2017年06月12日

2017. 6. 6 -12 の人生

6.6
英文校閲についてBOSSに相談し、原稿を直し、校閲に投擲。しばしの解放。

6.7
午前中に、実験所の教員にSEMの使い方をレクチャー。午後は、切片に回そうと思っていた卵を解剖してみたら案外うまくいったので、調子に乗って胚を摘出して過ごす。夜に四国方面から弊ラボ出身の先輩がいらし、しばし歓談。

6.8
午前中に論文投稿用のカバーレターについていろいろと調べ、作ってみたりする。それからずっと樹脂切片試料作製を行う。
夕方、壁に貼りついていた蛾にBOSSが興味を抱き、撮影会を開催。ニセツマアカシャチホコなるその蛾は、じっと動かぬまま尻を持ち上げていたのだが、意味あっての姿勢なのだろうか。

6.9
試料の準備や切片作成、サンプリングを行う。我が敵ミヤマノギカワゲラを近くの沢で採集・採卵。彼らはカワゲラ界の中でもかなりの小顔で、色合いも渋く、なかなかに格好いい。だが研究対象となると話は別だ。平べったい卵産みやがって…

6.10
午前中に、TEMの操作方法についてレクチャーを受ける。いろいろあって、現在TEMを利用できる学生がいない状況(これはいろいろとまずい)なので、この状況をどうにかしないといけない。TEMで(切片を)見ないとね、とかれこれ1年以上前から言われ続けている私が未だに観察を始めていないのがまずかった…
お昼ごろ、千葉方面から弊ラボ出身の先輩がいらすが、数時間後に去ってしまった。その先輩が滞在中のわずかな時間を狙いすましたかのように、先日から滞在なさっている先輩が手作りのレッドカレーをふるまいになる(私もいただいてしまった)。

6.11
気晴らしに車を走らせたり、買い出しをしたりして過ごす。
BOSSの双眼鏡を拝見したことで、わがNikon 8x30Aにおいて、眼鏡を付けたまま広い視野を確保できることが判明したので、早速その効果を実証してみる。同等スペックのVixen Ultima 8x32と比較すると、コーティングの影響でより色合いが黄色っぽいのだが、視野の周辺像もボケることなくしっかりしており、爽快な見え心地である。

6.12
あまりモチベーションが上がらず、止めていた樹脂切片試料作製を再開しつつ、午前中は公務員試験について調べて過ごす。午後は気鋭の植物研究者のゼミを聞いたり、先日解剖した胚の電顕観察(やはり生卵解剖しないとダメかなあ…)をしてみたり、料理したりして過ごす。夜に、帰菅する術のない後輩を迎えに下山するが、そのついでに成長しきったカワゲラの放流を行う。  

Posted by Impulse610 at 20:22Comments(0)