2017年05月31日

2017. 5.30,31 の人生

5. 30
午前中にセミナーがあったが、すっかり忘れており途中参加。フクジュソウが、花を咲かせた後割と長い間葉っぱだけで存在しているのが不思議だったが、その疑問が晴れた。午後はサンプリングで、いつもの実験所内だけでなく、外にも出てみる。狙いのカワゲラは学会の前後でピークが過ぎてしまったようで若干不安。そして、去年の実習以来久々に某河川に出向いたのだが、周辺状況がだいぶ変わっているように感じる。実習をするにも多少支障が出るかもしれない。そしてカワゲラは少ないし、お目当てのものはいない。夕方からニジマスパーティーとしてパスタやシチューを作るが、やはり、いるべき人がもう帰ってこないということに、一抹の寂しさを感じる。

5.31
典型的なやる気の出ない一日。論文をどうにかしようと思ったが、最低限のことだけやった後は集中できなくなる。とりあえず某学芸員試験を受けるための、バスや宿の予約はしておく。午後もサンプリングをしに行き、卵もちの個体を1匹取れたので最低限の仕事は達成できたが、その後が続かない。オーストラリアに生息する、ユーカリを食べる某有袋類をモチーフにしたお菓子が一瞬で無に帰したり、これに代表されるような、研究以外の生き方を考えるような文章を読み漁ったり、そして一日を通して眠気に苛まれたりして時間が過ぎていく。学会が終わるまでは、その準備で心身ともに拘束されていたこともあり、だいぶ本業?に集中できていた気がするのだが、発表が終わってしまったらの夜遅くまでのディスカッションや、その後のいろいろなイベントでの疲労も相まって、すっかり腑抜けてしまった。まあ、しっかり寝ればだいぶ回復するとは思うが…
夕方には英会話。いろいろあって一人しかいない状態でレッスンに参加。マンツーマンなのは英語力向上にきわめて有効だろうが、これもまた、いるべき人がいないことにさみしさを覚える。後輩の参加率が悪いこともまた寂しさに拍車をかける。このレッスンの存在が危ぶまれる予感もしたのだが、予感で終わってほしいものだ…  


Posted by Impulse610 at 21:17Comments(0)