2013年11月19日

日本人ってネコ食べますよね?

今朝は7時半起床。生き物の世話をしてから、明日発表となる専門語学(英語)BIIの論文を読み込み、プレゼンのチェックを行い、万端の準備を整える・・・つもりであったが、昨日購入したいくつかの本をむさぼり読むことで貴重な時間を浪費してしまった。近頃、本を全く読まずに勉強したり生き物さがしをしたり思索にふけっていたりしていたのだが、そうして歪んだ思考の混迷を更に深めるのも悪くはないと思ってしまったのが良くなかったらしい。
例としては、本の名前は伏せるが、人間に焦点を当てた本を今読んでいるわけだが、610にしてみれば、これは人間観察ではなく自然観察のための良著とも思えるのである。手近な例でいえば、この前イタチに遭遇できたことを無理に分析しようとしたら、この本に書いてあることで説明がつきそうだと感じるのである。

さて昼休みは図書館でスライドのメモを印刷するため少し早く向かったわけだが、余りに天気が良かったので、読書の続きをする当初の予定を放棄し生き物さがしに興ずる。


クルマバッタモドキの♂。




ヤマトシジミ。

3限:哲学カフェ(聴講)
机も従軍慰安婦も被災もボランティアも、要は全部おんなじことだという着眼点に驚く。

4限:ロシア現代文化特講b
先週は先生がカザフスタンに行っていたために休講だったらしい。で、今回は授業はほんの少ししか進まず、お見合いというシステムが素晴らしいということ、海外の大学で働くことになったということ、カザフスタンの馬料理のこと、等々の雑談がメインであった。

その後電顕バイトへ向かう。やたらと黒い人が多いなあと思っていたが、どうやら本日は皇室関係者がいらすらしい。そんなわけで電顕ルームへ行く経路がいつも違っていたのだが、その道中、廊下にウシ系の頭骨が雑然と置かれていたのには興奮した。
あと、研究棟と事務所をつなぐ外のエリアにヒメヤママユの死骸を発見。ズタボロになっている様を見ると、すでに秋も終わったのだなあとしみじみする。

~・~・~

さて、いよいよ明日は専門語学(英語)BIIの発表を行います。春学期から、1人の先生の前で2回発表をしてきたわけですが、毎回最初の発表は不本意なものでした。おそらく今回も駄目でしょう。



Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。