2017年05月29日

2017. 5. 22-29 の人生

5.22-25
学会の準備をして過ごす。要旨をBOSSの車に投げ込むなど激しいこともせざるを得なかった。

5.26, 27
愛知で学会があるが、同時に某博物館への職員採用試験応募書類の提出も行う。その後会場に出向き、発表し、懇親会。同期や先輩方、また普段顔を合わせない方々と研究内容の議論やその他いろいろいろを語り合う。
翌日に学会が終わり、近くにあった博物館に訪問、帰省し、それからお通夜へ。実は先日、所属研究室は違うが、同じく菅平に研究室があり、かつ同じ寮に住んでいた先輩が急逝してしまったのだ。あまりに急なことで信じられない思いでいたが、お通夜で対面して、現実を突きつけられる。あの日、亡くなるつい数時間ほど前は、いつも通りお過ごしなさっていたのに・・・この世のなんと無常なことか。

5.28
告別式に参加。あまりにも悲しい。「もし」を考えてしまうと、こんな事態にならなかったのでは、と思ってしまうが、どうしようもなく、やるせない。
せめて、彼とともに過ごした日々を忘れないで生きていきたい。
その後、帰省したついでに、強行ではあるが科博の特別展、大英博物館展を見に行く。来館者が予想以上に多くゆっくりと展示を見る雰囲気でなかったのが残念であったが、やはり、ここ1週間のいろいろの影響もあって、つい考えてしまう。

5.29
関東随一の酷道、299号(埼玉~群馬~長野)に挑む。本当にこれが国道なのかと疑いたくなるような道路状況が結構続いたのだが、それだけ山の中にいるわけだから、走るのが楽しくないはずがない(もちろん日中限定での話で、雨の日や夜は生きた心地がしないだろう)。平日の日中だけあって対向車はほとんどなかったが、バイクに何台か追い抜かれた。二輪車でのツーリングはさぞかし爽快なことだろう。
その後買い出しをして帰菅、だいぶ疲れがたまっているのでたいしたことは行わず、料理を作って食べてから帰寮。  


Posted by Impulse610 at 21:00Comments(0)