2011年04月24日

いつかはギルを食卓に…

今日も早く起きられない。集合場所ではカエデが満開だったので網をふるってみたところ、小さいトラカミキリをGet。

大学にはいくつか池があるのだが、A池だけ?は釣りがOKらしく、今までも池を通っている時に釣り人の姿を見かけた。今日は自分が釣り人になる番である。開始後まもなく、K君が青大将を発見、会長が捕獲。どうするのかなと思っていたら・・・
・振り回した
・結んだ
相当ツボでした。ヘビとの新たなふれあい方を教えていただきました(´Д`)



釣り自体はやったことがあるのだが、仕掛けのつけ方から何からすっかり忘れ去ってしまい会長から指導を受けてようやく思い出す次第。パンを餌にしてブルーギルを狙うも、なかなか釣れない。というより参加者の中で610だけ釣れない。岸辺に無数にいるホソミオツネントンボが気になって仕方がないこともあるが「魚影」を見ていなかったのが不調の原因のようで、1匹目を釣るまでは長かったがコツがわかってからとたんに面白味が増す。それでも数はあまり稼げず5匹しか釣ってないが、久々に釣りを楽しめた。









↑最後の写真は岸に腹ばいになって撮影したが、遠目から見たら行き倒れの作業員に見えたかもしれない。

その後ホソミオツネンを何匹か採集してもう一度カエデを見に行ってみたが、風が強いのと曇り始めたせいか大した収穫は得られず。そのまま宝篋山へ行ってみたが、こちらでも天気が悪く大したものが見つからない。午前中なら最高の採集日和になっただろうが、ここで610の鼻炎薬の効果が切れ始めてマスクなしでは呼吸できなくなり苦行が始まる、雲行きが怪しくなり雨もぽつぽつ降ってきたのであわてて山を後にし、いったん花粉症は収まるものの竹林を目にして探検心が煮え返ってしまってついつい突入してしまう。2か所で計3個の食べられそうなタケノコを採取、またちょうど野菜が切れていてあとで買い物に行くつもりだったがツクシで済ますことにして帰宅。作業服に付着した花粉を払い忘れてしまったので部屋の中で目がかゆくてかゆくて生きた心地がしない。タケノコの灰汁を抜いているうちに通り雨が降ってきたが、610にしては珍しく運が良い。その代償が「室内花粉症」なのだろうか…

通り雨でカエデの花が散ってしまいそうだが、明日は3限の授業が入っていないので昼休みを使ってもう一度花掬いにチャレンジしてみたい。あとA池も要チェック…

ブルーギルをおいしく食べられるだけの下処理は…まだできないかなあ。
熟練すれば餌なしでも(!)釣れるらしいので相当コストパフォーマンスは高いと思うのですが…野草も魚も大学構内で調達できたら相当食費抑えられるけど…


Posted by Impulse610 at 18:10│Comments(2)
この記事へのコメント
お~!空色のホソミオツネンはだいぶ水辺を意識しているようだね。
そろそろ生殖活動がみられそうかな?

ギルか~釣ると楽しいけど水生昆虫好きからすると厄介者だよね。

確か十数年前に一度食べた事があったけど平べったいから食べるところがあまりなく美味しい魚ではなかったような...
バスもギルも死後時間が経過すると皮が物凄く臭いんだよね。あの臭いを嗅いでしまうと食べる気なくすのである。。。
Posted by kojeee at 2011年04月24日 20:48
>kojeeeさん
ホソミオツネンの交尾個体を1ペア見ることができました。メスは退職変化していませんでした。

A池はマルタンが発生していそうな環境なのですが、ギルやバスが多数生息しているので気になっています。
確かに見た感じ小さいギルは食用に向かなそうでした。皮の処理が重要そうですね…
Posted by Impulse610 at 2011年04月25日 03:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。