2015年02月14日

話術がダメなら服装で勝負

昨晩は22時半ごろ就寝して7時起床.自分でも驚くほど快適な睡眠であったが,さすがに車内は寒い.温度計を見ると0℃になっている.それ絵でも布団の中は至極快適なのであった.


これが私の睡眠環境である.布団が敷けて,なお且つ折り畳み自転車の収容も可能なのである.
身支度を整えて卒研会場に向かい,皆さんの発表を聞く.全体を通して,Wtwさんの発表が最も印象的であった.情報に過不足がなく,構成もシンプルで,メッセージがとても分かりやすい発表であった.あんな発表ができるように私も精進していかねばならない.お昼休みに急いで部室に戻って和服に着替える.会場の中は暖房が効いて気持ち悪いくらいに暑いのだが,外は気持ち悪いくらいに風が強く寒い.風さえなければ快適なのだがどうしようもない.
さて私が発表するセクションは菅平組が集結している.陽気なN氏はたびたび「俺の発表,すごい人が来ると思ってる」と連呼していたものだが,確かに人が多かったように思う.で,私の前にはK氏がナガヒラタムシの愛を熱く語って聴衆に大うけ.話術と情熱の違いを思い知らされながら,私は服装で勝負することになった.もはや何と張り合っているのか分からないのだが,練習を重ねた甲斐あってほぼ現行通りの発表になったように思う.2つあった質問のうち1つが意図がよく分からず混迷した解答をしてしまったが(BOSSに「間違ってませんでしたか?」と聞いたが,まあいいでしょう,とのこと),予想されていた悪夢は回避された模様である.かくして2014年3月27日から始まったカワゲラへの隷属生活に,ひとまず区切りがついたのであった.

発表が終わった後も会場に残って(のちに着替えて)発表を聞き,遺漏会が始まるまで部室に待機.来週に発表を控えているという同期で学類の異なる(資源)Yさんからスライドのチェックを依頼されたので,内容を全く理解しないままレイアウトについて思うことを指摘していく.菅平組の発表を見てそのクオリティに圧倒されたというが,確かに彼女のスライドを見ていると,驚くのも無理ないだろうなあと感じる本学のことはよく分からないが,菅平組は発表のクオリティを高める環境に恵まれているので,余計にびっくりしたかもしれない.私が偉そうにするのもおこがましいのだが,少しでもスライドを分かりやすくするよう考えれば劇的に質が変わりえるので,そのあたりを会得してもらえればと思う.
さて遺漏会ではtubaさんと談笑する機会に恵まれた,というよりずっと談笑していた.こんなに話したのはおそらく初めてのことだと思うが,とても愉快なひとときを過ごすことができた.Yから始まる特定の配列について,時にクラス担任をも交えたお話を出来たのは大いに有意義であったように思う.遺漏会後にtubaさんを駅までお送りしてから帰菅の準備を始める.以降は追記の欄へ・・・

~・~・~

卒研発表も終わりましたが,そのことはカワゲラへの隷属生活が終わることを意味しません.さっそく明日から隷属すべきなのですが,さすがに体力的に休みたいものです.というわけで菅平に来て初めて,菅平にいるのに研究をしない1日を過ごすことにします(今までは「菅平にいないから研究しない日」はありました).  続きを読む


Posted by Impulse610 at 06:10Comments(2)