2015年03月16日

(カワゲラのいない)南の楽園から(黒い悪魔が牙をむく)寒極へ

今朝は7時45分ごろ起床,9時過ぎに秋葉原に向かう.昨日宣言したとおり同人ショップめぐりがメインなのだが,SDカードやUSBメモリといったものの購入も視野に入れた行動であった.ここでデジタルオーディオプレーヤーが,”秘封倶楽部”を表示したまま使えなくなってしまった.思えば高校時代から使っているものだし,液晶画面はもはや裸眼で充分近づかないと読み取れない程度に見えなくなっているし,人生の終焉に差し掛かっているのだろうと思い至る(しかし後に復活の兆しが見えた).
さて結局収獲のほうは,昼過ぎに向かった池袋とも合わせて,12枚のCDを手に入れるに至った(7000円).我ながら,どうしてこうも無遠慮にCDを集められているのか考えてみたのだが,きっと秘封倶楽部のアレンジ楽曲を聞きたいという欲求以上に,何かしらに過剰な投資をしたいお年頃に差し掛かっていると見なす方が妥当なように思えた.一方で,覚醒している時は常に秘封倶楽部のことを考え続け,五島や小笠原にいる時でさえも,秘封動画の素材として無意味な写真を撮影しまくるような症状も現れている.しかも現段階で,動画は脳内で完結してそれで満足している始末である.こうなると,単に投資の悦楽に浸ったが先か,秘封病に罹患したかが先か分からなくなってくる.
ちなみに,私にとって秘封倶楽部は我が奴隷人生にひとときの安寧をもたらしたり,作業を捗らせたり,経験の希薄なImpulse Buyingを嗜める存在であるため,他人の興味関心を必要としない.まあ,仮に知名度が上昇すればその分二次創作の数も増えて破産へまっしぐらになるだけだから,むしろ今よりもひっそりとしてもらいたいくらいなのだが,自ら進んで秘封倶楽部の良さを説いたり,同好の志と語ったりする機運は全く欠落している(そういう内向きの志向のためか,五島で移動中原曲のCDをかけたら結構驚かれてしまった).
ところで今回は同人誌もさがしたのだが,どうしてこう,成人向けのものばかりなのだろう.性的趣向は精神の安寧をもたらさず,意に反するテーマであるから購入することは無いのだが,一般向けのものも含めて,成人コーナーに置かれているのはなぜなのか.一般向けと成人向けとの区別を怠る販売店を責めるべきなのだろうか.まあおかげさまで,こういう所に行くのにも全く抵抗が無くなってしまった.ある意味進歩が得られたとみてよいだろう.誤解されないよう付け足しておくが,私にとって年齢制限の如何によらず,秘封倶楽部以外のあらゆるアニメ・同人グッズはノイズに過ぎない.時に100パーセントに達するこのノイズの中から,一縷の望みをかけてまだ見ぬ秘封倶楽部の活動を見学しに行くのである.

秘封の考察はもう良いだろう.所要を済ませてからいったん帰宅し,荷造りをして帰菅を始める.音楽が聴けなくなったので,池袋で買った『ソクラテスの弁明』を読みながら,川崎から高崎まで乗り換えなしで移動できる上野東京ラインの恩恵を受け,西松井田に2週間近く放置していたBRAVOの無事を確認し,待ちに待った秘封音楽を堪能しながら1時間半のドライブ.久々の菅平は思ったより寒くなく,雪はまだ積もっているがアスファルトが完全に見えていた.そして星がとてもよく見える.これ,小笠原よりきれいなのでは?と思いたくなる.父島も良く見えたが,標高がある方が観察に適しているのかもしれない.

~・~・~

明日はカワゲラの奴隷という自らの身分に立ち戻らなければなりません.採集あるのみです.そのついでに買い物もしないといけません.
  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)