2017年08月05日

2017. 7. 31-8.5 の人生

7.31
午前中に薄い切片の観察、午後に実習の打ち合わせ。

8.1
午前中は後輩のSEM資料づくりを見守る。午後に中高生がやってきて実習開始。夜に彼らの研究発表を聞くが、中学・高校生とは思えないような研究をしている生徒もいて驚かされる。

8.2
実習2日目。朝はバードウオッチングでホオアカを確認。午前中は構内のエクスカーション。午後は参加者の半分の生徒に昆虫採集・標本作成法を教える。夜は研究発表の続きと、星空観察。雲が多く星もあまり見えず残念であった。

8.3
実習3日目。今日もホオアカがいてうれしくなる。午前中はSEMでバッタ・ハエ・カの頭部形態観察。午後はもう半分の生徒に、昨日と同様の指導を行う。夜は研究発表の続きと、実習のまとめの作成。

8.4
実習最終日。この実習でやったことをまとめて発表してもらう。実習終了後、引率でお帰りになる研究室出身の先輩へ、今更ながら、学位取得・ご卒業・ご就職記念として、研究材料のガラス細工作品を紹介。お渡ししたかったが、触角が折れてしまったので修理のため返送せねばならず、無念であった。お喜びいただけたようで一安心。
夕方、帰省。

8.5
疲れていたので午前中はのんびり寝る。起きてから部屋の片づけ。わけあって8月末までに退去せねばらならないのだ。もしかしたらこれが人生最期の「帰省」になりかねないことを思うと非常に寂しい。中古で買ってきた本などは処分する決心も付くのだが、ノートとか小~大学時代の書類などはなかなか踏ん切りがつかない。かといって菅平に持ち帰っても、4畳半の部屋にこれ以上荷物を詰め込む余裕もなく、共用の倉庫をひっ迫させたり、車に積みっぱなしにしたりするわけにもいかず、困ったものだ。当面は父親の実家に保管しておいてもらうしかないかな…
  

Posted by Impulse610 at 17:18Comments(0)