2016年10月10日

フロントガラスの修理とボンネットのパテ塗り

人生の漂泊から戻ってくる折,フロントガラスに飛び石がぶつかり,小さなひびが入ってしまった.


しばらくセロテープを貼っておいたのだが,晴れるという天気予報を信じ,本日作業開始.


失敗したかな…? 実は夜には雨が降ってくるなど散々な天気だったのだが,樹脂封入を行ったはずのエリアに水が入り込んでいく様を目の当たりにしてしまった…修理キット自体は 1000 円もせずに手に入る(amazon で買ったのだが,なぜか説明書は英語)ので,またやり直せばいいのだが…

その後,去年やらかした部位のうち,ボンネットの修理に挑む.


去年,ドイツでの国際学会を終え,実家から帰菅する折,実家から 100 メートルもしない T 字路を曲がり切れず,左側を高架にぶつけてしまった.幸いにして超低速での事故だったので,見た目が悪くなる程度の被害しかなかったのだが,1年もたってしまうと,さびが生じてしまうなど状況が悪化してしまった.より被害の大きいフロントフェンダーに着手する前に,お手軽に作業できそうなボンネットの傷を磨き,塗装を落とす.


1年近く前に買ったまま倉庫に眠っていた厚塗りパテを呼び戻し,塗る.この時に目張りしていなかったことを後悔する.せっかく晴れの予報を選んで作業を開始したのはいいが,昼過ぎから曇ってしまった上に,最高気温が10度にすら達していない.パテの硬化にはある程度の温度が要求されるので,この状況ではいつまでたっても固まらない.そこで電気ストーブを持ち込み硬化時間の短縮を図る.そしてその間にカレーを作る.


まあ,ひどい出来栄えである.オーナーの性格が車によく出てしまっている.まあ経済的にも,立地的にも,立場的にも,好きなだけクオリティを追求することが困難であるから,こんなもんでいいのである.要するにさびて腐ってボロボロになるなどしなければ問題がないわけで,多少見栄えが悪いところで,通常の運用には何ら支障をきたさないはずだろう.

さて,来週はいよいよ曲がったフェンダーを元に(?)戻し,塗装もごまかしておきたいのだが,時間はとれるだろうか…  


Posted by Impulse610 at 20:12Comments(0)