2012年09月17日

妊婦はネコに近づいてはいけない

さて、御訪筑を果たしたkojeeeさんとともに、例のクツワムシポイントへ向かう。



やたら模様のきれいなスズメガの幼虫を発見。調べたところコエビガラスズメというらしい。ミミズの見つからない昨今、鱗翅目幼虫はオサムシたちにとって貴重な餌資源であるから採集。



kojeeeさんが発見したキアゲハの寝姿。もう少し光源を工夫すればきれいな写真になったのだろう。



クツワムシは相も変わらず沢山やかましく鳴きわめいているのだが、褐色個体ばかりである。緑色のものもいるのだが非常に少ない。



水曜日には見つけられなかったメスを発見、しかも緑色だ。



後脚が2本とも無くなってしまった哀れなオスをしばし観察。それでも跳躍まがいの行動はできるようで、ぴょいと手からすりすり落ちて、翅を広げている姿はやはり物憂げしい。

~・~・~

今朝も730起床。どうして休日は早起きができないのだろうか。身支度を整えて植物園へ。



入り口でナツアカネが御出迎え。






池のそばで見慣れぬアカトンボが。そう、これこそコノシメトンボである。ヘタな写真しか用意できなかったが、ノシメトンボと比べて明らかに「紅い」のがお分かりいただけようか。



宝篋山では殆ど見られないアキアカネの密度は、何故か植物園の方が高いように感じる。

「植物vs昆虫」展では、食虫植物や送粉される植物の展示、マルハナバチ(巣ごと!)や種々の幼虫の生体展示、その他植物とは切っても切れない縁のある昆虫標本が展示されていた。かつてTVで見たことのあるツバキシギゾウムシに出会えたのは中々にうれしいものであった。彼らは長い長い口吻でもってツバキの実に穴をあけて、そこに産卵するのだが、屋久島のツバキはリンゴの様に大きい。だから屋久島産のツバキシギゾウムシの口吻は本土のものよりやたらと長いのであった。

帰宅後は雙峰祭の展示に向けてキャプションのデザインを考えてみるのだが、思いつくものを形にできない以前に、どんなものが読みやすいのだろうか、ということが思い浮かばない。このブログの様に淡々とした文章を書いてはいけないことは承知している(それは旅行記だけにとどめておく)のだが、困っているうちに、「チラシの画像」検索をしながらなんとなくイメージがつかめてきた。
それからサイエンスビジュアリゼーション演習のアイデアスケッチを描くべくアイデアをひねってみるのだが、発想があまり良くないし、第一形にすることがどう考えても困難そうである。どうしたものか…

~・~・~

明日は火曜日恒例の雨が降りそうです。体育だけでなくバイオeカフェもあるのですが、雨が降るだけでとても参加意欲がそがれます。



Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(3)
この記事へのコメント
お久しぶりです610さん、こばやです。
植物園の特別展示は行ければいいなと思っていたのですが、日程的にも金銭的にも厳しくなってしまい見送ることにしました。御訪筑は・・・するとしたら冬にしたいですが、どうなることやら・・・
しかしどこかで筑波には行きたいので、その際はよろしくお願いします~

クツワムシよく見つけられますね、というか自分は鳴き虫系が全くわからないですから、最低限の知識は持っときたいですw
Posted by kobaya at 2012年09月18日 16:49
クツワムシ=草地に広がるクズの群落という環境をイメージしての御訪筑だった。
でもその想像を打ち破る意外な場所だったのには驚いたな。
そういった事も含め、おかげさまでクツワムシを堪能できました。ありがとう。
Posted by kojeee at 2012年09月18日 19:50
>kobaya さん
どうも、お久です。
植物園にお出でできないのは残念ですが、地元からは遠いですものね…
御訪筑はいつでも歓迎します(´Д`)

彼らは何故かとても見つけやすい場所にいたのですよ。
鳴き虫の勉強(?)をするなら今がチャンスですね(´Д`)

> kojeee さん
遠いところまでお出でいただきありがとうございました。
あの場所は環境としてはまずまずだと思うのですが、立地条件が不可解(?)ですよね。
Posted by Impulse610 at 2012年09月19日 06:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。