2013年06月16日

曇り空の下、東京より来たる後輩を宝篋山に案内する任務を果たす

今朝は5時半に起床。外は強い雨が降っているようで、これでは後輩の宝篋山訪問も絶望的である。
ただ、天気予報によれば午後は雨がやむらしいので、それを期待して今度は9時に再度天候を見て決めることにする。せっかく早起きしたのだからたまっている課題に取り組めばよいものを、まだ眠気が引いていないという理由で8時半ごろまでひたすら二度寝の愚行に精を出してしまった。
さて目が覚めてからはヘブライ語の課題を片付け、それから数理生物学の課題も少し進める。後者は手計算だと結構面倒な感じがしており、四則演算に関してはRの力を借りて時間の短縮を図っているのだが、やっぱりRで全ての課題を片付けてしまいたい衝動にも駆られる。それは検算をするときのために撮っておかねばいけないのだが・・・

天候はひとまず雨がやみ、rv君を引率に4名の1年生が宝篋山へやってくる運びとなった。



4人とも結構虫が好きなようで、あまり良い天気ではなかったもののいろいろなものを観ていたように思う。



撮影当初はなんとなくクロイトトンボのメスかなあと思っていたが、よく見るとオオイトトンボ♂の未成熟個体の方がより正確そうだ。



恥ずかしながら、宝篋山マスター、宝篋山で初めてタイコウチを目撃。1年生は誰もいらないそうなので引きとることに。
飼育は大変なので、宝篋山の自然史の一部として標本として記録しておこう。

610としてはミドリシジミを採集可能圏内に見出しながらも逃げられてしまったり、rv君ご所望のヘビ(特にヒバカリ)が見つからなかったり残念な点はあったものの、オニヤンマの羽化個体を確認できたり、ミイデラゴミムシやノウサギが見つかったりしたので、悪天候にしてはそこそこ収穫は得られたように思う。
1年生4人にとってこれが初めての自然散策であったようだが、彼らにも何らかの収獲があったのであれば幸いである。実際高校内でも結構な昆虫類を見出すことは可能であるが、これを機に自然散策のおもしろさとか、人によって見えているものが違うことに気づいていただければ、宝篋山マスターとしてこれ以上にうれしいことは無い。

~・~・~

明日は3言語の授業があって非常に充実しているのですが、それが終わると課題がたんまり出されてしまうのでそれはそれで苦しいものがあります。今までと違い、テスト勉強にあまり時間が費やされる心配がないということが目下の救いです。

http://mokkei-entertainment.com/2013/06/13/gakuseidantai/
やどけんは学生団体ではないので本来的には関係ないと思うのですが、人数が増えるとここで揶揄されているような集合写真が撮られる可能性を感じてしまいます。私はこの手の写真を平然と某SNSでアップする高校時代の知人が何人かいることに苦痛を感じていて、その人たちの活動記録は非表示にして心の安寧を量っています。
まあ、やどけんの活動はヒトが対象ではないので、その手のことで私が頭を悩ますことは無いと信じたいものです…

ここにはそんなに書いてはいませんが、近頃やどけんのトップに君臨するものとしていろいろ考えることがあって、その殆どが自分の性格のゆがみからきているような気がしていて非常に不健康な気分になりがちです・・・


Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(2)
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。
1年生にとって、刺激的な観察会だったと思われます。
自分自身もとても勉強になりました。

今日は、1年生が採集した昆虫を生物室に持ってきて、
飼育を開始していました。
やはり、自分たちが捕まえた生物だと愛着がわくと思うので、
彼らにはこれをきっかけとして、アグレッシブに活動してもらいたいものです。
Posted by rvstone313 at 2013年06月17日 20:32
>rvstone313

返信遅れました。
天気は悪かったのですが、いろいろ得るものがあったのならば案内したこちらとしても嬉しい限りです。

それは素晴らしいですね! ぜひ星陵祭の頃まで生かしておいてもらいたいですね。
オニヤンマはどうなったんだろうなあ・・・

p.s. メールも後ほど返信しようと思います。もう少しお待ちください…
Posted by Impulse610Impulse610 at 2013年06月20日 21:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。