2017年04月21日

2017. 4. 21 の人生

手は動かせるが、頭が全然働かない状態に陥る。英語が頭に入ってこないし、ただでさえ悪い頭がさらに鈍化して、弊奴隷お家芸、寝た子を起こしそうになったりする。修論で引用文献を書いているときもそうだったが、図版を見直すたびに改善点が見つかり、この作業の泥沼から抜け出せる気がしない。夕食後、学会の参加締切が今日だったことを思い出し慌ててメールを送る。わが生活の様々な事項が、論文作成の名のもとにその優先順位を繰り下げられている気がするが大丈夫か?学位取得を目指す場合、最低あと2回はこのような状況を迎え入れなければならない。肉体はまだしも、精神が持つのだろうか。ストレス発散もかねてテニス練習機(ボールにゴムひもが付いていて、ひもがおもりについている。なので、ボールを打っても戻ってくる)で打ちっぱなしていたとき、いつもは発するのことない奇声を上げまくっていたので、精神崩壊のタイムリミットは近いかもしれない。閉じこもっていると状況悪化に拍車をかけそうなので気を付けないと…

最近、小学生時代よく見ていたTVアニメのオープニング曲が頭の中で始終鳴り響いている。ひょっとしたら、脳内ではすでに現生に見切りをつけていて、希望に満ち溢れていた少年時代を投影することで世知辛い世の中をだましだまし生き延びていこうという戦略なのかもしれない。




小学校入学前後~低学年のころにやっていたものたち。当時のこと(特に映像記憶)はほとんど思い出せないのだが、こういった曲のフレーズは結構鮮明に覚えていたりする。そして、おそらくとても久しぶりに映像を見たら、懐かしさで涙が出そうになる…また小学生から人生をやり直したい…  

Posted by Impulse610 at 22:47Comments(0)

2017年04月21日

2017.4. 18- 20 の人生

4.18
何をしていたか忘れる。確か受難の書類を書いていた気がする。また、申請者の精神と肉体を蝕む申請書を弊ラボ出身の先輩に見ていただき、鋭い指摘を多数いただく。前回はBOSSと弊奴隷との間でのみやり取りしていたことも敗因のひとつとみているので、厳しい外部評価により申請書を鍛え上げなくてはならない(そしてとっとと別れを告げたい)。あと、今日こそは切片をと、トリミングをしたのはいいが、結局断念。人生なり。

4.19
健康診断を受けるため、出張されるBOSSの新幹線に乗車してつくばへ。道中、昔の実験所はもっと平和であったという話を聞いたり、論文のディスカッションを行ったり、学生の教育について話をしたりする。
昼にうどんを食べる。その影響で、体重は増加し、56.3 kgを計測。とはいえ、BMIは18に及ばない。おそらくこの先、厳しい隷属に加え、夏野菜が旬を迎え、わが食生活がもろに影響を受けることにより、私の体重は減少の一途をたどるに違いない。今シーズンこそは50 kg を下回りたいが達成できるだろうか。。。伸長は頭髪効果により182.2cmを計測。このまま10年位頭髪を伸ばし続ければ2 mの大台に達したりするのだろうか。それとも、体重に比例するように頭髪も減少の一途をたどったりして…肉も髪もそぎ落とした無駄のない体躯はさぞかし快適に違いない。
帰りの新幹線ではだいぶ寝る。

4.20
午前中は論文の確認。もう少ししたらこの苦行とも別れられるのだろうか。修論もふくめて、断続的に半年以上苦行が続いている気がするが、研究者一般はこの過程は苦行ではなく快楽なのだろうか。あるいは給料がもらえているから耐えられているのだろうか。
昼は卒研生歓迎会。もくもくと料理を頂く。同時に、本日で下山する後輩を送る。いろいろな事情で研究を断念しなければならないようで気の毒にも感じるが、遠隔地であるということがその事情に拍車をかけてしまっていたらなおのこと残念に思う。しかし、私は他人の人生には介入できないし、してもいけないだろう。そもそも、まずは自分の人生をどうにかしないといけないのだが…
歓迎会後、今年度第最初の受難の時を迎える。結果的に大ごとにならず次の議題へ進んでいったため一安心。なるべくこういうことで神経をすり減らしたくないものだ。
その後、日付が変わるまで、某就活準備や図版の修正に追われる人生を送る。  

Posted by Impulse610 at 00:03Comments(0)