2011年09月16日

WHO stole my ANT?

※自転車が盗難されたようです。一応被害届は警察に出しておきましたが、ここでは結構大学関係者が閲覧しているようなので救いを求めます。写真のような自転車を見かけたら610にお知らせ願います。



5:27起床。どうして起きられないんだ!

1限:PE
授業に行こうと宿舎を発った時に、いつもあるべき場所に自転車がないことに気が付く。昨夜買い物から帰ってきたときに鍵をつけてはいたが、もしかしたらしっかりかかっていなかったのかなあ。とはいっても自転車を失った悲しみはあまり感じられず、今から歩いて教室に行って間に合うのか心配になる。
結局授業開始5分前には教室にたどり着き、1学期と同じような具合に授業が進む。

2,3限:なし
自転車がないのでまっすぐ宿舎へ戻るわけにもいかず、とりあえず図書館にて有機化学関連の書籍を漁ってみる。練習問題の解答が載っている分厚い本(英語)を見つけ出したが、持って帰る気がせずデジカメを用いて裏ワザを開始。それから書籍部に当たってみるもこちらでも解答しか売っていない。
部屋に戻る際にクリの落果状況が気になってポイントへ足を運んでみると、実にちょうどいい具合に落ちているではないか。



幸いポケットにレンチとスパナが入っていたのでイガがだいぶ手に刺さったものの実を取り出すことができた。
これで自転車さえあればなあ…

まず宿舎の管理センターに自転車が無くなったことを報告しに行くが、向こう側は放置自転車にタグをつけてはいるがそれ以外のことは分からないという。やはり警察に被害届を出しに行くしかないようなので、時間もあることだしバスで駅前の交番へ出頭。ここですんなり被害届を書くのかなあと考えていたのだが「現場検証をする必要があるので」あとで警官を送るので電話してほしいと送り返されてしまった。自転車ごときでこういう対応を取るのだなあと随分驚かされる。

4~6限:基礎生物学実験
簡単にまとめると酵素の反応速度を求める実験。とはいってもそれ自体は実験室ではなく自室のパソコンを使わないと効率よく求められないのだが、実験器具の手配が随分個人の裁量に任されていると言ったらいいのだろうか、日ごろ何から何まで用意された環境下で実験してきた私たちは若干の混乱をきたした。「ガーゼを4枚に重ねて」すりおろしたジャガイモの汁をろ過するのだが、多くの版ではガーゼを4枚持って行っていたようだが、これは1枚のガーゼを四つ折りにすれば解決するのではないだろうか。まあもっとも610はすりおろしの段階で暴走して大量の汁を変色させてしまい今回の実験に使いたい酵素とは別の分解酵素が働いて試料をダメにしてしまった随分ジャガイモを無駄にしてしまったのだが。
それとは別に、機材の個数の関係でずいぶん待ち時間が長かったのは予想できなかった。あらかじめわかっていたらパソコンを持ち込んでレポート作りをしていられたのになあ…まあ今日はそれ以上に予想できない事件に巻き込まれてしまって余裕がなかったのだけれど。

その後:留学生報告会
今年マンチェスター大学の交換留学を終えて帰国した2名と、今夏ウィーンの方で研究をしてきた1名による報告会に参加。TOFELのスコアが100以上取れないと留学(研究)の前に語学学校に通うことになるそうだが、この基準値は相当きついものを感じる。取り組み次第ではあと1年でここまでスコアを持っていくことができるのだろうが、そこに注げる力を今の610が持っているとは思えない。しかし何かしら動き始めないと1年後の募集には間に合わない気がしてくる。 話を聞いている限りとても興味が湧いてくるんだけどなあ…

番外編:現場検証立会
昼食をろくに食べられなかったので実験終了後からかなりへばってしまい、少し回復させてから電話。しかし担当警官が別件に立ち会っているため到着が遅れるとの連絡が入ったのでこの間に夕食を作り、食べる。気が付くと再び冷蔵庫の中から食べ物が消えてしまった。また買い物に行かないと持たないのだが、その足が無い…
非常にがたいの良い警官が二人現れたので、もし何か悪いことをして彼らにつかまったらどうしようもないなあと思っていたのだが、開口一番「遅れて申し訳ありませんでした」など仰るのだからビックリしてしまう。取り調べ(?)中にもスマートフォンを取り出してライト代わりにしたり、そのGPS機能を使って方角を測ったり、610が普段考えている警察のイメージにまったく当てはまらない現実を目の当たりにする。全然堅苦しくないのだ。指紋で本人確認のサインを取ったのだが、その時に使った黒色のインクについて「こすれば消えますし、毒はないので舐めても大丈夫です。私が確かめましたから」なんて説明なさると困ってしまう。
知らない人が様子を見たら(服装的にも)610が職務質問を受けているように思われたかもしれないが、まったくそんなことはなかったのである。きちんと書類を書いていただいたので、あとは見つかることを願うばかりだ。

~・~・~

明日明後日と高校で文化祭(星陵祭)が行われます。当初は1日だけ参加しようかなと考えていたのですが、六郷に戻って旅行時の荷物を置きに行ったり高校化学の教科書等をこちらに持ってきたり髪を切ったりプリンターを使ったりと、したいこともあるので「土曜は客として、日曜は生研OBとして」参加することにしようかと思っています。流石に2日間フルとはいきませんが…
土曜はお昼頃のんびり出発する予定なので、それまでの間に生物のレポートを整えておきたいところです。
33Rのみなさま、高校関係者の皆様、生物室でお待ちしています(´Д`)b

自転車が見つかるかどうかは別として、学内の移動手段をどうにか確保しないといけないのは切実な問題だ。
授業が詰まっていることもあり、その中には全力疾走をしても15分では移動しきれない場合もあるに違いない。木曜の1→2限の移動では自転車があっても相当急いでいたくらいだから、自分の脚だけで乗り切るのは現実的に無理であろう。
一番楽な手段はその辺に掃いて捨てるほどある放置自転車を「盗む」ことだが、どことなく抵抗を感じる。
その次には時間割を見比べて誰かに自転車を借りることなのだが、生物学類生以外に自転車を貸し借りできるような間柄の知人はおらず、かつ同じような時間割の生物学類生から自転車を借りることは基本的にやりたくてもできない。
となると新規購入くらいしか選択肢が思いつかないのだが、仮に早く見つかった場合大きな無駄遣いになることは否めない。まあ常日頃パンクやチェーンの脱落に気を使うような必要性から解放されるのだろうが、あの自転車の購入経緯や愛着の度合いを考えると乗り換える気持ちにはなかなかなれない。一応親元から保護があるみたいなのだが、それにしてもこんなことで万単位のお金を消費するのは実にもったいない。一時しのぎをするくらいならいっそ、もう少しお金を貯めて、例えばSTRIDAなりRecumbentなり買いたくなるものだが、何度も書いているようにバイトを申し込んでも仕事は入らないし、また研修日時に授業が入っていて採用の候補にすら上げられない。

さてどうすればいいのかなあ…


Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(2)
この記事へのコメント
 お互い一週間お疲れ様です。解剖実験も結構大変だったよ。

 自転車は残念だね。最近盗難が多発してるみたいで、僕の友人も一人盗まれて、一人サドルがボロいのに替えられてたって嘆いてたよ。
 同じ筑波生として悲しいね。
 早く見つかるとよいですね。
Posted by masked_rider at 2011年09月17日 10:14
>masked_rider
お疲れです。1学期みたいにスケッチだけ終えて提出するんじゃないみたいだね。

ありゃ。今結構荒れてるのか。自転車ないと動けないし、買い替えるのにもお金かかるし、困っちゃうよね…
610のへんちくりん自転車はこの周辺ではほかに乗っている人がいないのであれば見つかりそうだけど、どこか持ってかれていたらまずいなあ… 切実に見つかってほしいです(´・ω・`)
Posted by Impulse610Impulse610 at 2011年09月17日 20:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。