2017年03月10日

2017. 3. 8-10 の人生

3.8
午前中は構外散策。一部留学生のふるまいに呆れつつ歩く。往路で見かけなかったカワゲラが復路で数匹登場して安堵。
午後は班ごとの自由研究。その間のんびりと鳥見。カラスと思しき羽が多数採集され驚く。

3.9
1日自由研究をしてもらう。どうやら、昨日、キツネがカラスを襲って喰ったらしい。決定的な証拠となる風切羽や嘴の破片が見つかったのだ。スタッフ一同びっくり仰天。長年実習を担当するBOSSですら、こんな事態は初めてのことらしい。
夜は研究発表。やはり、何を話しているのか聞き取れない。反省会では、日本人より日本人らしいと称されたアメリカ人学生とお話。菅平のあれこれがだいぶお気に召したらしく、夏の実習はもとより、卒研をこちらでやる可能性についても言及してくれた。これは大変にうれしいことである。どこまで実現するかわからないが、期待したい。

3.10
クロージング。スタッフ不足や留学生対応などで2月よりもバタバタしていた印象があるが、これはもうどうしようもないことだろう。来年のことは考えてはいけない。とりあえず、無事に終わって一安心。思えば、月曜日の時点では天気予報が最悪だったのだが、実際はいつになく恵まれた気象条件であったし、カラスが食われるなど前代未聞のイベントも知ることとなり、充実した実習内容だったと思いたい。
午後は何もする気が起きないのだが、無性に双眼鏡がほしくなり、あれこれと調べて過ごす。実験所にはNikon 10*35 EIIという最高ランクに近い双眼鏡があるため、ここにいる分にはこれを拝借していればよいのだが、旅行先に持っていくような私物化は避けねばならない。型落ちしているポロ式双眼鏡がいくつか気になっているが、ネットオークションにあるので手に入るかはわからない。あるいは、携帯しやすいダハ式で、性能が良いものを選ぶという選択肢もある。いずれにせよ、金銭的余裕はあまりないのだが…
夕方に十福の湯に行く。露天風呂ではミソサザイ、駐車場ではフクロウの声を聴く。
風呂から帰ってきても双眼鏡のことばかり調べてどうしようもないので、帰寮しとっとと寝る。  

Posted by Impulse610 at 21:27Comments(0)