2013年10月27日

マニュアル志向的自然観察のすすめ

今朝は7時半ごろに起床、比較的すがすがしい目覚めであった。外の天気が良かったからなのか…?
とりあえず昨日PCに貼り付きすぎた反動であまりいじりたくなったので、この隙にサンスクリットを片付け、論文も読み終える。論文はこれからレジュメづくりをしなければならないが、時間にまだ余裕があることと、ヘビのエサのストックに余裕がなくなったために宝篋山に行くことを決意。ただ洗濯物を干したくなったり、昼食を摂ったりしていたためにずるずると出発が延期していく。本当は早くいきたかったのだが…

しかし、この延期が結果的に素晴らしい収獲を招いた。
久々の晴天に気分を良くしながら洗濯物を干していた時、Yさんからロードキル情報が届いた。聞けば、とても状態の良いイタチを発見したとのこと。部室が空いているか分からないことと、開いていても収納スペースがないため我が家に届けてもらうことになったのだ。


確かに外傷も見られず、しかも触診(?)をしてみてもろっ骨が折れているだとか、頭蓋骨が陥没しているだといったこともなさそうだ。イタチだから匂いがきついかもしれないなあと思っていたのだが、それも恐れるに足らなかった(まあ解剖時に苦しむのだろうが…)。
それにしてもY氏、なかなかのやり手である。


このノウサギのロードキル情報も彼女によるものだし、先日のミーティングでは華麗にウシの骨接ぎを決めて見せた。彼女には獣の死体を惹き付ける力があるのかもしれない。私に分けてくれないかなあ…

さて、高鳴る胸を沈めてイタチを冷凍庫(もちろん、この冷凍庫は610が生きるために食べるものも入っている)へおさめてから宝篋山へ繰り出す。


久しぶりにヤマカガシに遭遇。手元にある写真によれば、6月23日にNamaさんとマムシ探しに行ったとき以来の捕獲であるようだ。そうか、それほど離れ離れになっていたとは・・・


山に入ってミミズを探してみたのだが、最初にアタックした場所があまりよくなかった。結局気が乗らぬまま1匹しかみつけることができなかった。カエルに関しては、ウシガエルの新成蛙が数多くいるようだがとても敏感で近寄ることができない。ようやく見つけたアカガエル(ニホンアカガエル?)はシマヘビに与えるには大きすぎて、むしろ610に与えるのにちょうどよいサイズであった(採集せず撮影のみ)。


キノコに関してはさっぱり分からない。


いたるところで見られたのはオオアオイトトンボ。春先の宝篋山はホソミオツネントンボの天下であるが、秋口はこのオオアオイトトンボがそのニッチを占めていると言えよう。昨年は失敗した連結したペアの撮影を成功させリベンジを果たす。個人的にはオオアオより粉をふく範囲の広いアオイトトンボも撮りたいところだが、どうやら610が散策するあたりにはいないらしい(見落としているだけかもしれないが…)。


甘酒と甘柿で一服するのは至福である。


とある脇道で骨を発見!最初は頭骨の一部かなと思ったのだが、しばらくすると骨盤のように見えてくる。写真では見えないが、ちょうど丸く穴が開いているように見えている部分の裏側に関節(球関節)があり、ここに大腿骨がジョイントしているのだと考えると結構それっぽく思えるのだが…これはYさんに協力を求めた方が良いだろう。

骨を拾ったすぐ近くの原っぱで突然ドンと音がしたのだが、何事かと思って振り返ってみると立派なキジが歩いていた。いいチャンスだと思ってカメラを起動していたのだが、その間に彼は藪へ戻って行ってしまった。何となく癪に障ったので泥団子をこねて2発ほど藪に投擲し、キジを挑発してみたのだが応答は得られず、完敗。
※ちなみにしばらく歩いていたら、先ほどの場所で彼の勝鬨が響き始めた。キジの観察に関しても修業が必要だなあ…








さて、上の4枚は「あしあと集」である。雨が降った後にぬかるみに目をやれば、動物たちの足跡を見出すことができる。
おそらく、これがその場でぱっと同定できるようになると散策の楽しみも増えるだろうが、悲しいかな610がこの中で即答できたのは一番最初のイノシシのみである。イノシシやクマの場合、足跡を見つけたらそれとは逆の方向へ戻るのが良いだろう。彼らにはできれば死体か骨の状態で会いたいものだ。
ちなみに、2枚目は恐らくネコで3枚目は不明。4枚目は「ツメ」の跡がはっきりしていることから、タヌキであろう。キツネとイヌも似たような足跡を残すようだが、この場所は水を抜いた池であるからイヌであることは考えにくく、キツネの足跡だとすると後ろの肉球の形が似ていないし、何よりこの辺りでの発見事例を知らない。個人的にはタヌキよりも珍しいものか、或いはこの辺りにはいないのだと思うが、ともかくこの足跡はタヌキの可能性が高いように思うのだ。
あしあとを調べていると菅平の幸せな日々を思い出すと同時に、今冬こそは雪が降ったら宝篋山に繰り出してあしあとめぐりをしたいものだ。
宝篋山ならウサギとイタチ、ハクビシンもいるであろう。それぞれ特徴的な足跡をしているので是非地元で見てから菅平に行きたい。


さて散策も終えようとしていた時、目の前に衝撃的な光景が飛び込んできた。田んぼの脇に板がうちやられていたのだが、そこがアカトンボのたまり場になっていたのだ。その数がやたら多く見えてドキドキしたわけだが、一か所で多くのトンボが集結している様子はなかなかお目にかかれないものなのだ。この画像には全部で19匹のアカトンボが写っている。おそらく、1フレームに収めたトンボの個体数としては自己最多であろう。

本日はヘビのエサの為のミミズ、カエル、トカゲを探しに行ったわけだが、結局見つかるのは虫と哺乳類の痕跡ばかりであった。近頃の自分の興味関心を思いっきり反映しているようで、いつの間にこんなに哺乳類に対する意欲が湧いてきたのかと自分でも不思議に思うくらいであった。ただ、哺乳類の場合は虫と違って「きっかけ」はとてもはっきりしている。いつどこで買ったのかは忘れたが、今年の1月9日に初めて目を通したらしい。それ以来、過去虫ばかりに気を取られて無視していた他の生き物に対する心の空白を、哺乳類の骨と死体を集めるという形で補っているように思えてくる。我ながらとても狂気じみていると思うし、この補完が将来の進路設計にすら影響を与えているのだから・・・う~ん、人生ってちぐはぐなんだなあ・・・

~・~・~

さて明日は普通の月曜授業です。朝のうちにちょっとした収獲をしてこようかと目論んでおりますが、収獲したものを加工する時間はあるのだろうか…

※追記ではやどけんメンバー向けの、610の私見が書かれています。個人的に「よく言えたぞ!」と思っているのですが、この状況は好ましくありません。私の自信を粉々に打ち砕く痛烈な批判を―人格攻撃は避けてほしいですが―お待ちしています。

先ほど宝篋山で遊んでいた時に、ふと考えたことがあります。いったい自分はどうして、野山に行くたびに色んな生き物を見つけてしまうのだろうかと。

これはやどけんの夏合宿でもかなり痛烈に感じたことなのですが、事前に大した下調べもせず、合宿先で手に入れた地図を見て「よーしここに行ってみよう!」という具合にいい加減に設定したポイントで、クロゲンゴロウだのカワラバッタだのイモリだのイシガメだのシカだのヤマビルだのクツワムシだの緑色のコカマキリだの、いるところでは簡単に会えるようなものから、いると分かっていても会えるかどうか微妙なものまで、結構色々な発見がありました。
それから、先日の八溝山散策では、たまたま訪れた林道のたまたま駐車した場所でタカチホヘビが動いているのに気着きました。ヤマネを見つけたのは610ではありませんが、これも610のミスリーディングがあったがため、とも言えそうです。

色々考えてみた結果、これは610が長年色々なところを歩き、主に昆虫に関する見識を高めたことによって、その感覚が哺乳類や他の生き物の生息地を推測するときにも機能しているかもしれない、という所に落ち着きました。本日の場合にあてはめると、短時間(2時間程度)で少なくとも3種類の哺乳類の足跡を発見したり、キジに馬鹿にされたり、4か月ぶりにヤマカガシに再開出来たり、ヌシ球のアカガエルにモデルになってもらえたりできたことは、運要素ももちろん高いでしょうが、何かしら経験に裏打ちされた感覚(例えば歩く場所とか視線の落とし方、耳の済ませ方)が寄与しているような気がしてならないのです。

わたしがここで言いたいのは、自分に対する賛辞であったり高いセンスを誇示することでは全くありません。何度でも書きますが610はろくでなしです。そういうことが言いたいのではなくて、「ろくでなしの610が22年間かけて達した境地を、やどけんメンバーに伝承していくことに意味はあるのか。あるとしたら、あと4ヶ月で610が遺せることは何か」ということです。

今の1,2年生の様子を見ていると、積極的に活動しているメンバーも沢山います。とても良いことだと思います。勿論、積極的に活動していないことが悪いことではありません余りに生き物に夢中になりすぎると、失うものも多いですから…し、各人の生き物に対する接し方について、610があれこれ指図することは、非常に歪んだ対応だとすら思います。
ただ、敢えてお節介をさせてもらいますと、彼らには経験が不足しているように思えます。生き物が好きで、図鑑をよく読んだり、或いは部屋で生き物を飼育している人も多いことでしょうが、そこで満足してしまっているというか、生き物に対する接し方を閉じている、完結させているように思えてしまいます。

実際、610も入学したての頃は虫にしか興味が無く、来る日も来る日も虫ばかり探していました。別にそのことに関して、誰からもたしなめられたわけでもないし、しかもそれが間違っているとか正しいとか、そういうことについては考えもしませんでした。ところが、Namaさんの爬虫類愛に触れたり、先に挙げた本を読んだりしたことで、自分がいかに多様な生き物の世界を無視していたことか気づかされ、そして過去の日々を悔いたのでした。今でも興味が湧かない生き物はたくさんいます。特に水中の生き物に顕著で、こと動物の系統を顧みると、高々陸上の脊椎動物に興味を抱いたところで、無視していた世界は全然小さくなってはいないのですが…

話を戻しますと、今までやどけん或いは個人であちこち出かけたことで得た知見というものを後輩に授けることに意味があるのか、あるとしたら建設的なやり方は何かということが気になるわけです。まず意味があるのかという問いですが、これは610が決めてよいことではないでしょう。後輩たちが610の知見なんてろくでなしだと思っているかもしれないし、実際610より詳しいかもしれません。権力というのがれがたい縛りだけを頼りに横柄に接してくる人間の知識なんて、すぐに唾棄されるでしょう。
ひねった考えはやめましょうか。もう少しまっとうに考えてみますと、しかし、出しゃばるのは止すべきかもしれません。後輩だからといって自分の見聞きしたことを話すことが、結果として彼らの好奇心を削ぐことになるのかもしれません。

そういえば、夏ごろにホタルの観察会を企画しました。あの時、ホタルのポイントが分かりづらいからスライドを用意して紹介しようかと考えていました。結果としてできなかったわけですが、その時にスライドを使って「この生き物がここで見つかりました!」といって教えるのも面白そうだなあと考えもしたものです。
これはもしかすると、今後新歓活動をするうえで有益な資料になるかもしれませんし、「この場所に行けばこれに会えるんだって、行こうではないか!」といった企画の促進につながるかもしれません。でも、ここに落とし穴があります。そう、経験が足りない学生から、経験を積む作業をはく奪する落とし穴が!

こういう資料は、マニュアルになる可能性があります。一度マニュアルができ、期待通りの生き物が観察できるとなると、なかなか他の場所へ行こうと思えなくなるでしょう。
610はマニュアルを作ること自体はあまり否定する気はありません。ただ、この場合は自分が創成したマニュアルを、自分以外の人に使わせることに意味を感じないのです。他人の作ったマニュアルの確認をするためではなくて、自分で新しいマニュアルを書き起こしてもらうような感覚で生き物さがしをしてほしいということです。自分の作ったマニュアルには適宜修正を施していくことで、立派な知見が得られるはずです。
マニュアルという言葉を出してとてもすっきりしました。自分の中では珍しく、つながりました!太字で強調していることがその表れで、滅多にないことです。

とりあえずやどけんの後輩たちには一人でも複数ででもいいので、とにかく色んな生き物を探し出し、自分のマニュアルを作ってもらいたいのです。そしてそれを頼りに、見知らぬ土地でも色々な生き物を探し出してみてほしいのです。それを繰り返していくうちに、610が22年間かけて達した境地とやらを、追体験することができるでしょう。マニュアル作りに610が必要であれば、可能な限り手助けします。そのことで、経験の不足を大分補えるはずです。
まあ、手助けが必要かどうかは、後輩の皆さんに決めてもらうべきでしょうね(´Д`)


Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(2)
この記事へのコメント
アキアカネの集団静止、素晴らしい!これくらい数がいると止まりものでも画になるね。
Posted by kojeee at 2013年11月01日 12:45
>kojeeeさん

こんなに集結しているのは初めてだったので驚きました。
もう少し近寄りたかったのですが、下手をすると逃げられてしまいかねないのでこれが限界でした。また見たいものです。
Posted by Impulse610Impulse610 at 2013年11月01日 17:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。