2013年12月31日

年納めの六郷散策

今朝は8時50分起床。早起きしようと思っていたのに眠すぎて断念。とりあえず目を覚ましてからブログの執筆にかかる(追記)。
流石に朝の鳥見は出来なかったので笹螽ヶ原に出向きトノサマバッタたちのもとへ顔出しに出向く。


やってきてほどなく発見。後肢が片方取れてしまっているのが残念だが今日まで生き永らえているのだから素晴らしい。本日はこの1匹しか見つからず。






ホシササキリは成虫幼虫含めて6匹くらい見つかった。耳を澄ませると鳴き声も聞こえてくるのだから面白い。


にらめっこしてみたが、ピントを合わせるのがたいへんだ。


ちらっと鳥見ポイントにもやってきたが、やはり昼間はあまり数が多くないらしく、ほどなく撤退。


その後近くにあるミゼットを見に行く。こんな古臭い車が現役で走っているのだから素晴らしい。ちなみに私が地元にいたころ、しばしば実家の目の前にこのミゼットがやってきて、ベンベンベンベン…という他の車からは聞こえてこない不思議なエンジン音を響かせてやってきたのを確認しては見入っていたことがあった。

どんな音で走るかは、この動画をご覧いただければお分かりになろう。詳細は秘密だが、この動画のどこかに実家が一瞬写っている。しかも今の風景とはだいぶ違っているところも多く、非常に懐かしい。そういう意味でも非常に貴重な動画なのだが、こういうものの価値はおそらく地元の方にしかわからないだろう(旧六郷土手駅の遺構がちらっと写っているあたりは、年配の方か鉄道好きの人にしかわからないかもしれないが)。

いったん帰宅し昼食の後、ヘブライ語の課題に取り組む。和訳に難があるのだが、手元に聖書が無いからチェックできない。

さて15時に再び土手へ出向く。




オナガガモは相変わらず恰好の被写体だ。


まぶしそうなオスの表情がいい。


おじさんから餌をもらっているときのこの顔!


一本足でたたずむセイタカシギと、2本目の足をぶらぶらさせているセイタカシギ。




セイタカシギとは趣の異なるシギ。アオアシシギだろう。おねむの様子だがなかなか寝付けないようで眼はずっと開いていた。


テトラポットの上にたたずむアオアシシギとセイタカシギ。

鳥見を切り上げ、大晦日の夕陽の撮影に出向く。昨日よりも富士山がかすんでよく見えず不安だったが、陽が沈んでいくにつれてよく見えるようになった。


ここは六郷ではなく大師河原と呼ぶのが相応しいところで、富士見のポイントだったりするのだが、潮が満ちていると色々な制約があってあまりよく写せないのだが、本日もご多分に漏れず満潮に近い時間帯だったのでご覧のとおりである。


誰も来ないだろうと思っていたのだが、おじさんがやってきた。まあ初日の出よりは圧倒的に人が少ないのだから気にすることもなかろう。ただ、こういう場所で一人夕焼けを見るのは非常に心地よいことでもある。

~・~・~

というわけで、夕食後は六郷温泉でゆっくりしてから、テレビを一切見ないでとっとと寝てしまおうと思います。
初日の出は人が多いので今年はパスするかも知れません(なんというか、撮影意欲が湧かないのでまず起きられないでしょうね)。とりあえず元旦ラベルにある昆虫の採集には出向こうと思います。あとは・・・ロシア語でもやっていようかなあ・・・

さて本日で2013年が終わります。簡単に何があったか振り返ってみます。

1月
・やどけん新春暴走遠征(研修所のシミに発狂)
・守谷でマイマイカブリさがし с Намой (ウサギとフクロウとシマヘビ幼蛇)
・井の頭動物園 с Катей
哺乳類に目覚める

2月
・陸域生物学実習 в 菅平(ミヤモトクロカワゲラをインキュベーターにぶち込む、鳥見と足跡探しの楽しさに目覚める)
・ウシガエルとカイウサギの骨格標本作り(ウサギは美味だった)
・やどけんでスネークセンター и 渡良瀬遊水地 с Намой、Yさん/Y君、Mお嬢(謎のマシン、アカガネとオオヨツボシ)

3月
大東避行
→ダイトウオオコウモリ、ダイトウコノハズク、ダイトウマメクワガタ、イソヒヨドリ、シロアゴガエル、コウライキジ、イタチ、七面鳥、フタホシコオロギ、オガサワラゴキブリ、オガサワラヤモリ、ホオグロヤモリ、ダイトウヒメハルゼミ、コガタノゲンゴロウ、ヒメフチトリゲンゴロウ、トビイロゲンゴロウ、ハイイロゲンゴロウ、ハラボソトンボ、アカナガイトトンボ、ギンヤンマ、ヒメイトトトンボ、ハマヤマトシジミ?、モンシロチョウ、シロオビアゲハ、タテハモドキ、アオタテハモドキ、タイワンカブトムシ、ミヤコヒキガエル、オオヒキガエル、スッポン、ブラーミニメクラヘビ、・・・
※付属編:やんばる紀行
→ウシ(骨)、ハブ、ヒメハブ、アカマタ、ガラスヒバァ、オキナワキノボリトカゲ、オットンガエル、リュウキュウコノハズク、オオゴキブリ、ニシキエビ、カワゲラ、オカヤドカリ、イボイモリ、シリケンイモリ、ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、・・・

4月
・3の矢学生宿舎に入居
7日にムカシトンボ成虫を採集
サンスクリット、ヘブライ語、イタリア語、満州語、ウクライナ語の学習開始(最初の2つ以外は挫折)
・ラトビア人留学生やどけんに現る(インガさん)
・豊富な新入生に恵まれる
・大洗でヒラムシ採集
毎週水曜日は和服登校

5月
・インガさんと宝篋山でムカシトンボデート❤(※使用言語:ロシア語)
・ハブの皮剥ぎ標本(吐き気を催すにおい)
ハッチョウトンボに遭遇

6月
・筑波山キャンプ(タゴガエル、ツクバハコネサンショウウオ、ヒメマイマイカブリ、ヤマカガシ、トラツグミ、イシノミ)
・高校の後輩の宝篋山訪問(ヒバカリ見つからず)
・とある高校で標本作りの指導(菅平ラベルのミヤマモンキチョウ!)
・ヒヌマイトトンボ少なめ
シロマダラ宝篋山にて発見の一報で発狂

7月
・やどけんヒヌマ観察会(К君トビハゼゲット)
・標本作り講習会
・第1回解剖パーティー в 610家(ハクビシンは失敗、アカマタの皮剥ぎに成功、ウシガエルの解剖)
・博物館実習 в 観音崎(実習は楽しいが、君主-奴隷制が…)
・虫採り実習 в 菅平(カカトアルキに対峙、暗室でセイヨウシミ吸引パーティー)

8月
・610家にシロマダラ登場
・今年も健在クツワムシ
・やどけん夏合宿 в 針江(イノシシ頭骨、イシガメ、シカ、ヤマビルetc、『厄介なお嬢様』)
・下田で実習(アカギカメムシ、オカダトカゲ、シマヘビ、イシノミetc、A氏とのブラックすぎるサシ飲み)

9月
・虫捕り実習 в Петербурге
→Ytowさん来ず、Людмираおばさんの家でホームステイ、日中韓の学生ばかりのクラス、100ドル両替できない問題、動物学博物館で発狂、素晴らしきШуваловский парк、ルリボシヤンマ属手づかみ、墓荒らしでマダラコウラナメクジ、お高い教科書、ロシア語の生物学関連書籍のimpulse buying、動物園、オサムシ、海岸、ムツアカネの産卵シーン撮影、奇形胎児のエタノール漬とゲエズ文字で書かれたエチオピア正教の資料 в クンストカメラ、2日間にわたる勝負の末無料で入れたエルミタージュ、間近でリスの観察、メススジゲンゴロウ、サーティフィケートの発行問題、対応がものすごくいい加減なプルコヴォ空港の係員、仁川で長い待ち時間、何事もなく帰国
・我が家にイエヒメアリのアジト有

10月
ロシア政治再履修
・哲学カフェ
・やどけんで八溝山へ(タカチホヘビ、ヤマネ、ガロアムシ、ムカシトンボ、死のバック30分耐久レース)
・文サ館にツミ幼鳥迷い込む
・台風上陸→休講(桜川氾濫)
・イタチの新鮮な死体入手
・雨で流れたムサビ訪問&漁師体験

11月
・葬崩災前日準備(→新鮮なタヌキの解剖&試食)
・葬崩災(去年より人数大目?、ヘビは人気、『これって本物ですか?』、展示が良いと絵はがきが売れない、ロシア語で説明する試練、なぜか午前6時まで続いた打ち上げ)
・マジキチ干し柿おじさんの干し柿工場(以降第3弾まで続く)
・日原でガロアムシ探し с Намой(数多くの成虫+ハコネサンショウウオ生体)
・部室の大掃除(聖書発見、バイオハザード演習、かなり片付く)
Mお嬢突然の帰阪(彼女は610のこころを何回揺さぶったことか…)
・毎週恒例宝篋山訪問(水を抜いた池に嵌る、コオニヤンマのヤゴ発見、イノシシの足跡・ヌタ場)
・漁師体験(網に引っ掛かったカワウ、ハクレン、霞ヶ浦定食、陸平貝塚)
・カワラヒワの死体入手(剥製?)
・ヒミズの骨格標本作り(骨を溶かし過ぎて失敗)

12月
・鳥見本格化
宝篋山訪問通算100回突破
・やどけん代替わり会(610家で7時過ぎまで哲学談義)
・アキアカネ22日まで存命
・第2回解剖パーティー(イタチとアジの骨格標本作り)
最終決戦、生物多様性情報学lll
・クリスマスイブのオサ掘り(敗北)
・クリスマス会的な何か(リベンジ成功)


Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。