2021年02月15日

2021. 2. 15 の人生

今朝はいつもより遅めに起き、遅めの出ラボ。まずオフィスの棚が地震で動いてしまったので、それを直す。それから冷蔵庫の整理。地震でヘマトキシリンの入った染色壺が最上段からひっくり返り、色々と悲惨な事態になってしまったので、被害の少ないものは拭き、甚大なものは中の試薬等を処分するなどして過ごす。一通り終えて帰宅。何日かかかるかと思ったが何とかなる。ただし色々と試薬を再調整しなくてはいけないので、明日以降そういう作業に追われることとなる。とりあえず、冷蔵庫の中がそれなりに片付いたことを良しとしよう。  


Posted by Impulse610 at 22:12Comments(0)

2021年02月14日

2021. 2. 14 の人生

昨晩、寝ようとしたころに激しい地震が発生。飛び起きてガス栓を閉め、着替える。幸いにも電気・ガス・水道に問題はなさそうであるが、外からはサイレンが聞こえてくる。しばらく情報収集などをして寝るが眠りは浅い。朝起きて、朝食をとってしばらく片付け。外の様子を見に行くついでにスーパーに行ったら無事に営業を開始している模様だったので買い出し。昨日買い出しをしなかったことで家の食糧が不足していたことが懸念材料であったのだが、ひとまず安心。それから1時間程度寝て昼食、そして出ラボ。ボスからメールで簡単な状況を伺っていたが、確かにひどい。パソコンのモニター、シリカゲルなどが床に落ち、冷蔵庫では、試薬用ではヘマトキシリンが、食用ではポン酢がそれぞれひっくり返る。TEMとかウルトラミクロトームは、ひとまず外見は問題なさそうだが果たして無事に使えるのだろうか。色々と先が読めないが、研究室の直接的な被害は思いのほか少ないとみてよさそうであり、一安心。ガラス器具の破損もごくわずかであったことにはほっとした。とはいえしばらくはこれまで通りにはいかないだろう。まあこれが人生というものであるからどうしようもないことである。帰りにまた買い出しをして先ほど買い忘れたものを補給。  


Posted by Impulse610 at 21:43Comments(0)

2021年02月13日

2021. 2. 13 の人生

2. 7 に中程度の?脱水症状により延期していた遠出を実施。とある甲殻類を釣り上げたいという主人の要望、および双方による海鳥を観察したいという意向により、ある漁港に出かける。現地の近くで昼食を済ませ、漁港に行く前にとある河川の河口付近で野鳥観察。目が赤く、見慣れないカイツブリを目撃したが、あれはおそらくハジロカイツブリと思われる。また、遠くによく潜る白い腹をしたカモがいたが、あれはホオジロガモ。いずれも初見である。そのほかにウミアイサ、スズガモ、カンムリカイツブリ、ミサゴなどを観測。それから漁港に移動、ハジロカイツブリが4羽、近くに浮いていて楽しい。そして遠くにシノリガモを目撃。シノリガモこそ、今回の目標の1つであったのだが、図鑑やネットで見た通り、かなり美しい見た目である。主人が釣りをしている間に漁港を歩き回り、シノリガモの撮影をしようと試みるが上手くいかず。釣りも惨憺たる成果であったので、シノリガモがよく見える位置に移動、何とかそれなりの写真を納めたのだが、その際に黒っぽくて見慣れない海鳥を発見。すわアビかオオハムかと期待が高まったものの、シルエットはウのようである。しばらくして、確実にカワウかウミウである個体と隣り合ったことにより、ヒメウであることが確定。目標の黒いカモは見つけられなかったものの、初見の鳥も多く充実していた。ちなみに釣りは完全敗北。仕方がないので帰り際に今回の目的であったトゲトゲしたカニをスーパーで購入(購入金額は4桁に届かない)し、ゆでて食べてみたのだがなかなかおいしい。主人曰くズワイガニのほうが総合的に上回っているとのことだが、このカニはとても柔らかくて食べやすく、この価格でこれは破格に近いとのこと。気軽にカニを買って家で食べられるというのは、確かになかなか今までの人生からは想像ができないことである。この甲殻類自体は気軽に購入できそうであるが、果たして釣り上げるリベンジを果たす日は来るのだろうか・・・  


Posted by Impulse610 at 22:12Comments(0)

2021年02月12日

2021. 2. 12 の人生

朝は結構眠い。出ラボをして、ちょっとコオロギの世話をしてから夕方まで卒研発表会。この時期にして初めて、所属研究室以外の研究室の様子を知ることとなると同時に、現所属機関のカラーがどんなものかを体験することもできた。所属研究室の学生さんの発表はかなりよくなっているように思えた(ちなみに発表練習がいつ行われていたのか全く知らない。おそらくオンラインでボスが対応されていたと思われる)。終わってからコオロギのTEM画像整理、幼虫の世話をして帰宅。  


Posted by Impulse610 at 21:34Comments(0)

2021年02月11日

2021. 2. 11 の人生

今朝は1時間遅めに起きる。出ラボをして、虫の世話や論文をみたりする。お昼前には帰路につき、途中ゴーグルを購入。昼食を家で済ませ、午後は近くの公営プールに出向いて2時間ほど泳ぐ。ここ最近(だいたい3年以上)、運動からかなり遠ざかっていること、肩こりがひどいことなどに悩んでいながら、改善に向けた行動に出ないでいたのだが、脱水で回復した後、ふと、水泳をしようと思い立つ。幼少期に5年ほど水泳教室に通っていたので基本的な泳法はマスターしていることもあり、抵抗なく取り組める数少ないスポーツであるのだが、最後にプールに行ったのはいつのことやらというのが現状であった。もしかしたら、大学入学以降10年近くぶりの可能性すらある。とはいえ体は動きを覚えているので泳ぐことには抵抗がない。ただし体は完全に衰えているため、しばらく泳ぐと左の太ももはつるし、動かしている腕に今にもつりそうな不安な感覚がよぎったりする。とはいえ、延々と泳ぎ続けていると少しずつ慣れてくる。ところで、幼少期にはできたバタフライに挑んでみたのだが、25メートルを泳ぎ切ることすら困難なほどへたくそになっていた。当時はもっと体も小さく体重も少なかったので、たいへんとは言えできないレベルではなかったものの、今となってはスタートして数メートルほどしかまともな状態を保てず、最後のほうは半分おぼれているようなしぐさになってしまう。そして対岸についたころにはヘトヘト。肩こりにかなり効きそうな泳法だが、それこそ定期的にプールに通うでもしない限り再び泳げるようにはならないように思える。そして息継ぎの気軽さから、背泳ぎがとても快適なことを知る。散々泳いで帰宅するが、まだ意識は何とか保てている。そこで『けものフレンズ』を、夕食を挟んで最終話まで一気に鑑賞。なかなか見ごたえがあり、よいものを知ったという印象である。  


Posted by Impulse610 at 20:51Comments(0)