2015年12月19日

life of 19.12.2015

7時起床半出発,朝ご飯を食べて8時20分ごろから11時頃まで卵をいじって生きる.おなかが減ったので早めにお昼を済ませ12時ごろ買出しへ出かける.


昨晩まとまった雪が降ったこともあり,下界への近道は真っ白.でもこんな恐怖区間はごく一部である.

食材を買って4577円(うち間食代:おかし600円,りんご19個で777円,カップスープ系17回分で500円,バナナ3房150円,ドラゴンフルーツ投げ売り60円,ココア2袋400円,低脂肪乳100円,ガム200円),ガソリン代は2099円かかる(燃費が過去最低のリッター13.6キロ程度になってしまった...).必ずしも1週間ですべてを消費するわけではないのだが,間食代が総額の半分以上を占めているのは好ましくない.胃のことも考えて危ないものは買わないように心掛けてはいたのだが,雪山に暮らすせいか,ついつい余分に買ってしまう.リンゴ・カップスープ・ココアはその典型である.
ただここからわかるのは,間食を抜きにすれば1か月の食費は1万円を下回るということだ.

一ヶ月の食費を6000円以下に節約するコツを具体的に公開【一人暮らし編】 - ハンバート友幸の庭

弊奴隷は特に意識しなくても,この記事に載っている食材を気がつけば購入しているし,外食もコンビニも自販機も(このまえセンターに登場)自発的に利用することが滅多にない.今は胃が食事をあまり受け付けない.昨日のうちに気が付いておくべきだったのかもしれないが,これを機に,食費節約の奴隷となりたい.
そんなくだらないことを考えながら帰菅し,さっそく自炊に取り掛かる.寒くなってからというもの,延々と野菜スープを創成し続けているのだが,キャベツと大根がメインだった具材に木綿豆腐・卵・ほうれん草・サバ缶・まぐろ缶からなるたんぱく質が投入されることで栄養価が高まる.8食分作ったが,材料費が400円に満たないので1食あたり50円程度で済んでいることになる.とまあ日々の食事に関してはこだわりの方向性に問題があって安価で済んでおり,胃に負担がかかりそうにも見えない(再発の要因は日々の食生活ではなく,間食と11月下旬から数回あったイベントによる食べ過ぎのせいだろう).

ふと,このブログで日々の食生活を書き連ねていこうかなと思い立った.ひょっとしたら何かに役立つかもしれない.
朝食:味噌汁(キャベツ,大根,コンニャク,ほうれん草,ニンジン,チンゲン菜),もち2個
間食:おかき2個,いもけんぴ→食べてしばらくして胃が痛くなる
昼食:お茶漬け,梅干1個,たくあん1切れ
間食:クリケット(ビスケット),ココア1杯,おやき(かぼちゃ)→食べてしばらくして胃が痛くなる
夕食:味噌汁(キャベツ,大根,ほうれん草,卵,魚の破片,木綿豆腐),ご飯1杯,納豆,りんご1個→胃というか食道の中央部分?に遠い痛みがある

この間食をもっと減らし,ゆくゆくは消滅させていきたい.



Posted by Impulse610 at 19:21│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。