2015年04月08日

ぜんぶ雪のせいだ。~雪に敗北した旧規格軽自動車~

今朝は4時起床,予定より30分ほど寝坊したこともありやや焦り気味に寮を出た瞬間に降雪の事実に直面.センターで朝食を済ませ,意気揚々と出発したのはいいが国道へのショートカットルートでかつて経験した冷や汗もののスリップを体験.エンジンブレーキだけでこのすべり具合,ただ事ではない.しかしその時はまだこの判断に自信を持てず,のちに迫る悲劇を食い止めるには至らなかった.
峠道は順調にくだり,市街地へ向けて降りていく其の序章,見通しの良い一本道の下り坂で人生の歴史が動いた.もはや詳細な記憶は定かではないのだが,40~50キロくらいで走っていたところ,突然?車がスリップを始めた.制動が効かずどんどん左側に流れていく車.さっきは冷や汗をかいたものの事故に至ることは無かったのだが,どうやら今回はそういうわけにはいかなそうである.どうすることもできず,滑りゆく車に人生を託したわけだが,ほどなく看板のような構造物に運転席側のドアがドカンとぶつかり,進行方向とは反対側を向く感じに車が止まった.この時右腕や頭も強く打ったようで,一瞬記憶が飛んだような気もして,ああこれが夢であってほしいことよと願ったものであったが,これが目を背けられない現実であった.


ドアは大きく歪み,サイドミラーは硝子もろとも消えてしまった.フロントガラスはすっぽり取れてしまいもはや笑えるレベルである.外から見た瞬間に修理は無理だろうなあと短いカーライフを回顧し他のもつかの間,こういう時の行動に慣れているわけではないのでとりあえず保険会社に連絡を入れる.レッカー車がやってくるらしいので,そのあとに警察に連絡.待っている間にも,1台の車がレッカー車に載せられていくのを確認.今日はそういう日なんだろうなあと思っても今となってはどうしようもない.警察の方との立会いを終え,レッカー車に火キットてもらったところでようやく一息いれることができ,ここでBOSSや両親に連絡を入れる.BOSSにはお忙しいところ私や荷物のピックアップや病院への付き添いなどもしていただき本当にご迷惑をおかけした気分になるが,360度スリップした逸話を伺うなど,雪のトラブルは誰でも経験することである,今回は不幸中の幸いである,などとのお勉強をすることにもなった.
さて怪我の方だが,ガラスで指を切ったのと,ぶつかった時の衝撃で右上半身と頭に打撲を受けたものの,深刻な状態ではないようである.風が吹けば倒れそうになり,一度正面衝突でもしたらすぐ天国に行けそうな我が車の,最期の活躍に救われたのかもしれない.8か月しか乗れず,しかもいつまでも何らかのトラブルを抱えている困りものではあったのだが,,失ってしまうと悲しいものがある.


ああ,これがこの車にとって,最初で最後の(昼の)宝篋山だったのか...


ちなみにこちらは遺影である.

こうしてお昼前に菅平に戻ってくることができ,保険会社や旅行先のあれこれの手続きに追われ,それがひと段落してからなんと研究室HPの編集をしたり,水曜日恒例の英会話に参加して20時前までラボで過ごしていたのである.我ながら事故を起こした日に平然と日常生活を送っていることに唖然としたものだが,これにはそれなりの訳もある.おそらく事故を起こした直後ということもあり,あまり傷みが出ていないのかもしれない.なら,活動ができるうちは活動をしておくべきではないか.カワゲラの隷属により思考体系も随分と蝕まれてしまった哀れな人生ともいえるが…

終始一貫して冷静でいることに自分でも変な感じがしたものだが,そんな中でもただ一つ,どうしようもなく虚しい気分になったイベントがある.それは採集道具の荷解きをしていた時に襲ってきた.昨日あんなに張り切って準備した荷物を,全く使わないで今戻しているこの現実はどういうことなのか.本当なら今頃はレンタカーを手に,チビノギカワゲラのタイプロカリティで探索をしている最中ではなかったのか.ああ,カワゲラの奴隷としての生きざまを奪われたこの私はなんてみじめなんだろうか...

あと一つ興味深い点としては,上に挙げた自己画像をtwitterにアップしてみたところ,やはりネタとして消費されているような印象を感じたのであった.もちろん私の方でも今回の事故は我が人生におけるトップクラスのネタであることを自認しているし,だからこそツイートしているのであって,そのことに嫌悪感は無いわけだが,率直に言って,お気に入りをしたりリツイートをしたりした人の中でこの出来事のリアリティをどれだけ感じているのだろうかな,くらいには思う所があった.twitterもこのブログも見ている人がどれくらいいるかは知らないが,何かのご縁もあるだろうから,悪いことは言わない,他人に最小限度の迷惑をかける覚悟で,一度雪道でスリップしてみることをお勧めしたい.制御不能に陥った時の絶望感,ぶつかった時の衝撃,変わり果てた車の姿,破たんする計画…知らないに越したことは無いかもしれないが,知ってみると味わえる境地というものも有るようだ.

~・~・~

明日はおそらく体中が痛くなって動けなくなりそうなので,大人しく休みます.研究が停滞してしまいますが,不完全なコンディションで進める研究に意味があるのかを考えると,焦っても仕方ありません.え,論文は体が痛くても読めるって? その通りですね!

ちなみに,予定していた京都採集旅行についてですが,来週やり直ししようと思えばできますが,来年に持ち越しするつもりです.1年待たなきゃいけないのが辛いところですが,もはやどうしようもありませんね...



Posted by Impulse610 at 05:40│Comments(5)
この記事へのコメント
大怪我を負っていなく、安心しました。
お大事になさってください。
Posted by さかなくん at 2015年04月08日 23:30
いつか冗談で言っていた、610さんがロードキルになるということに
ならなくて、本当によかったです。ゆっくり休んでください。
Posted by tuba at 2015年04月09日 08:34
>さかなくん
今回軽傷で済んだのは本当に幸運だったと思っています.

>tuba さん
ミイラ取りがミイラになるような事態は避けないといけませんね.

>all
お騒がせしました.以後気を付けます(同乗者がいるときはなによりも安全第一で走ります).
Posted by Impulse610Impulse610 at 2015年04月09日 19:46
こんばんは。
軽率な行動をとってしまい、申しわけありませんでした。

私自身、この春に免許を取得しましたが、免許取得にも苦戦するほど、運転が不出来であり、取得後の運転でも、危険を感じてばかりです。
まして、雪道の悪路の運転など、もし自分だったらと少し考えていれば、あのようなことはするべきでなかったと、すぐわかることでした。

今回の先輩の件を、脳裏に刻み、自分もこれから安全運転ができるよう心がけるようにいたします。

お身体の一日も早い、ご回復をお祈りしております。
Posted by rvstone313 at 2015年04月09日 22:19
>rvstone313 さん
そんなに申し訳なく思わなくても良いですよ.まあ私も,ぶつかってしばらくの間は,これが現実じゃないことを願っていましたからね,写真だけ見てリアリティを想像するのは大変だと思います.

事故は起こしてみないと分からないこともありますが,現実的に起こさないで生きていけた方が幸せでしょう.私のように車を失うことの無いような運転を期待しています.
Posted by Impulse610Impulse610 at 2015年04月10日 21:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。