2021年10月31日

2021. 10. 30-31 の人生

10. 30 朝にエアコンの点検をしていただく。風力が弱く、また部品を探して連絡が来るらしい。それから買い出し。見慣れぬ野菜?を買ってみる。昼を食べて出ラボし、シミのTEM観察。さいきん、切片のシワがひどくてどうしたものかと思っていたが、単に切片を少し厚く切るとその問題は解決できるらしいことに気づく。解釈は二転三転しているが、決定打は打てない。まあ打たなくても論文を書こうと思えばかけそうだが、できるならすっきりした状態にしたい。帰宅し夕食後にカレーを作る。

10. 31 朝に投票。結構人がいてびっくりする。前回の国政選挙まではへき地等級1級に相当する地域にいたのでまあ無理はないが、ちょっと導線に不安を感じる。まあ一回だけなんだしいいだろうとは思いつつ、出ラボして昼食を済ませ再びシミのTEM観察。だんだん観察を続けていくと、少しずつ模式図的な理解が固まってくる。そうするとどの発生段階を抑えればいいのかも絞り込めるが、また新たに試料作製をしないと駄目そうな気がする。そんな中、温室でとったシミを半数近く死なせてしまう。結局まだ一回も採卵していないところで死なせてばかりであり、なかなか難しい。帰宅、夕食後に昨日買った野菜?の半量を調理し残りは冷凍保存。  


Posted by Impulse610 at 21:57Comments(0)

2021年10月29日

2021. 10. 29 の人生

いつも通りに出ラボし、シミのTEM試料作製の続き。午後、エビ取りをしてから虫の世話をし、シミの続き。何とかノルマを切り終え、電子染色を施し、シミのTEM資料作成。観察しているときには納得した解釈であったが、いざ静止画を並べて比べてみると、おや、と思うところのあることに気づく。手元の試料をもう少し見比べた方がいいかもしれない。  


Posted by Impulse610 at 21:08Comments(0)

2021年10月28日

2021. 10. 28 の人生

今朝はいつも通りに出ラボ。朝ちょっと年末調整の書類を作り、以降は夕方までひたすらシミのTEM試料作製。帰るまでの間にシミの資料作成を進める。父親に連絡を取ってみたところ、ほどなく返事は帰ってきたが、それっきりである。現時点ではここまでが限界かもしれないが、今後回復していくことを期待したい。  


Posted by Impulse610 at 21:18Comments(0)

2021年10月27日

2021. 10. 27 の人生

昨晩はいろいろ思案してしまい寝付けず、朝はいつもより遅めに出ラボ。午前中を使い、副業の投稿を終える。自分の専門の研究とは全く関係のない、ふとした偶然により書くことになった原稿であるが、はたしてどうなるだろうか。午後からは別のもう一つの副業の原稿について見直しを進め、ボスに投げる。すっきりしてから本業をしようとしたのだが、あいにくグリッドが不足しそうであったため、支持膜貼り。その間に父親の状況を伺う。命に別条があるわけではなく、また基本的に至って健康であるのだが、コミュニケーションに困難がみられる。このような状況でもそれなりにショックではあるが、どうやら予想していたよりも悲観的な状態ではないらしいことに安堵(いろいろな出来事について、わりと最悪のケースを考えがちである)。リハビリを続けていけば回復が見込めそうな予感。支持膜を準備し終えた後は、シミの資料づくりを開始。TEM画像を並べていくとたいへん重くなってしまう上に、TEM写真のみだと部位の把握が難しく、プレパラートの像と併用する必要もあるのが悩みどころ。でもまあ、スケッチとかフィルム撮影するしかなかった時代よりは圧倒的に時短しているわけだから、それだけでもありがたく思うべきであろう。  


Posted by Impulse610 at 21:35Comments(0)

2021年10月26日

2021. 10. 23-26 の人生 

10. 23 主人および第一子のいる主人の実家へ向かう。2週間ぶりに再会した我が子の頭部形態は以前から大きく変形しており、だいぶヒトらしくなっていた。沐浴を始めて行うが、ベビーバス内に豪快に脱糞するなどして驚かされたものの、悲鳴をあげることなく割と穏やかに終わる。夜間になかなか寝付かない第一子の横で、主人がどれだけ大変な思いをしているのかの体験をする。

10. 24 夜勤明けの主人と交代して育児を担当。ミルクを飲ませるとか、おむつを交換するのは大丈夫だが、第一子は寝てくれない。さいきんはいつも日中は寝ないとのこと。仕方がないので、ヒトにおける大便のグラウンドプランや、イシノミについて語って聞かせたのだが、割と理解がよろしいご様子。面白いことに声を聴いているような感じがするのだが、これはきっと、第一子がまだ胚であったときにも似たようなことを散々言い聞かせていたためであろう。沐浴は昨日よりもスムーズであった。前腕の外部形態が沐浴に適していると主人は考察したが、妥当に思える。

10. 25 目が覚めてから昼過ぎまで育児。抱っこをしているとあまり泣かないので、そのままミルクを形成してみたが、結構腕に負担がかかる。帰る前に大量の大便を放ち、父親を驚嘆させる。帰る前からちょっと頭の痛い感じがあったのだが、帰宅していよいよ悪化。肩こりが主要因と思ったが、そんなことはなく、例によって脱水症状に陥っていたらしい。結局豪快に嘔吐するのだが、これこそオトナの嘔吐であると第一子に見せつけてやりたい気分であもあった。食欲もないので水分をたくさん補給し、ちょっとだけご飯を食べて即座に就寝。

10. 26 十分な睡眠と水分補給のおかげで無事に復活。先日、まさかの税金の滞納(自動振り込みがうまく機能しなかった)をしてしまったので、役場に滞納金をおさめ、その他の事務作業や買い出しを終え、昼前に出ラボ。イシノミをちょっとみたり、副業を進めたりする。帰宅し夕食後、父親が入院の連絡。詳しいことは伏せるが、かなり心配。無事に回復することを願うばかりである。  


Posted by Impulse610 at 22:04Comments(0)

2021年10月22日

2021. 10. 22 の人生

いつもより遅めに出ラボをして、事務作業をちょっと進めてからゼミに参加。ゼミ後、ボスに出張についていろいろとお話。とりあえず今回は成功裏に終わったので一安心。師匠にも出張に関連してやり取りを行ったりする。午後、卒研生による研究に関連するレクチャーをしてもらう時間が設けられ、最初の学生が先生役で話をしたのだが、想定していたのとやり方が違っていた。これはこれで今後の参考になるからよいのであろう。それから出張報告書を出したり、虫の世話をしたり、とってきたイシノミをみたり調べたりする。  


Posted by Impulse610 at 21:37Comments(0)

2021年10月21日

2021. 10. 21 の人生

サンプリング最終日。移動中に一時暴風雨に見舞われるなど厳しい天候であったが、雨が降ったりやんだりを繰り返していたため、雨の止んだ合間に集中的に探してみたものの、みつからずに終了。昼に立ち寄ったうどん屋が人気店だったらしかったが確かにうまかった。昼過ぎに帰路につき久々に帰宅。ちょっと買い出しをしてから中国料理屋に行って麻婆豆腐を食べて元気の回復を図る。  


Posted by Impulse610 at 20:51Comments(0)

2021年10月20日

2021. 10. 15- 20 の人生

10. 15 いつも通りに出ラボをして、シミのTEM観察をしてゼミに参加、卒研生の中間発表での反省を聞く。午後もTEM観察をしつつ、エビ取りや虫の世話、温室の土観察などをしていつもより遅めに帰宅。

10. 16 午前中にちょっとした工事で立会いを行い、その時に大家さんにエアコンについて相談。業者を呼んでみてもらうことに。それからちょっと買い出し。部屋のペンキ臭さに辟易したので(塗装工事中)、午後から出ラボ。採集計画について考えたり、温室の土をみたりする。早く帰って自炊。

10. 17 午前中何してたか忘れてしまうが、午後に出ラボ。残っている温室の土を見終える。過去一番の量をみたものの、シミの卵は見つけられず・・・野外ではもう産卵しないのかもしれない。この前追加した大きめのシミたちはずいぶんアクティブなので産卵が進むことを期待したい。

10. 18 イシノミサンプリングに出発。今回は海岸性のやつに的を絞って、いろいろな地域の海岸に突撃していく。目星をつけていた数か所を回ったのだが、敗北。夜間のサンプリングは日程の都合上あきらめ、次の地点へ移動。

10. 19 二か所目に突撃。しばらくするとイシノミが見つかり、サンプリングはひとまず成功。ここで1時間程度探して10匹程度捕まえ、昼食後に別の地点に移動して探してみたが、みつからない。はた目には似たような環境なのだが、微妙に好みに合わないのだろうか。あるいはもっと入念に探せば見つかるかもしれないが、滞在時間も限られているので、最初捕まえた地点で追加を集めることに。午前のところから数十メートル移動したところ、ポイントを発見。これまでで一番たくさんのイシノミをみつけテンション爆上がり。次にいつ来られるかもわからないので、できるだけたくさん採集。移動もあるので、少し余裕をもって次の移動に移る。

10. 20 三か所目にいってみるが・・・いない。ちょっと別の地点まで移動してみたところ、イシノミ発見。雨に降られて非常にストレスフルなサンプリングであったが、こういう時に成果があるとありがたい。昼を食べてから再び最初のところにいってみたが、駄目であった。あきらめて宿に戻るが、その道中に地元のスーパーなどに立ち寄り、すごい品物を見たり、すごい会話を聞いたりする。  


Posted by Impulse610 at 19:54Comments(0)

2021年10月14日

2021. 10. 14 の人生

今日も今日とていつも通りに出ラボし、シミを切る。同時並行でプレパラートの脱樹脂。一つしか用意してない試料を、操作ミスで傷つける。こういうとき、決まって見たい所が傷つくのである。幸いにも対構造なので片方は観察できそうだが、これまでこういうミスなくやってきたので落胆。夕方に温室にシミ取りに出向く。大きめの成虫 6 匹をとり、飼育個体のケースにぶち込む。土も大量に取ってきたが、卵を探しているときに酔ってしまい、1 つ目を見つける前に終了。  


Posted by Impulse610 at 20:55Comments(0)

2021年10月13日

2021. 10. 13 の人生

久々にいつも通りに出ラボ。シミの超薄切片作成と並行して、これまでに用意したプレパラートに脱樹脂・一般染色を施す。今日は3サンプル切ったが、いずれも絶妙に見たい部分からずれているような気がしてなんともいえない。脱樹脂したプレパラートは結構いい感じ。今日切った分の超薄切片は電子染色を済ませておく。ちょっと副業に動きが生じる。  


Posted by Impulse610 at 20:43Comments(0)

2021年10月12日

2021. 10. 9-12 の人生

10. 9 午前中に麻婆豆腐の自炊に挑戦。お気に入りの中国料理屋の味を再現したいと思うのだが、当然ながらそう簡単にできるものではない。午後に主人と第一子がいる実家に向けて移動。ちょうど本日第一子が退院するのだが、自分の方が早く実家に到着。寝たり起きたり排泄したりを繰り返しているので、おむつの交換やミルクの用意について主人からレクチャーを受けて実習してみるが、うまくいかない。親族に達筆な人がいるので、その人に命名の揮毫をしていただく。完成したもののクオリティの高さにびっくり。その横にミミズの張ったような自分の名前が記載されると思うと複雑である。

10. 10 第一子の育児の実践、必要な書類の確認、および里帰り期間中の研究優先の承諾を得るなどをする。ちょっとはおむつ交換に慣れてきただろうか。午後に沐浴に挑戦したが、ギャン泣き。導入したベビーバスが扱いにくいこともあり、うまくできないようだ。私も関わるべきなのだが、自身の前腕の形態学的問題により、沐浴そのものが実施できそうもないのでどうしようもない(ベビーバスを卒業したら活躍の機会があろう)。

10. 11 午前中、主人が就寝している間に第一子が泣き始め、ワンオペ実習が開始される。ミルクを温めつつも、温度上昇に時間がかかるため、まずおむつを交換。泣き止まない。ようやくミルクがいい感じになったので与えてみるが、あまり飲みっぷりがよくない(哺乳瓶の加える部分があまりよくないらしい)。ちょっと寝たと思っているうちに排泄をするものだから、またおむつ交換をするわけだが、変えているうちにも出してくるので大変。しゃっくりも出てきてしまい、寝付けない第一子はこの世の終わりのような形相で泣き始める。参った参った、としているうちに主人が起きてきて助太刀。やはり母乳を直接与える威力は絶大である。お昼を食べたあとに私は帰ることとするが、その前に主人とちょっと近所を散歩。入院して1週間近く動かないでいたためにかなり筋力が落ちてしまっているらしい。里帰り期間中に何とか回復していってほしいものである。さて帰宅した私には、出生届の提出という重要な任務が残されている。ちょっと時間的に厳しい気がするが、ぎりぎり間に合い、ここに第一子が正式に戸籍に登録される。夜には、晴れて主人から許可をいただいた、イシノミのサンプリングに向けての計画を立てる。

10. 12 いつも通りに出ラボしようと思ったが、睡眠時間が足りず、ちょっと寝てから出ラボ。実家にいる間にボスから送られてきた、副業の原稿についての連絡や、イシノミサンプリングのスケジュールの確定・予約作業に追われる。また原稿の英文校閲についても投げてしまう。今週中には投稿したいものだが、果たして・・・。  


Posted by Impulse610 at 20:58Comments(0)

2021年10月08日

2021. 10. 8 の人生

今朝もいつもより遅めに起き、洗濯をしたり買い出しをしたりする。出ラボをする前に役場で住民票を交付してもらう。ラボではおととい準備した染色液を使って3度目の脱樹脂チェックをしてみる。今までで一番いい感じに染まったが、エオシンが云々というより、筋肉の染色性がおかしいみたいという結論に至る。まあでも本業では筋肉はそこまで重要でないので、このままでもいいかもしれない。  


Posted by Impulse610 at 21:58Comments(0)

2021年10月07日

2021. 10. 7 の人生

昨晩は寝つきが悪かったので、朝は長めに寝て、役場が空いたころに向かい、今後お世話になりそうな場所を見学したり資料をもらってきたりする。それからエビ取りに出かけるがなかなか見つからず疲弊。その流れでちょっと副業に関連することをして、ある発見をする。買い出しをして帰宅、鶏むねをゆでて冷ましている間にラボに出向き、副業の原稿をまとめ、ひとまずボスにみてもらえる状態にしたところで帰宅、ボスに原稿を投擲。夜は実家および主人とのラインをやりとりして情報交換。なかなか忙しい。  


Posted by Impulse610 at 22:20Comments(0)

2021年10月06日

2021. 10. 6 の人生

さて本日はいつも通りの出ラボを実行してみたが、どことなく腰が落ち着かない感じ。まずボスに出産の報告をし、恩師と出産の情報を知っていた方(1名)に報告メールを書く。それから副業の原稿を一部書き直したり、脱樹脂に関連した組織学のプロトコル・試薬を調べたりする。試したい染色法はすでに3年前に一度挑戦したことはあったが、その時とは固定法も異なるので、どういう染まり具合になるのかわからない。とりあえず試薬が発掘されたので液を調整するも、脱樹脂の工程が間に合わないので明日以降に試してみることに。原稿は一進一退を繰り返し、それなりの内容に落ち着いたような気がする。ちょっとだけ下見をする必要がありそう。帰る前に新たな公募戦士の戦いに向けて準備を始める。書いたかどうか忘れたが、すでに先月出した公募の一つは不採用通知が届いている。もう一つも締め切りから3週間がたとうとしており、きっと面接候補者には連絡がいっているはずだが、自分のところには来ていないので不採用なのだろう。3つ目に関してはあと1週間くらいの間に連絡がなければ多分ダメだが、まあ多分来ないだろう。今それなりに無理をすると、運が良ければ業績が2つ増える可能性があるが、あえて増やす必要があるかどうかは何とも言えない(業績があっても落ちるときは落ちるらしいが、そんな状態になったことはない)。それなりの金を積んで、サクッと出版できる雑誌に出す手もなくはないが、できれば投稿費用は別のことに使いたいし、そもそも研究内容が副業であることから、費用対効果に見合わない(副業はできれば諸費用がかからず、かつオープンアクセスのところに出したいと思っている)。ただ、本格的な育児が始まれば落ち着いて研究するのも大変だろうから、稼げるうちに稼ぐのは必要な戦略とも思う。育児の勉強や準備もしないといけないが、比較的自由が利く今のうちに研究の蓄積もためておきたいところだ。  


Posted by Impulse610 at 21:24Comments(0)

2021年10月05日

2021. 10. 2-5の人生

10. 2 いつもよりちょっと遅めの出発。本日は代替実習の昆虫採集編ということで、所属機関近くの河川で水生昆虫および陸上昆虫の採集を午前中に実施。前日に結構な雨が降ったので川は多少濁っていたものの採集できないほどではなかった。陸上ではあまり多様な昆虫がみつからなかったものの、展翅用のチョウ・トンボは集まったのでよしとする。道中の移動の際、車に学生を1人乗せたのだが、結構研究に興味があるようであったのでいろいろと話す。戻ってきて昼食を済ませ、午後から昆虫標本作成。その時、ミルンヤンマを採っている学生がいたことに気づき、許可をもらって標本にする前に少しみさせてもらう。夕方に、先日の調査登山で記録してもらった植物のフェノロジーの記録を共有。

10. 3 午前中はゆっくり休み、洗濯、買い出しをする。買い出しを終えたころ、主人から重要なお知らせが届き、急いで帰宅し超速で自炊を済ませ昼食。それから大急ぎでラボに向かい(無謀な移動をしたわけではない)、飼育している生き物に必要な処理をしてとんぼ返り、それから主人の実家へ。あえてこれまで書かなかったが、主人は出産予定日を数日後に控え、里帰りをしていたのであった。残念ながら実家に到着するちょっと前に入院してしまい、タッチの差ですれ違ってしまったのだが、仕方がないので実家で過ごすことに。夕食を作っていただき、持ってきた果物を食べ、お話をしたり、絵を描かされたりする。いつ出産が始まるかわからないので立ち会えるよう準備をするが、今日中には連絡は来ず。

10. 4 朝、午前中に処置が開始される連絡を受ける。それから病院まで送っていただき、立ち合い前にまずはコロナが陰性であるかどうかのチェックを受ける。鼻にグイっと棒を入れられたがずいぶんしんどい。結果、陰性であったため院内への立ち入りが許可され(現時点では配偶者にのみ立ち合いが許可されている)、主人のいる部屋に通される。詳細は割愛(基本的に主人に関わることなのであまり自分のブログで書くべきではないということです)するが、夕方になる前に第一子が出産される。その瞬間は一生で何度も経験しないような感慨を覚えたが、主人がそのあと結構な出血をして、それに関連した手術でしんどそうにしていたので、非常に複雑な心境になる。第一子の命名に関連しては、3つの候補を用意し、出てきてから決定しようと合意を得ていたのだが、決定の根拠となりうる事実が明らかとなったため、ほぼ確定する。夕食を食べるところまで立ち合い、若干元気を取り戻した主人および先に新生児室に連れられていった第一子を残し、実家に送っていただき戻る。夜にまたお話をしたりして就寝。

10. 5 昨日は9時間くらい立会いをしていたこと、立ち合いそのものがかなり緊張感のあるものであったため、極度に披露し昼前まで寝ていた。簡単に食事を済ませ、昼過ぎに出発し帰宅。その際にちょっと寄り道をしてこれからの私たちに関連することがらについて、公的機関に聞いてみたりする。家では保育園に関連することを調べる。自身が特殊な立場にいるため申請に苦労するのではと懸念しているのだが、最近、ちょっとやりやすくなったらしい。  


Posted by Impulse610 at 22:00Comments(0)

2021年10月01日

2021. 10. 1 の人生

わが任期も折り返し地点に差し掛かったものの、昨晩はさっそく公募不採用通知をいただき、未来はあまり明るくない。
今朝もそれなりに眠く、出ラボをして蟲の世話をしてからシミのTEM観察。ちょっとみてからゼミに参加し、卒研生1名の発表練習。スライドもまだまだ改善が必要だが、発表そのものの練習もそれなりにしてもらった方がよい感じ。最初はしんどいのでいろいろとしんどいと思うが、愚直にやっていけば力はついてくるはずなので頑張ってもらいたい。午後も引き続きTEM観察をしたが、サンプルの状態が思わしくない(切片のシワで肝心の構造がよく見えない、しわはなく切片はいい状態なのに固定が悪いのか見たいものがよくわからない)。時間をかけて観察することはやめて、プレパラートの脱樹脂第2弾を実施。前回は充分に樹脂が溶かせていなかったので、今回は倍の時間脱樹脂してみたが、樹脂の落ち具合、ヘマトキシリンの染色具合は確実に改善。しかしエオシンが全然入らない。ここをクリアできれば、エポキシ樹脂切片につきものの染色の問題から解放されるのだが・・・それからちょっと原稿をいじって、いつもよりちょっと早めに帰宅。  


Posted by Impulse610 at 20:43Comments(0)