2013年09月30日

さようなら夏休み

さて昨晩も日付を超えるころまでまったく眠気を感じることができず、時差ボケが解消されていない事態に陥った。そこで昨日同様布団から飛び出したのだが、レポートに手を付けるのではなく、時差ボケの解消法をしらべる。その時、根本的な解消にはつながらないが、ウォッカを飲んでぶっ倒れればいいのかということに気が付き、冷凍庫に1年近くしまい込んでいた瓶を取り出し、コップ一杯半ほど残っていたウォッカを飲み干した!
いくら体質的にアルコールに強いとはいえ、ロシアで一滴も酒を飲んでいない程度に酒に興味がない610にとって、この量は流石に効果てきめん。あっという間にフラフラになり、立っていられなくなる。徐々に手の先足の先の感覚も鈍くなっていくようで、ああ酒がまわるとはかくのごとくなりなどと斃れながら思っていたわけであるが、どういうわけか意識は清かである。こういう姿をどこかの飲み会で晒すのは絶対に避けねばならないのだが、ひとり部屋で斃れているのはなかなかに面白い。
しかしながら本来の目的である睡眠にはなかなか到達しない。こんなに大量のアルコールを摂取したのは恐らく3月か4月に行われたやどけんの飲み会以来のことで、やたらとテンションが上がってしまったらしい。強制的に眠りにつかせる手段として最良ではないようで、それにこのウォッカの飲み方はどう考えても肝臓に負担をかけすぎている。

さて今朝は10時過ぎに起床。6時くらいに目覚めようとしたのだが、寝ぼけていたのか酒が抜けていないのか動くことができなかった。結局、時差ボケは解消されていないのかもしれない・・・
とりあえず動物発生学臨海実習のレポートを提出可能な段階にしたのだが、分かってはいたがあまりにレポートとしてのクオリティが低すぎて提出する気力が湧かない。レポートを出せばCがもらえる可能性があるが、単位を得るためにこんなひどいレポートを出すことを思うととても苦しい気分になる。かといって現実的にこれ以上時間を費やすことはできないし、そうしたところで質が向上するとは思えない。そうか、ロシアにさえいかなければこんなに困ることは無かったのかあ・・・

レポートについては断念の後送信。その後ロシアの昆虫標本の整理を行う。基本的には現地で乾燥しているものを刺していくだけなのだが、いくつかの甲虫、ハチは展足。チョウは軟化しないといけないのだが、道具がないので後回し。

さて、虫をしまう標本箱を確認してみたところ・・・


Что такое! アリが営巣しているではないか! そうか、彼女たちは610がロシアにいて不在であることを見計らって空き巣を企てたに違いない! それにしてもなんと図々しいことだろう! 人の部屋で勝手に住居を構え、勝手に子供を産み育んでいるなんて信じられないことだ!
彼女たちには直ちに解散してもらわなければならない!
そういうわけで、まずは標本箱の下に70%エタノールの海を用意し、箱の上にいるアリたちを採集。海に入りきらなかったアリたちはカーペットを掃除するコロコロで回収。なぜ採集したのかというと、犯人の身元を照合しなければいけないからである。

~・~・~

さて明日から秋学期がスタートします。
春学期の610は新たなる言語の学習意欲に満ち満ちており、まったく生物学類生らしからぬ境地に遊んでいたわけですが、実質2か月以上に及ぶ夏休みを経て、これらの意欲がひどく幻滅してしまいました。特にイタリア語は、既に履修登録が為されていますが、もう出席することは無いでしょう。サンスクリットは夏休みになる前から、履修戦略の結果登録するつもりが無かったのですが、今はやる気が出てきません。
ヘブライ語はまだ希望がありますが、毎回の宿題に多大な時間が割かれること、夏休み勉強しなかったことを思うと、意義のある学習ができるかは疑問です。単位はもう必要ないので、勉強するとすれば聴講しようと思います。

それから生物学に対する意欲も大分消えてしまいました。というか、ある一定の分野に傾きすぎてしまっていると言えます。
610は大学を卒業するために、あと5つくらい生物学の科目を履修しなければいけません。興味深い科目は大体履修してしまったので、あまり魅力を感じない科目を履修せざるを得ません。こういった受け身の姿勢でいることが大学生として間違った姿勢であることは否定しませんが、クオリティの低いレポートを提出する未来が、試験をパスするためだけのテスト対策をする未来が実現しそうでいやな気分ではあります。
ですから、単位を稼ぐための授業は最低限にとどめようと思っています。具体的に言えば、分子生物学IIと細菌学なのですが、第一回の授業にはとりあえず出席してみて、意欲を感じられなかったいずれかの科目を放棄することになるでしょう。

学習面以外には、まず雙峰祭に向けて我が家と部室に眠る膨大な未処理標本の処理をしなくてはなりません。カラスの骨格標本作りは恐らく間に合わないでしょうし、昆虫ですらいつ採ったのか分からないものだらけです。Ой…
それから、やどけんではとっとと権力を放棄しなければいけません。しかも、ただ会長の座から退けばいいわけではなく、後任を決めないといけませんし、彼(女)らのサポートもしていかなければなりません。部室の私物も静粛しないといけません。
こういった諸問題は、おそらく610の能力をもってすれば、容易に学業を阻害することができましょう。とにかく、まずは虫を片付けていかないと・・・

今日はロシアのトイレについて紹介します。

ロシアには日本のように、スーパーとかお店で気軽に使えるトイレはほとんど存在していません。基本的に街中でトイレを使うとなると、有料のものを使わなくてはなりません。


普通のトイレっぽいトイレだけでなく、時にはバスを改造したトイレ(トイレバス)が存在しています。小回りが利くトイレ、何とも画期的です。

美術館とか博物館、大学といった施設に入った時には、そこのトイレが自由に利用できます。しかし、そこにあるトイレは、時として日本の常識が通用しない、何ともロシアらしい代物だったりします。


まず、日本のものと比べて全体的に小さいです。日本人より体格の立派なロシア人が、こんな小さなトイレで用を足しているのかと思うと不思議です。そして、圧倒的に謎なのは、便座が存在しないことです!



Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。