PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2015年03月22日

真鶴ビーチコーミング

今朝は2時半起床.とても目覚めがよく上々の滑り出し.3時ごろラボに向かい,カワゲラの様子見や荷造りを行う(のちに大半のものが不要であることが判明).4時に西松井田に向けて出発.せっかく昨日用意したCDは再生されず,努力が報われない人生を図らずも露呈させてしまった.さて5時57分の列車に乗るつもりでいたのだが6分くらい遅れてやってきた.こんな朝っぱらから,始発駅から2つ目の役に来るまでの途中に何のトラブルがあったのだというのか.高崎駅で5分で乗り継ぎをする予定でいたので気が気では成らなかったのだが,どうやら違う区間で踏切で何かがあったらしい.結局14分近く遅れてしまったのだが,現場の踏切に差し掛かってみて,田んぼのど真ん中にある事故とは無縁そうな場所に見えたことに人為の関わらないトラブルがあっただろうことが想起され,こうして予期せぬ邪魔が入って人生設計が崩壊していくのだなあと妙に納得させられてしまった.もちろん乗継には間に合わなかった.
高崎駅に着くころにはあきらめがつき,国府津行きの列車に乗り,そこでさらに熱海行に乗り換えて真鶴に到着.道中は『森の生活 下』を読み進める.自然や孤独に興味のある方にはおすすめできる一冊である.さて真鶴からはバスに乗る予定だったが,列車が到着する2分前に出発してしまっており,ここでもちぐはぐな人生の歯車を見せつけられるのであるが,仕方がないので歩いて岬へ向かう.真鶴は暖かく冬の格好をしてきた私は厚くて仕方がなかったのだが,余計な荷物が充填されているリュックのせいで上着もすべて収めきれず死ぬ思いを強いられる.
やがて第一の浜に到着したので歩き回ってみたのだが,ここではなんとウミガメの骨を2つ発見.ちょっと前なら識別不能だったろうに,無数のゴミの中から一目見てそれだと分かるようになってしまっているのは進歩していると言えるのだろうか.それからもう一つの浜に移動したのだがここには何もなく,イソチビゴミムシを探す気にもなれず捜索を終了.余った時間は貝類博物館でのんびり過ごしたかったのだが,今朝の不運な人生のせいもあり,バスの接続時間を考慮しても20分位しか見学時間が割けず駆け足で貝を見るので精いっぱいであった.バスはトラブルもなく駅に着き,そこですぐさま前橋行きの列車に乗り込み,あとはひたすら帰るのみ.ちなみに18きっぷの消費のための移動ではあるが,どちらもグリーン車を利用している.休日ならどこまで乗っても780円かかるのだが,長時間長距離を移動するなら払っても損はないだろう.結局予定していた列車より1本あとの列車で西松井田に戻ったのであった.
軽井沢と上田で買い物を済ませ,ガソリンも入れて(リッター10キロを達成)21時ごろセンターに到着.理想的にはこの後悪魔の卵を固定したかったのだが,それを不可能とする眠気に襲われたので大したこともできずに帰寮したのであった.

~・~・~

結果的に収穫はあったのですがダイヤ乱れと荷物の多さ,それから暑さによりストレスフルな遠征となってしまいました.18きっぷがあと1枚余っているので,次に使うことがあったらこの辺りをもう少し改善させたいところです.候補地はいくつかあるのですが,移動にかかる時間とストレスが一番少なそうな鎌倉になる可能性が高いです.

さて明日明後日は悪魔の使いとして人生を送ります.  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)