2015年05月17日

疲弊づくしの週末

5/16
今朝は6時半ごろ目が覚めたのだが,昨日予想していたよりもはるかにひどい雨が降っていて絶望を感じる.合羽を着なくても行ってしまえ,と言えるレベルではなく,しかも合羽自体研究室に置きっぱなしなのでどうすることもできない.中古車を調べながら無為な時間を過ごし,雨脚が弱まった9時ごろセンターに出発.今日のうちに買い物を済ませてしまいたいところだが,雨が降ったりやんだりしているせいで心の平穏が乱され,雨雲の動きを監視し続ける以外の何事にも集中できない.車があれば,というよりもっと極論を言えばバス代をけちるような金銭感覚の異常さが無ければ気兼ねなくバスにも乗れるだろうし,バスのダイヤに合わせて隷属を計画することだってできる.いや,最も現実的には,車もちの方に便乗させてもらえればいいだけのことなのだが,予定が合うとも限らない.人生とはかくのごときものかな.
結局11時頃雨が止み下界へ.山下りの最中は濡れていた路面も大日向あたりで乾き,いつも通りの買い物.しかし疲弊したせいで帰菅した後は大したことができなかったのだが,先輩から興味深い報告を紹介していただいた.夕方からウェルカムパーティーの準備を行い,夜遅くまで楽しむ.帰りは霧がひどくてさすがのヘッドライトでも大した効能が得られなかった.


ちなみに買い物の帰り道,国道を避けて利用した道の一部がかつての上田交通真田傍陽線の廃線ルート上で,どう考えても単線のトンネル跡と思しきものを発見したことで気が付いた.この中ではキノコが栽培されているらしい.

5/17
今朝は5時45分起床.昨晩は遅くなったとはいえ5時前くらいにはカッコウの鳴き声で起こされてしまうのである.6時過ぎにセンターに向かって朝食および秘封成分の補給をして準備を整え寮に戻り田植えに出向く.お昼ごろまで雑草を抜く作業に従事し,午後にはコンバインで苗を植える作業をちょっとだけ手伝ったり,洗い物をする.案内していただいた先輩の背中にマダニが噛みついていることが発覚しビックリさせられたのだが,救急外来で無事に摘出してもらったようでまずは一安心.悪化されないことを祈るばかりであるが,今まで動物にマダニがついているのはよく見てきたがヒトについているのを見たのは初めてであった.


去年はマルガタゲンゴロウがそこそこ見つかったので今年も期待していたのだが今年は1匹のみ.環境が悪化したというより,彼らの隠れ家となる草の堆積物などが去年より少なかったので単純にこの田んぼに飛来していないだけだと思われる.


トウキョウダルマガエル?やアマガエル,マルガタゲンゴロウの幼虫の餌となるミジンコはたくさんいたので来年も期待したいところである.
ちなみにハサミコムシも2匹見つかったのだがデリケートな虫だったらしく,帰菅するまでに死なせてしまった.採れることが分かっていたらBOSSにどうすればいいか聞いておけたが,まあ今回は仕方がない.16時ごろ帰菅し,洗濯および昼寝ののちセンターに出向いたのだが,予想通り余りの疲弊ぶりになすすべがなく,食事をしてすぐに帰寮.

~・~・~

明日からまた隷属の始まりです.しばらく放置していたスライドの点検をしておかないといけません.





Posted by Impulse610 at 06:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。