えるとほかの動物細胞にも見られるものと大差なく、機能を考えるのに役立ちそうだとわかった点は収穫である。

2.9
午前、先日薄切したものの像が不鮮明な卵を再度切り出す。午後から本格的に実習の準備。夕方、”上野一の大都会”から女子高生がやってきたので施設利用のガイダンスを行う。

2.10
日中は実験所構内でエクスカーション。去年は猛吹雪で到達不可能だった滝のエリアにも無事に足を運べる。途中でBOSSと一部の人はキバシリをみたというものの、最後尾付近にいた私は無理だった。ああ人生。しっかし、彼女たちと私とでは年齢にして10歳近く離れているのか…だいぶ文化の違うことを感じる。糞の内容物調査を希望する生徒がいたのだが、なんと糞中から鳥の足が出てきた。夜はクマムシを探したりSEMでハエを観察してもらったりする。SEMを担当したがだいぶ熱く語ってしまった。

2.11
午前中に進化の講義。その後帰る時間まで部屋で待機してもらっていたのだが、窓の向こうにカモシカが歩いていたらしい。その頃私は別室で椅子を机に載せる作業の真っ最中で目撃ならず。ああ人生(2回目)。まあ生徒たちがカモシカに出会えたのならそれでいいのだが…

2.12
実習でだいぶ疲れたのでのんびり生きる。あてもなくろくもん号を走らせ、山道に入って鳥を探したりする。しかし期待する冬鳥には全然出会えなかった。

2.13
9日に用意した超薄切片を午前中に観察。いろいろ気を配ってみたのだが見え方はたいして変化なし。固定が悪かったのかもしれない・・・その後昼寝を挟んで細胞のお勉強を続ける。お勉強といっても、自分が観察しているようなTEM像がないか探すのがもっぱらの作業なのだが、この作業は宝(≒双眼鏡)探しのようで結構楽しい(しっかり論文を読み込むことになれば苦行と化すのだろうが…)。だんだんと内容が本筋から逸れているのを感じるのだが、そもそも我が人生が脱線と逸脱の連続であるわけだし、とくに不安がることはないのだろう。事務作業や次なる切片切りだしの準備を整えたりする。
  


Posted by Impulse610 at 19:53Comments(0)

2018年02月05日

2018. 1. 30 - 2. 5 の人生

1.30
午前中は固定卵解剖。昔やった生卵解剖の破片もついでに処理。ピンセットを研ぐ。午後は卒研生の発表チェック。まあ大丈夫だろう。その後引き続き解剖に従事し、夜は寮でキムチ鍋。

1.31
胚のSEM試料作製。ちょっと切片観察。夜に無蒸着試料の電顕観察。

2.1
午前中は胚のマウント。昼過ぎから夜まで電顕。生卵解剖奇跡の一個体を撮影まで持ってこれたのだが、これが4年間の成果かと思うと感慨深いような情けないような…その他解剖卵の撮影をしていて、いくつかの困難が可視化される。

2.2
午前中はメールを書いたり書類を書いたり。午後にBOSSに電顕の報告をして今後の見通しを立てる。ガンダム(マイクロマニュピレータ)を使うといいとのこと…それから、昨日おとといと修理のあったTEMを早速使ってみる。結果、像のうつりがよくないのは機械ではなく私が用意したサンプルに問題があったことが分かった。切りなおし染め直しである。

2.3
御神渡り出現の一報を聞き、買い物ついでに諏訪湖に寄り道(といっても150キロ程度の大幅な道草だが)。明け方に山を下りて白樺湖経由で原遅着。ちょうど八剱神社の氏子さんが湖面に降り立っていたところに出くわしたが、先頭を行く人が氷を踏み抜き退却…7倍50ミリのアルティマで神様の軌跡を堪能してから和田峠経由で買い物へ。和田峠、平時でさえ最高なのだが、今回は雪道でもっと最高だった。しかし諏訪湖といい和田峠といい、鉄道唱歌をこよなく愛する者にとっては外せないポイントである。「この水上にありと聞く 諏訪の湖水の冬景色 雪と氷の架け橋を 渡るは神か里人か」「諏訪の湖水を見る人は 大屋を下りて和田峠 越ゆれば五里の道ぞかし 山には馬も籠もあり」・・・どちらも気軽に廻れるのは現代の恩恵である。かお買い出しでは節分のくじ引きに挑んだものの4等賞で小さなだるまをゲットするに終わった。また上田でハヤブサを人生で初めて目撃。恥ずかしいかな、発見当初はオオタカと思いこみ、通りがかりの貴婦人にも自信をもってオオタカと答えてしまったのだ…なんという人生だ…
山に帰って疲れてしまい昼寝。夕方から業務再開するがやる気は低い。ひとまず支持膜を張ってみたが、TEMを教えていただいた先輩お勧めのグリッドを使ってみたところ、その扱いやすさにすっかり魅了されてしまった。剛性があるからピンセットで保持しても曲がらないし、それなりの厚さがあるからつかみ損ねて落とすこともほとんどない。これならグリッドスティックから剥がすのにも気を使わなくてよさそうだし、再利用もしやすそう。さらに裏表が分かる仕様なのもありがたく、もうどっちがどっちだか分からなくなることもないはず!

2.4
疲弊により低空飛行。すっかり弱くなってしまったものだ。でも双眼鏡に対する意欲だけは突出していて、そのような時間を浪費。夕方自炊。

2.5
午前中は切るべきブロックの選定。とりあえず以前切ったものをもう一度切ってみる。昼前から昼過ぎに切る。その後電子染色をして夕方から夜まで観察。新規導入グリッドはやはり扱いやすく最高であった。また2つほどよい状態の切片が得られ一安心。
  


Posted by Impulse610 at 22:25Comments(0)

2018年01月29日

2018. 1. 19 - 29 の人生

1.19
午前中は書類作成と今後の研究方針のディスカッション。これまで意識的にか無意識的にか遠ざけていた胚の外部形態観察に取り組むことになりそうだ・・・この研究室の必修課題ともいえる生卵解剖が4年連続失敗に終わっている以上、いいデータは得られそうもないのだが、Just Do Itの精神を発揮するしかない。昼に漬物を食べ、午後の会議に出て、とりあえず卵を切って染める。

1.20
午前中は買い出し。午後に生卵解剖に挑んでみるがやっぱりだめ。私のスキルが絶望的なことこそ諸悪の根源だろう。とはいえ、細長く、ある程度の大きさがあり、さらには胚が卵黄に深く沈んだりしないといった、生卵解剖しやすい条件が一つもないカワゲラ卵はそもそも困難な材料なのだろう。そう信じてあきらめ、たくさんある固定卵からの胚を取り出す。胚を出すだけなら生卵解剖より100倍簡単だ。夜に自炊して帰る。

1.21
胚の摘出および洗浄。洗っても卵黄はなかなか取れない。こういう人生である。

1.22
ひとまず胚をSEMで観察。何とかなるのかもしれないと感じるが、それでも諸先輩方の素敵な電顕写真には足下も及ばない。

1.23
午前中はBOSSのセミナーに参加し翅の話を聴く(2度目)。最後に出てきた空飛ぶイシノミ論文に衝撃を受ける。昼食時にその動画を見てさらに驚く。それから胚の掃除。夜にBOSSに現状を報告し、ひとまず観察ではなくてちゃんとした方法でみてみなさいと指導を受ける。

1.24
胚を出したり、ちゃんとした方法で脱水したりする。英会話に出て、夕食を食べ、雪のため作業を中断して帰寮。

1.25
午前中は書類作成。論文も読んだりする。午後は後輩の卒研スライドチェック。その後電気分解。夕食後ちゃんとした方法でSEMをみてみたが、そこに至るまでに多くのサンプルがどこかに飛び去って行った。

1.26
引き続きSEM観察。やっぱりサンプルが飛んだり落ちたりする。TEMの面倒くささも大概だが、胚の外部形態観察も試練の連続である。そしてTEMの調整方法を、24日からいらしている卒業生の先輩に教わる。夕方にBOSSにSEMの試練について相談し、何とかなりそうな方法を導き出す。夜は先輩方と山を下りて濃厚なラーメンを食べる。

1.27
午前中買い出し。午後は構内を散歩したり、倉庫にある備品の双眼鏡をいじったりする。カビのせいで使えなくなっているものが結構あるので、気晴らしと実益?もかねて掃除しようかと画策中。まずは見た目も悪く接眼レンズが白っぽく汚れている、先代の大学時代からある富士山マークのやつ Nippon kogaku 9x35A を奇麗にする。接眼レンズをばらしてみると、襀年の汚れがびっしり・・・洗剤つけて指でゴリゴリしているうちに消えてなくなり、昔の輝きを取り戻した。プリズムのカビも拭い去り、光学系は復旧、とりあえず通常利用可能。そのほかもう一台のカビを取る。それからSEM。先日投げた論文に関連する構造が偶然観察出来て喜ぶ。これはぜひとも論文に載せたいところだ(そうしてこの苦行の報いとしたい)。
夕食後、11月末に購入した戦前のドイツ製双眼鏡をいじる。視度調整リングのヘリコイドが完全に固着していてどうしようもなかった(ドライヤーで温めても、超音波洗浄を試してみても、有機溶剤を注ぎ込んでみても・・・)のだが、パーツクリーナーに漬けこんで1週間たった先週、わずかに動いた。それでもう1週間放っておいたが、やっと完全に分離。ただし方向を誤ったか、それまでにやらかしたか、スムースに動作しない。これは悔やまれるものの、ひとまず通常使用はできる状態になった。

1.28
安曇野の犀川白鳥湖なる場所に出向く。昼前に着いたからかハクチョウは少なかったものの、水鳥はたいへんに豊富であった。またここの端っこにはオオタカがいるようで、その観察もできた(もっとも現場では何だかわからなかったが)。例のドイツ製双眼鏡 Carl Zeiss Deltrintem 8x30 と、実験所の備品である Nikon EII 10x35 を拝借して比べてみたのだが、もちろん、圧倒的にニコンのほうがよく見えた。デルトリンテムも悪くはないが、やはりEIIの像のクリアさ、コントラストの高さ、それに視野の広さにはかなわない。まあ、曇っていて暗かったこともあるし、戦前のコーティングのない光学系で現行機より見え味が優れている方がありえないのだが・・・だがデルトリンテムは200gくらい軽いので、長期間の利用とかほかの荷物との兼ね合いを考えると圧倒的に優位である。しかしここは最高の場所だ。また日を改めて訪れたい。
山に帰って自炊。ご飯を食べて帰寮。

1.29
午前中から昼過ぎにかけてなんとかなりそうな方法でSEM観察。確かにかなり何とかなって快適であった。だが観察が上手くいっても、見ているものが汚すぎて一概に喜べない。双眼鏡と同じで、繰り返しばらして掃除する努力を重ねていけばきれいにできるようになるのだろうか・・・夕方まで書類づくり。夕食後胚の取り出しをしようと思ったが気力が続かずブログ書き。  


Posted by Impulse610 at 21:03Comments(0)

2018年01月18日

2018. 1. 10 - 18 の人生

1.10 (YTOW の日)
前日にやる気をなくしていたのだが、その理由の一端として、切るべきものが用意していないということもあった。また、BOSSとの会話の中で、いろんなカワゲラを切ってみただけの論文があってもいいよね、という萌芽もあったので、さらには、気分転換もかねて、5種のカワゲラの樹脂包埋作業を開始。この日は一日中寒天包埋。

1.11
昨日とは別の3種を、別の樹脂に包埋するため作業開始。また、BOSSが解放された合間に突撃して英文校閲の最終確認を済ませ、2本目の論文を投稿。投稿先がだいぶ内輪の雑誌なのでリジェクトされることはないだろうが…

1.12
樹脂ブロックづくりを進めつつ、以前用意した卵を切ってみる。あんまりよくない。

1.13
午前中買い出し。午後自炊。それから樹脂包埋。雪がひどくなりそうなので早めに帰寮。

1.14
午前中は寮の定期清掃。その後、ついでに居室の不定期清掃。昼食後、構内散策。滝は完全結氷。先日用意したブロックの薄切準備。

1.15
一日中卵を切る。久々にガラスナイフも作る。

1.16
日中は卵を切る。夜は切った切片を観察。固定や染色はみな同一の工程を踏んでいるが、種群により染色具合が異なる現実を目の当たりにする。まあ染色液を更新するとか染色・洗浄の時間を調整すれば何とでもなりそうだが、これが複数種を扱う上での宿命なのだろう…

1.17
今後、海外に研究しに行く可能性が浮上しており、それに関連する説明会に出席するためだけにつくばに出向。さいわい旅費が下りたので鉄道利用と相成った。説明会の前に久々に部室に立ち寄り、現役当時は微塵も興味がなかった、やどけん所有の双眼鏡をチェック。ふむふむ。それを見届けてから図書館に立ち寄り、現在販売されている唯一の双眼鏡専門書を借りる。ちらっと某双眼鏡の項目を見たが、もう最高であった。それから説明会に出席したが、弊研究室出身の方と偶然出くわす。帰路はラッシュに巻き込まれるものの、完全に双眼鏡おじさんとかしていた当人は忘我の境地に達していた…

さてこの日は菅平でも雨が降っており、道路上の雪は流されるか、表面がつるつるになっていた。そんなつるつるの雪で覆われている近道(上り坂)に挑んだのだが、いつもは難なく登攀できるところを、途中で失速、完全に動けなくなってしまった。激しい後悔をしつつも、とりあえず後退しないといけない。後退を始めると・・・ろくもん号はいうことを聞かない。これはまずいと思いつつ、運転席側に加重した影響で右へ右へと滑りながらゆっくり下って行ったが、このままだと側溝にはまること不可避と判断、何とか停車したところでチェーン装着を開始。外に出てみたが、つるつるの雪の上には激しく水が流れており、ちょっと動くだけでも滑ってしまいそうになる。人生とはかくのごときものかなと嘆きつつ、何とか装着完了。するとどうだろう、ろくもん号は確かなグリップを披露し無事に安全地帯へ走ってくれた。一安心したところで再度登攀に挑んだところ、あっけなく制覇したのであった。

1.18
つるつる雪面で消耗したせいか、あるいは出張疲れか、モチベーションは低空飛行。事務作業を進めようとしたのだが、第一関門で挫折してしまった…お昼過ぎにようやく切片観察。早く帰って寝よう…  


Posted by Impulse610 at 20:42Comments(0)