2014年03月31日

南半球への憧れ

昨日は6時40分起床、9時ごろ研究室に出発、いつものようにカワゲラの様子見をしてから観察をしたり文献に眼を通したりする。
カワゲラ目は南半球にいるミナミカワゲラ亜目と北半球にいるキタカワゲラ亜目の2亜目に大別できるのだが、何となくミナミカワゲラ亜目の方を調べていると非常に実物を見たくなってくる。
http://www.insecta.bio.spbu.ru/z/excursio/Chile2011-2012/Chile-04/Chile-04.htm
ロシアのカゲロウの研究者?がチリに出向いたときの報告に、とても素敵なカワゲラが写っている。Diamphipnoaで検索をかけられたい。
http://collections.museumvictoria.com.au/imagedisplay.php?irn=344754&reftable=ecatalogue&refirn=1004769
http://collections.museumvictoria.com.au/imagedisplay.php?irn=347684&reftable=ecatalogue&refirn=1004770
カワゲラの中でもっとも原始的とされているEustheniidaeという科のタイプ標本が閲覧できるのだが、こんなカラフルなカワゲラがあるものかと驚嘆する。日本のセンスで言えばムラサキトビケラを彷彿とさせる翅の色合いである。

午後は菅平でどんなカワゲラが棲息しているのかまとめられているリストに眼を通したり―日本に9科いるカワゲラのうち7科がいるらしい―昆虫の胚発生に関する邦文を読んだりした後、山を下りて住民票の移動をしようと思ったのだが…転出証明書が必要なことが発覚。後日で直す必要があるようだ。

夜にはせっかくだからということでカワゲラの卵を顕微鏡下で観察してみたのだが、残念ながら死んでしまっているらしい。ということは卵の保管というか飼育を改善しなければならない。今のところ死卵でも研究に利用できそうだから問題ないのだが、もちろん正常発生を続けて孵化してもらえた方がありがたいことには変わりがない。

~・~・~

明日から2014年度の始まりです。色々な係決めがあるらしく、下っ端の610がどういう扱いを受けるのか注目です。



Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。