2015年09月30日

カワゲラの奴隷の海外進出

9-21
無事にセンターのオフィスでパスポートを発掘.

9-22
真夜中2時を過ぎ誰もが眠りにつく夜に一人で連れ立たず山奥を飛び出し帰省.ろくもん号ことアルトワークスでは初の帰省となる.燃費がリッター20キロを超えガッツポーズ.
夕方に川崎に出向き,中古のソフトテニスラケットや海外旅行グッズなどを買いそろえる(もちろんちゃんとしたものなど買わずなるべく安く済ませる).

9-23
お昼頃から秋葉原に出かけて両替をしたり秘封渉猟をしたがメインはパソコンの吟味である.今使っているPCも5年目に突入し,そろそろ世代交代の時期かと感じていたのだがそう簡単に買うわけにもいかないので見送り.

9-24
徒歩で羽田空港をめざし,預け入れ荷物の無いまま搭乗.懸念していたポスターも無事に機内に持ち込め事なきを得る.事前に青空文庫で「人 生」をキーワードに採集しまくった文章や『人間失格』を読みつつこの先訪れるに違いない人生の不幸に思いをはせる.1回乗り継ぎをしてドレスデンに到着,先発組と無事合流を果たす.

9-25~9-27
国際昆虫系統学会議に参加.悲しいことに何をいっているか全然聞き取れず,内容の理解をとっとと諦め「わからないとは何か」などを考える始末であった上に,ポスターセッションでも自分がポスターの前で誰か来るを待っていても誰も現れず,唯一得られた説明の機会にも粉々に砕け散った英語のオンパレードで死を感じつつ,そして質問を理解できず,惨憺ここに極まった.前回の会議では参加していたというカワゲラ研究の世界的権威たるDr. Zwickの姿も見えず,多くの研究者同士は既に形成されている彼らのコミュニティでのディスカッションに花を咲かせている様子で,カワゲラの奴隷をして,国際的な孤立を堪能するのにこれほど潤沢な環境は他には無いと感じせしめたのであった.
さて,せっかく高いお金と時間を費やしてドイツに行ったのにこれで終わる人生は若干物悲しいのだが,得られた成果をきれいにまとめようと思ってもこれが精いっぱいである:自らの英語力の低レベルさ・昆虫学の知識の欠乏・対人コミュニケーションの重要性の再確認
いまひとつ予想外なこととして,先輩方がダウンしてしまったことと,それに関連して現地の人から『食うな!』と言われたポテトサラダをすでに間食していたのにもかかわらず平然と人生を送っている奴隷の存在があった.

9-28
帰国.とりあえずみなさま復活していたようで一安心.奴隷だけ帰りの飛行機が別なので途中フランクフルトで別れ,待ち時間を利用して市街地に赴くなどして生きる.


ドレスデンの旧市街の景観もまた素晴らしかったが,それに比肩して私の心を揺さぶるのはこういう類のポスターだったりする.

9-29
例によって羽田から徒歩で実家に帰省したのはいいが,悲しいことに誰もおらず4時間近く待ちぼうけ.土手で睡眠をとって不法居住者の人生に想いを馳せたり,かつての小中学校の通学路を歩いて豹変した景色に人生を考察したりして過ごす.仮眠して22時過ぎ帰菅したのはいいが,実家を出て1分もしないところで目測を誤りろくもん号をぶつけてしまう.歩くような速度だったこともあり廃車するほど哀しい事態にはならなかったが,左側のライトのすぐ横あたりに哀しい傷がついてしまい,左フェンダーが歪んでしまった.以前の車をぶつけた時もそうだったが,結構ショックが大きく,これが夢であってほしいと願わずにはいられない.樹脂の部分は傷ついてもあまり気にならないが,ボディの部分は直すのが大変そうであるとか錆のことを考えると辛い気分になる.

9-30
3時半ごろ上田着,4時頃帰菅,4時半就寝.初めて碓氷峠(旧道)を攻めてみたのだが,カモシカ1頭,ニホンジカ4頭(1♂1♀2こども)に遭遇し心躍った.とくにオスジカは目に入った瞬間,両手を上げた大人が歩いているように見えて心臓が止まるかと思ったほどであり死を感じたものであった.今思うと,こういう激しい山道で無事でいられるのになんてことない平凡な下町の曲がり角で車をぶつける人生とはいったい何なのだろう.
お昼ごろに目が覚め隷属を復帰する.いよいよ石の下から悪魔が這い出す季節が到来(≒ミネトワダ成虫出現)しまたいっそう厳しい隷属が強いられることを思うとつらい気持ちになるが,もうどうしようもない.20時半帰寮.

~・~・~

ドイツ出張も終わったので懸念事項が無くなりました.これで心置きなくカワゲラに隷属できればよかったのですが,10月は結構忙しくなりそうで,また情けない不注意のせいで車もどうにかしないといけません.金があれば直ちに解決するでしょうがそういうわけにもいきません.今回はとりあえずサビほど深刻ではないので自分で鉄板や塗装を復元させる人生を歩むことになりそうです.



Posted by Impulse610 at 06:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。