2018年07月03日

2018. 6. 24 - 7.3 の人生

6.24
午前中はなんとなく過ごし、昼から某フェスティバルに出向こうとする。しかしタイヤが破けてさらにチューブも穴が開いたので、一式を取り換えて出直し。第一目的のフォーを食すことに成功したが予想以上にからく苦戦。また、所属機関の研究者のトークショーも観る。帰宅してなぜか同期とクレープを食し、実験所に行き、我々の分野でよく使うある概念について、文献を見ながら考える。

6.25
午前中に第4稿を投擲。昼前に帰ってくる。これをもって原稿の英語化を開始。ただ夜になって気が滅入ってしまったので図をいじる。

6.26
一日中論文。卒業生の先輩がやってくる。長期入院していたろくもん号退院のお知らせを受ける。

6.27
午前中、車を取りに出かけたのだが、店につく直前で、明日にして欲しいと言われてしまい、しぶしぶ撤退。しかし”片道切符”しか持ち合わせていなかったので、日中を棒に振って山に戻る羽目に・・・炎天下を1時間近く歩いたせいで、軽い熱中症の症状に見舞われる。さすがに論文をする気が滅入ってしまったので、英会話には出たが早めに帰る。

6.28
論文の英語化をひとまず終える。これは単に日本語が英語に置き換わっただけの状態であり、英語で意味が通じるとは到底思えないできであるので、延々と英語っぽいものにしていく。夕方、機能とは別の”片道切符”で今度こそろくもん号の退院に立ち会う。2か月半待ちあぐねていたこの加速!アクセルを踏んで思わず叫んでしまう。

6.29
論文の英語チェックを延々と行う。

6.30
午前中に買い出し。30分買い出しチャレンジの制限がなくなったのでうれしくなってしまいいろいろ買いこんでしまう。午後、BOSSが部屋からスキャナーを発掘(未開封)したのだが、それを院生室に持ってきて立ち去ってしまったので、処遇に困りつつも、とりあえずインストールしてみる。その後、ドライカレー・エスニックなサラダ・チキンなサラダを作る。昨年ドライカレーを作ったときも、夏野菜の処理の余りの過酷さに座り込んでしまったのだが、今回も苛烈をきわめた…

7.1
何をしていたのか全然覚えていないのだが、きっと何もしていない。なんとなく森林を探索してクロジのさえずりを聞いた気がする。

7.2
午前中にとある会議の資料を考えてみる。それから論文をする。午後も論文をする。

7.3
午前中に論文をする。2周目か3周目が終わったのだが、いつまでたってもミスが減らない。同時に、5年前にやんばるで採集して以来、きっと苦楽を共にしていたシリケンイモリの死に気が付く。状況的に脱皮に失敗して溺れてしまったようだ。悲しいことである。夕方、もう1周して最初よりいくぶんましになった第5稿を投擲。夕食後にいつもより多めにプロ野球中継を見て、先輩方の博士論文をチラ見。

具体的には書かないが、後輩の研究の進捗状況が停滞している気がしていて、その停滞の仕方に不安を覚える。そのことについて軽く指摘はしたが、どうなることやら・・・  


Posted by Impulse610 at 22:38Comments(1)