2013年08月18日

さようなら観音崎、こんにちは針江

さて昨日で16日間に及ぶ博物館実習が終わりました。昨日は館内での仕事は殆ど無く、とある川で生き物さがしをするイベントのサポートをしていました。


婚姻色の美しいオイカワ。


川に仕掛けた打瀬網?に入ったライギョ。これは随分と立派な大きさです。


やたらと沢山とれたドンコ。個人的に、上からのぞいたアングルが好きです。


普段はせわしなく動き回っているシマアメンボですが、採集してしばらくすると大人しくなりました。

流石に16日間も同じ場所にいると悪いこともいいことも色々ありましたが、特に悪いことについてはいろいろと考えることが多かったこともあり、総じて有益な実習だったと思います。
1か月半近く断続的に実習を行っていると、その間に実習を初め終了していく学生とか、あるいはボランティアでくる学生との出会いと別れがあります。実習を終えた学生が遺していったものを見ていると、自分がまるで次々と知人の死を見届けてきた長老になったような気分になり、なんとも妙なものでした。彼らとはあまり話をしなかったのですが、3日か4日ほど実習日時がかぶったお嬢さんとはそこそこ話したりしたので、こういう人とおさらばするのは何となくさみしいものだなあとも思いました。


610は来年度から山の民になる可能性が高いので、時には海が恋しくなることでしょう。夏休みは無いでしょうが、下界に降りて観音崎で遊べるようなことがあればさぞかしいい気分転換になることでしょう。

~・~・~

さて今朝は7時起床。やどけん夏旅行のためのに自宅を整えたり、ブログを書いたり、ロシア語海外研修について悩んだりする。先週は大学がお休みになっていたので、もしかしたらこの間に連絡が来ているかもしれない。だとすれば、月曜日に何らかの連絡がくるはずである。そうでなければ・・・

~・~・~

さて明日からやどけん夏旅行です。琵琶湖でも水質がきれいな場所に行くのですが、610は湖よりもガロアムシを優先して山にこもってしまう可能性があります。ガロアムシや水生昆虫、琵琶湖周辺の特産種などを採集できればいいですね。

610としては観音崎で実習を行おうと思い立つ知り合いがいると嬉しいので、ここで少し情報を書いておきます。
・実習は16日間
・実習費用はない
・定員もない
・宿泊可能(光熱費として1泊あたり\500かかる。寝具は持込可能で、1泊あたり\700くらいでレンタルも可能)
・日曜以外はお昼ご飯の注文が可能(\370)
・主な作業内容:展示している生き物の世話、各種イベント(磯の生き物観察、ウニの発生、アカテガニの放仔観察、川の生き物観察、カブトクワガタ観察、ザリガニ釣り、地学教室、ウミホタル観察など)のサポート、館内の掃除、その他雑用



Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。