2013年10月21日

草食動物と雑食動物の形態を理解できない病

今朝は7時起床。眠気が取れないのだが、のんびりしていられるわけでもない。
610は眠気が充分に払しょくできていないときは視力の調子が悪く、右または左目がぼやけてしまうのだが、今日は左目がぼやける。論文を読むときには不向きである。

クサガメの水を取り替えたり、イモリやゲンゴロウに餌をやったりする。我が家にやってきてから1年と5カ月を過ぎたアカハライモリたちは、近頃餌をやろうとするとそわそわしだすようになった。ようやく慣れてきたのだろうか。


我が家のクサガメはこのところとても不活発で、一日の大半を隠れ家(小野川で採取した貝化石)の中で過ごしている。顔の前に餌を投入しても、首を伸ばすのはいいのだがなかなか食べない。それでもいつの間にかなくなっているので食べているのだろう。


あまり体に良さそうではないのだが、甲羅には藻がびっしり付着していて、それはそれは見ごたえがあるのだが・・・ひょっとしたら、光合成をさせないようにして藻の根絶を図っているのかもしれない。


ちなみにイシガメは少しでも刺激を与えるとエンドレスに暴れまわり、クサガメとは対極のやかましい性格をしている。採集して2か月近くたつが、しかしようやく落ち着きを見せ始めた。彼(多分)はクサガメと違って隠れ家に潜んでいることが少なくて、しかも餌の食いつきがよく、与えると直ちに食べ始めるので観察していて飽きが来ない。それどころか、その様子を眺めていれば、日々の生活ですさんだ精神が癒されさえもする。

2限:分子進化学II
進化速度がとても速い形質を比較するときに、しばしば誤った系統樹が導き出される現象について、実例をもとに解説がなされる。実例があったからか、ずいぶんと理解しやすかった。

3限:インド古典語初級B(聴講)
10ある動詞の類型のうち、今まで触れなかった残りのものの特徴について簡単な説明がなされた後、課題の答え合わせ。先週の分の課題は易しかったのだが、夏休みをまたいだ課題にある韻文(シュローカ)が難解である。単語ごとの意味は分かるのだが、これを文章に構築するだけの才覚が610には足りない。これがすんなり訳せれば、ヘブライ語のようにもっと学習に対する面白さを感じられるのだろうなあ…

5限:ヘブル語初級b
課題の答え合わせと、不定詞についての解説。不定詞の概念自体は英語と似通っていて、意味を取るのは苦労し無さそうだが、文字を見てパッと「これは不定詞だ!」と思えそうな気が全然してこない。今回の予習は苦労しそうだ…

~・~・~

明日は午前中の空きコマを利用して植物園で行われているきのこ展に行こうと思います。素晴らしい手拭が売られているようなのでその確保をすることと、園内にいるであろうコノシメトンボの撮影が目的です。コノシメ、探せば絶対宝篋山にいると思うのですが、なぜか植物園でしか確認していません。何でだろうなあ・・・



夏合宿で拾ったこの哺乳類の頭骨ですが、拾った時から本日までずっと、ニホンジカの頭骨だとばかり思っておりました。


ところが、先ほど部室で骨接ぎをしている際、もともと部室に置いてあったイノシシ(手前)の頭骨を使って比較形態学ごっこをしていた時、やたら似ているなあという感じがしていました。ヘブライ語を終えて家に戻って調べてみたところ・・・拾った頭骨はシカではなくてイノシシのようです。
アズマヒキガエルをナガレヒキガエルと間違えたミスに続き、今度は頭骨の判定をも間違えていたことが分かりました。
昨年1年かけて動物系統分類学の基礎を叩き込まれたはずなのですが、全く身についていないようですねえ…もっと修行しないとダメそうです。


もともと上顎の犬歯が取れてしまっていたのですが、先ほど下顎をいじっていたら下顎の犬歯もぐらついていることが分かり、引っ張ってみたら抜けました。そしたらどうでしょう、上顎の犬歯と比べて歯根部分の長いこと! どうしてこういう状態になるのか610は浅学にして分かりません。簡単に抜けては困るのでしょうね。
ちなみに、オスのイノシシの犬歯はもっと立派です。そのことも画像検索をしていた気付いたわけですが、自分の無知さを思い知らされたと同時に、頭骨の持ち主であったイノシシの性別がメスだということも分かりました。
採集当時に誤ってシカだと思ったのは、犬歯があまり発達していなかったからでしょう。オスのような立派な犬歯であれば、610でもシカが犬歯を必要としていないことくらい知っているので、イノシシだと思えたでしょう。なんにせよ、見識不足です。もっといろんな哺乳類の頭骨を拾って観察しなければなりません。


Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。