2014年12月10日

深まる系統推定の闇

今朝は7時半起床、8時前出発。先日戦慄した問題について、ようやく一つの答えを得たのだが、やはりこの前予想した通りの結果であった。これはどう解釈すればよいのだろう。本日BOSSはつくばへ向かわれているので、その間にいろいろ考えてみることにしたが、既存の系統仮説に沿って考えるとやや無理が生じそうな感じがする。ミナミカワゲラ亜目の発生を見ないと結論を出せないのだろうなあ。さて本日も例によってミネトワダカワゲラに隷属をしながら、切片作りの続き、試料の脱水及び樹脂浸透を行い、ユビオナシカワゲラもまた固定をしていく。やはりユビオナシの卵は小さく、目を背けたくなる。特に今の段階だと殆ど発生が進んでいないこともあって、固定液に入れると卵が透き通ってしまい見えなくなるのでただただ苦痛である。そう、これこそが我が人生の真骨頂である。英会話のレッスン後は文献を調査してみたり目を通したりしてから21時帰寮。同期K氏が卒研の要旨を書き始めているのに触発され、610も書きはじめようかと思ったのだが、膨大な進捗を前にして何を書けばいいのか分からなくなり挫折。今日の結果も踏まえてトピックを絞らないと所定の用紙に収められないだろうし、ダラダラと書けば焦点が定まらない。21時帰寮。

~・~・~

明日は樹脂包埋を行います。その作業の傍ら?, お決まりの卵固定に隷属する人生を過ごします。
  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)