2014年11月22日

без названия

今朝は8時半起床、9時半出発。あまりエンジンが入らないのはきっと眼鏡紐が切れてしまったからなのだろう。そのことを忘れて2度も眼鏡を落としてしまったが、やはり紐が無いと我が研究人生は送れそうもない。午前中はミネトワダ卵の固定を行い、お昼過ぎに天気が良かったので鳥見に出たがツグミくらいしか見つけられず終わる。そういえば本日の最高気温が11度であったのだが、10度を超えたのは10日ぶりのことであった。その後カワゲラ卵の電顕観察を行い、要求されたデータを得る。あまり丁寧に作業をしたとは言えず、ゴミが目立つサンプルを創成してしまったことが悔やまれる。本日は常法の他に生卵でも観察可能な方法を試してみたのだが観察は能はず。これがうまくいくようになると、常法では梅干しみたいになってしまうNemouroideaの卵形態の観察に光が見えるのだが…夕食後星見に外に出たがよく見えず撤退。もっと夜が更けたほうが良さそうだということで時を改めることにし、20時半帰寮。今週末には干し柿づくりと剃髪を行わないといけず、今晩は頭を丸めるつもりだったが星見に予定変更、ダムまで降りて寒さに凍えながら天体観察に興ずる予定である。


と言うことで22時前に菅平ダムで南側の星空観察を行うのだが、車で堰にきてほどなくして向こう側にある事務所の電気が点いた。もしかしたら不審者を監視しているのかもしれない。ここは見晴らしが良くて車の明かりの影響もある程度避けられる場所なので星空観察にもってこいだと思っていたが、ダムの管理者に目を付けられてはいけない。ここで引き返す行動も怪しいと言えば怪しいのだが、他になすすべがない。どこか別の場所に移行か逡巡した結果、菅平の夜景を見に行るべく大松方面へ出向く。




都市部に比べるとかわいいものだが、高原の平坦な部分に人口が集中しているさまがなんとなくお分かりいただけよう。ちなみに菅平の人口は1000人を超えるくらいである。
寒くなって寮に戻ってtwitterを眺めていると、ダムにいた頃長野に大きな地震が起こっていたことを知る。野外にいたせいか全く感じることができなかったのだが、果たして菅平はどのくらい揺れたのだろう。ひょっとしたら事務所の電気が点いたのは地震のせいで、610の存在はばれていなかったかもしれない(※ダムでの撮影はおそらく合法的な範囲で行っております)。部屋の様子に変化を感じられなかったので、研究人生が絶たれるような深刻な影響は無さそうである。

~・~・~

明日は朝に鳥見をしたいですが、星見をした後に早起きするのは苦行かもしれません。日中は眼鏡紐をはじめとした買い物に下山する予定ですが、それ以外はカワゲラに隷属です。スライド第3稿を完成させたいところです。



Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。