2012年10月25日

プーチンのようなボーイフレンドが欲しい

今朝は5時起床。比較的目覚めは良好。早めに身支度を整えサテライト室へ向かう。イラストレーションとプログラミングをこなすには一度に2台のPCを起動させる必要があるのが手間なのだが、非日常的でなかなか面白いことでもある。

1限 プログラミングI
前回のトラブルが尾を引かずに授業についてこられたのには一安心。ただし何をやっているのか理解していることとイコールではないのが懸念材料。カオスゲームを作って遊んだのだが、内容は結構面白そう。自分でプログラムを組める気は・・・まったくしない。

2限 理論生物学の基礎II
Toqueレポがいつ返却されるのかを行列を使って論理的に考える。こういった日常的な事例を数理的に処理できる好奇心がもう少しあればなあ…

3^4限 ロシア政治
いつも面白いのだが、特に今日は快心の講義であったように思う。マジメな授業内容と「おふざけ」の比率が見事に調和していたのであろう。
お話の中でも特に痛快だった「逸郎、ロシア人を騙すの巻」は、追記にみっちりと書いておいたので、興味のある方は是非ご覧あれ(´Д`)

・僕は家ではシャキッとしています。家は紛争地帯だからです(´Д`)
・プーチンを論じることはプーチン政治に結び付き、プーチン政権はロシアそのもの
イデオロギーは死にません
・(尖閣問題等で国際関係の悪化している中国に対し)こういう時にこそ文化交流があるべき。研究者、学生の出番なんだよ!
・(相手がオックスフォードの教授であっても)一発目の発音が勝負よ! こちらの方が上手ければ余裕、下手なら卑屈…
・伝統的な部分は切り捨てられるのではない。せり出してくるのだ!
・理想のボーイフレンドが「野田さん」ってありえないでしょ!
・権力者プーチンの最大の敵は社会の安定であり、経済の復興である
・126%にのぼるプーチンの支持率
・プーチンはテロリストではないか?
・相手をコントロールするためには非難とか批判したらダメ
・プーチンはロシア大統領じゃないんだ、皇帝なんだ!


ちなみに来週は休講でシンポジウムに来るように強く勧められる。中国との国際関係が悪くなっている今、文化的な交流をすることに意味があるという。
「デモしている人って中国人(日本人)に友達いないんだろうなあ」と、逸郎先生は常々仰っているのだが、確かに、個人的なつながりがあったらこういう対立問題は起こらないだろうなあとも感じる。もっとも、610は同期の留学生との交流が殆どないのではあるが・・・

5限 
部屋で一休みしてからサテライト室へ。プログラミングと理論生の復習をしてからemacsというテキストエディタで遊ぶ。

6限 ヨーロッパ文化圏の言語と文化IVB
7つあるイントネーションのうち、2つ目のタイプのものを練習。
この授業、なんと来週から3週連続休講になってしまうらしく、その補講の時間や試験機関の確認が行われた。

~・~・~

明日はイラレの中間チェックがあります。まだ片方完成していないのだけれど、参ったものだなあ…
それよりもグループのほかの方々がどんな風にまとめているのか、これがとても気になります。

【逸郎、ロシア人を騙す】
逸郎さんは昼休みに食堂でロシア語を聞き取りました。きっと留学生たちが話しているのでしょう。
逸郎さんは一緒にいた院生に「ちょっとイタズラしてくる(´Д`)」と言い残して声の輪に入っていきました。
逸郎さんは聞きました。
「君たちはどこから来たの?」
留学生たちは答えました。
「カザフスタンから」「どこどこから」
逸郎さんは聞かれました。
「で、あなたはどこから来たの?」
逸郎さんは答えました。
チュクチから来ました(´Д`)
※1:チュクチ人=ロシアの東の端の果て、(日本の世界地図では)チュコト自治(民族)管区と示されている地域に住む人たち。文明に暗い人たちだということで揶揄されるという。
留学生たちは答えました。
「チュクチってどこ?」
※2:一般にロシアの人たちは自分の住んでいる街から外への関心が無いという。これはソ連社会主義の体制によるものだと思われる。
逸郎さんは答えました。
「東の果てにあるんだよ(´Д`)」

逸郎さんは続けます。
「3日前にモスクワ経由でつくばに来たんだけど、日本のことが全然わからなくって」
留学生たちは答えました。
「でもつくばまで来られたじゃない?」
逸郎さんは答えました。
歩いてきたんだよ(´Д`)
留学生たちは答えました。
「へえ~」
※3:ロシア人にとって60kmは距離ではない。海水浴のために、つくばから太平洋まで歩いて、あるいは自転車で向かうという逸話が披露された。
逸郎さんは言いました。
「とにかく、日本のことが全然わからないからいろいろ教えてほしいんだ(´Д`)」
留学生たちは得意げに答えました。
「私たちに何でも聞いてよ! そうそう、自転車は絶対に必要だよ! だって15分で教室移動しなきゃいけないからね」
逸郎さんは答えました。
「ねえねえ、日本人の学生を紹介してよお(´Д`)」

留学生たちは打ち明けました。
日本人は全然ダメだよ。
逸郎さんはびっくりして聞き返しました。
「え、どうしてだい(´Д`)」
留学生たちは答えました。
表面上は親切にてくれるけど、心の中からは親切にしてくれない。日本人は信用できないし、、善良な人たちじゃないよ。
※5:これを聞いた610は、顔で笑いつつ心で泣いた。

逸郎さんはイタズラを続けます。
「あのさあ、この大学でロシア政治っていう授業があるみたいなんだけどさあ、知ってる?」
留学生たちは答えました。
「知らない!」
逸郎さんは提案しました。
「だったら聞きにいってみない?」
留学生たちは提案に乗りました。
「そうしましょう!」

というわけで、逸郎さんたち一行はロシア政治の行われる教室にやってきました。やがて、チャイムが鳴りました。
逸郎さんは留学生たちと一緒に座ったままです。彼の正体を知っている学生たちは一行の様子をちらちらと見続けます。
「逸郎は何をやっているんだろう?」

そして、逸郎さんはやにわに教卓へ歩み寄り、日本語で高らかに宣言しました。
「これから授業を始めます。」

―事情を全部書いてしまうつもりでしたが、それでは面白くないですね(´Д`)
では、これを聞いた留学生たちはどうしたと思いますか?


Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。