2015年01月05日

без названия

今朝は7時起床,8時出発.午前中は年末に仕込んでおいたミネトワダと,昨日仕込んだユビオナシの蛍光観察を行うが,ミネは全滅,ユビオの方もステージが進むと壊滅,今年最初の蛍光観察はストレスに富んだ波乱の展開を迎えた.昼食後は要旨第四稿の推敲と卒研スライドの編集に従事,要旨は昨日よりも進歩が感じられる出来栄えとなったが,再度BOSSに見ていただく前に一晩熟成させることにして,残り時間をスライドいじりにあてる.先日のセミナーの段階で時間いっぱい気味だった内容がさらに追加されている現実をなるべく見ないようにしながらも,出来る限りたくさんの情報を詰め込んでいく.今回は発表場所のフォーマルさとか卒研発表の意義を考慮して,セミナーよりお堅い雰囲気を醸し出してしまいそうだが,過去3年間あの場で発表を見てきて殆ど何も理解できていなかったことを思うと,そうすることの無意味さを感じてしまう.
610の場合,やっていること自体はカワゲラの卵を見て写真を撮っているだけなので,卒業研究の中でも相当シンプルであろう.ただ,どうして卵を見ているのか,その背景を説明するとなると途端にややこしくなり,系統学的な知識や昆虫の大まかな分類体系の把握が必要になってしまう.その手助けとなるような説明を最初の方に行うつもりであり,入れ子状の構造と色(色覚バリアフリーにも対応しているつもり)とを関連付けて把握していただければ,用語的に理解できなくてもその先の話についていけるような気配りをしているつもりであるのだが・・・
スライドを作っている時も,要旨を書いている時もそうなのだが,一つの文章,一枚のスライドを作る時,いいアイデアが浮かばず膨大な時間を無為に過ごすことがある.そういう時,誰かに意見を仰いだり,チェックをしてもらったりすると問題が一挙に解決するような幻想に苛まれており,そうしてしまいたくなる気持ちが強くなってくるのだが,そうすることによって誰かの時間が私のために消費されることの無意味さを思うと,安易に誰かに頼ってはいけないなあと思いとどまるのである.じゃあどうするのか? ひたすら考えるのである.とはいっても,デスクにはパソコンも文献もあるわけだから,そういうものを利用してしっくりくるものを見つけ出す,と言う方が現実に沿っている.目下の悩みは,情報の海から目的に適った情報を拾い上げる能力が,主に私というハードのスペック的な問題により阻害されているということである.それが,20時半を目標とした帰寮を1時間半も遅らせてしまうのである.

~・~・~

明日も明日とてカワゲラと卒業研究に隷属です.  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)