PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2014年11月09日

オイル交換と系統樹創成ができない人生

今朝は7時半起床、8時出発。お昼前までミネトワダに隷属し、オイル交換をしに菅平の自動車工場に向かったのだが定休日である現実を突き付けられる。交換は明日にすることにして昼食を済ませ買出しに出向く。冬用のウォッシャー液や不凍液は手に入ったのだが、冬用のワイパーが売っていなかった。やはりホームセンターではなく自動車用品専門店に行った方がいいのだろう、その後ハードディスクを買いに電気屋に出向き、1TBのコンパクトなものを9000円程度で購入。冬に差し掛かって、車だけでなく610自身の燃費も急降下していて、今まで2日に分けて食べていた麻婆豆腐や青椒肉糸糸を一晩で平らげてしまう事態が頻発している。これでは1日当たりの食費のコストがかさむばかりであるので、解決策としてモヤシで生きていく人生を選択。こうして今まで100(低燃費時)~200(高燃費時)円台で推移していたおかず代を一挙に20円程度に抑えることが可能となった。
センターに戻ってからはひたすらスライド作りに取り掛かる。しかし今日の実際はスライドではなく系統樹の創成だったのだが、これが発狂しそうになるほど面倒なのである。手描きなら一瞬で構築できる系統樹だが、Powerpoint上だと枝の一つ一つを丁寧に描いていかないといけない。こんなに馬鹿らしい作業があってよいのだろうか。少しでも楽をしたい610は「フリーハンド」→「頂点の編集」を使って適度にサボりつつ、系統樹の最小画数はいくつか考えながら作業を進めていくのであった。そして最高難易度の難関に差し掛かり挫折。枝長の揃っているシンプルな系統樹だとトレースして描くのに苦労しないのだが、Thomas et al. (2000)のような進化速度を反映しているものに対応する術を610は持っていないのである。適当に手描きして、それを写真にとってトレースすればよいのだろうか、しかし何と面倒な作業なのだろう・・・22時過ぎに力尽きて帰寮。

~・~・~

明日はきっとオイル交換をします。それ以外の時間は永遠にカワゲラとスライドに隷属します。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2014年11月08日

タイヤ交換で疲弊する人生

今朝は6時半起床、50分出発。定期清掃が始まる9時までミネトワダカワゲラに隷属。掃除のために寮に戻り階段を掃除し、スタッドレスタイヤとともに再びセンターに向かい、ノルマ分の固定を終え昼食後タイヤ交換に着手。車についてきたL型レンチだと永遠にナットを緩められそうになく、ここで大分体力を消費してしまう。やはり数千円の出費を惜しんでやってもらった方が良かったのかもしれないなあと思いつつ、ここでお金を投入するようでは生活していくのも大変だろうということで気を取り直し、でとあるところから十字レンチを拝借して再度戦いを始めたのだが、それでも相当に固い。しかしナットを緩める工程以外はそんなに苦しいものではなかったのが救いで、ヘロヘロになりながら2時間近くかけて全工程を終了。スタッドレスタイヤの空気圧がひどいことになっていたのでガソリンスタンドで適正値にしてもらってから、作業の疲れをいやすために渋沢温泉に向かう。ここの露天風呂には610のからだがジャストフィットするような素敵な岩場があって、そこで寝転がると人生を謳歌している気分になれる。ここで体力を回復させたのはいいのだが、回復しすぎて気力がなくなってしまった。夕食後19時半に帰寮。早く寝て体力を適正値に保ちたいものである。

~・~・~

昨日のscience関連の報道がYahoo! のトップページにも掲載されていました。せっかくなので宣伝しておきます。
Yahoo!ニュース - 昆虫出現 4億8千万年前と判明(2014年11月8日(土)掲載)


明日はオイル交換をしないといけません。そのほか冬用のワイパーとか凍結対策グッズの購入をしておきたいところですし、この季節になるとデータを飛ばすジンクスが菅平に根付いているらしいのでバックアップ用のハードディスクも手に入れないといけません。出費がかさみますが、渋っていると人生のQOLが下がるだけでなく、命の危険を増長させることにもつながりかねません。しかし仕送り額は基本的にこういう出費が考慮されていない上にTAとか高山蝶パトロールのお給料もやってきていません。つまりこれが人生なのです。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(2)

2014年11月07日

без названия

今朝は7時半起床、8時前出発、例によってカワゲラに隷属しつつ、BOSSをはじめとした研究室のメンバーが共著者となっている昆虫の高次系統に関する論文がscienceに掲載されたことに関連するHP更新作業を行ったりする。昨日からBOSSはプレスリリースへの対応で大忙しで、午後からゼミがあったのだが途中でインタビューに追われいなくなってしまったほどである。
そのご11月末に控えるセミナーに向けたプレゼン作りを開始する。今回は種々の制約があるのでパワーポイントによるプレゼン作成を強制されている感じであり、割と解像度の高い画像を扱う必要もあることだし、Beamerへの執着を捨てることにしたのだが・・・セクションの細分化が全くできないのはいかがなものか。1.1ですらデフォルトで段落をつけられないとは悲しい現実である。途中でセクションが追加されたときにいちいち手動で番号をずらすなど最高に非効率なので避けたいのだが…まあ手間を考えれば、いちいちコンパイルしないとスライドの全貌を確かめられないBeamerといい勝負かもしれない。まあ一度しっかりとした枠組みを作っておけばこの先役に立つだろうと前向きな人生を設計していくしかない。
夕食の時間帯に、sienceへの掲載を祝賀したパーティを行う。610は全く関係していないが、だからと言って参加しなくてよいという雰囲気ではなかったので端っこに陣取り甘酒を一人のみ過ごす。その後22時帰寮。今日は日中全然気温が上がらず寒かったが、暖房の聴いた場所にいる時間が長かったこともあり大して困難ではなかった。

~・~・~

今回のプレスリリースは大学にも掲載されております。ここで掲載するとBOSSを伏字にする意味がまったくなくなる上に、BOSSの名前を検索すれば私のフルネームも簡単に明らかになってしまうのですが、おそらくここで隠していても身元を暴くアプローチ方法は無限にあることを思うと無駄な努力、宣伝をしない方がデメリットが大きいような気すらしてきます。ということでリンクを貼っておきます。

明日は寮の定期清掃を行います。その後山を降りてオイル交換と車の冬対策第一弾に着手したいところです。
  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2014年11月06日

без названия

今朝は7時半起床、8時ごろ出発、午前中からミネトワダカワゲラやカワゲラ科数種の卵固定に隷属するが、眠気が11時ごろまで引くことなく辛いひと時であった。昼食後もミネトワダ固定の続きを行い、15時から先輩の博士論文予備審査の発表練習を聞くことになったのだが、あろうことか発表の大半の時間を寝過ごすことになった。なんでこんなに眠気が引かないのだろうか…睡眠不足なのだろうか。その後夕食まで蛍光観察を終えた資料の保存液の交換作業に従事する。保存液を1カ月に1回程度変えなければいけないらしいのだが、カワゲラの場合無限にサンプルが増えていくのであまり直視したくない難題である。ただ今のところ普段利用しているサンプル保存用のバイアル瓶のストックが切れてしまっているので、この交換作業のついでにバイアル瓶も取り替えることで在庫不足を克服できる。面倒であるが向き合うことに一定の意義を見出せている。夕食後20時半ごろ帰寮。今晩は早く寝ないといけない。

~・~・~

明日はゼミです。それから、とあるニュースが発表されます。お楽しみに。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2014年11月05日

без названия

そういえば総崩災でやどけんブースにいて思ったのだが、私は昆虫に対する興味関心が随分衰えてしまったらしい。知識に関してはまだ深刻な抜けがないこともあり、聞かれたことは大体答えられるのだが、自分から積極的に解説をしようと思えなくなってしまった。より深刻だと思うのは、端的に言って昆虫採集が沖縄へ行くモチベーションたりえなくなったことである。どうしてこうなってしまったのだろうか。答えは単純で、鳥獣に対する興味関心が相対的に増大しているからである。沖縄に行くのであれば海獣の骨やオオコウモリの死骸や鳥の羽の探索に時間を割きたいと思う気持ちが虫探しの意欲を上回っている。まったく、私から虫を取ったら何が残るのだろうかという状態であった大学入学当初には考えられなかった事態である。

今朝は7時すぎ起床、8時前出発。ミネトワダカワゲラに隷属し、午後は久々にカワゲラ探しに出向く。予想していた通りミネトワダは全然見つからず1匹を辛うじて落ち葉の裏から見出したのみであった。落ち葉は無限に累積しているので探す気力がわかないのである。そのほかオナシカワゲラの仲間を3匹採集。まだ成虫が出ているのかと驚かされるが、彼らにとってこの程度の寒さが適温なのだろう。その後昼寝をしたが、今日は一日中眠気が引かなかった。その成果やる気もわかず、英会話と夕食の後とっとと帰寮することに。
その後、本日の月が「後の十三夜」であるらしいことが発覚し、帰ったばかりのセンターに戻り月の撮影を行うことに。


まず拡大写真を撮影。ただの月である。




大明神寮を照らす171年ぶりの名月(月が白飛びしてしまうのだがどうしようもない)


何かが降臨してきそうな雰囲気である。
月の撮影は星ほど面白味を感じられないなあ・・・

~・~・~

明日はやる気を回復させてミネトワダへの隷属と他のカワゲラ達の卵固定並びに蛍光染色準備等ができればよいと思います。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2014年11月04日

ベニテングタケを忘れる人生

11月3日
この日は布団の凸凹を解消するためいろいろな物を敷布団の下にかませ、それなりの環境を構築したこともあり、良好な睡眠が得られた。7時に起床しシャワーを浴び(去年居住していた棟のものを使い、水量の違いを確認)、干し柿収獲に向かったのだが全然実がない。刈り取られた後もないこと、2年次も実が無かったことを思うと、この渋柿は2年に1度しか結実しないのだろう。悲しみに暮れつつ部室に向かい朝食を済ませてから図書館で文献採集を行う・・・しかし、持ってきた論文ファイルが間違っていたことに気が付き、殆ど有益な情報を得られず。ああこれが人生だよなあと諦めてやどけんブースに向かう。

お客さんの入り方は昨日と同じような感じで、おおむね好印象を持っていただいたようであった。展示をパッと見た瞬間に「おお!」とか「すごい!」といった感嘆をもって受け入れられているようであった。やどけんに入り浸っていると虫とか骨の標本がありふれたものに感じてしまい、一般のお客さんがそうは思っていないということをしばしば忘れてしまうものだが、こういう所でハッと気が付けるといいんじゃないかなあ。
ちなみに今回は客引きを全くしていなかったが、それでも対応が追い付かないほどお客さんが来る時間帯もあったことを思うと、来年もこのままで良さそうである。

さて懸念していた剥製や骨格標本に対するバッシングは一切なく、杞憂に終わって非常に安堵している。ただ仮剥製に対しては、作成者のスキルがあまりに低いせいもあって、ズタボロの標本に残酷な印象を宿してしまったようであった。サークルの活動方針としては仮剥をアピールしたいと思っていたのだが、必要以上に推していくことで予期していない感情を呼び覚ます可能性もありそうに思えた。来年も展示するなら箱に入れて、そこに注意書き(仮剥製の意義、見た目が悪く恐ろしいと思うかもしれないことなど)を貼り、条件に同意した人だけが見られるようにするのが良さそうである(それまでに腕をあげたいが・・・)。

17時になり企画終了。撤収を終え19時からの打ち上げに参加。面識がほとんどない1年生とお話をする。その後買出しをして2次会に参加。それにしても1年生の数が多い。皆様のこれからのご活躍に期待したいなと思いつつ、0時に会場を去る。

11月4日
行きと同じような感覚でノンストップ爆走帰菅を始める。驚いたことに国道294号線との分岐点までおよそ30キロ程度信号で止まることなくノンストップですっ飛ばすことに成功、最高の出だしであった。多少の眠気があったものの運転の支障になるほどではなかったが、小用のために3度ほど止まらざるを得なかったのが心残りであった。しかし深夜帯は交通量も非常に少なく、国道144号に入ってからは対向車は来るものの自分の前後に車の気配を感じずストレスフリーでただただ上機嫌であった。その甲斐もあって4時10分ごろセンターに到着。所要時間は往路より30分ほど短い4時間程度となり、これ以上縮めるのは難しいだろう。荷物整理をしてから寮に戻り、5時に就寝。ゲンゴロウに餌をあげたものの回収を忘れ死なせてしまった現実に直面し、心に深い傷を負うことになる。そしてミネトワダの死亡個体も多数確認(産卵個体と羽化個体も確認)し、飼育が佳境を過ぎたことを感じさせた。
そうして13時過ぎ起床。まだいくらでも寝られそうだがそうもしていられない。部屋の片づけ等々をしてから15時出発、死んでしまったミネトワダやゲンゴロウの飼育容器を片付けたり固定卵の処理をしたり固定をして22時前に帰寮。

~・~・~

明日からいつもの隷属生活に戻ります。月末に控えるセミナーに向けて色々な整理もしていかないといけません。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2014年11月02日

下道で4時間半の距離

今朝は7時過ぎ起床、8時前に出発、お昼前にミネトワダの処理を終え、昼過ぎにガソリンの補給とタイヤの空気圧調節を行う。燃費のほうはついに5キロ/リットルに到達しこの先が思いやられ、タイヤは見違えるようにハリがよみがえった。寮で一休みしてから布団をはじめとした物品を車に搬入。ベッドの骨組まで導入すればかなり寝心地が良くなりそうだがそこまでしなくてもよいかと思い敷布団と掛布団にとどめたのだが、ゴツゴツした感じはぬぐえない。
センターに戻り骨の処理を開始。予定では10月中にタヌキもウサギも組み上がっているはずだったのだが、目の前にあるのはつくばから持ち込んだ時と変わっていない状態の骨々であった。人生の現実を突き付けられ為す術もなく、展示企画の最中に実演組立大会を行うしかなさそうである。夕食後荷造りをし、鳥の羽標本の存在を忘れて引き返したり(出発して5分位で気が付いた)して結局20時出発。
例によって下道を走るのだが、院死の時にコースを把握したこと、高速走行の楽しさに気が付いてしまったこと、燃費の具合を確かめたかったことなどが重なり、休憩なしで爆走。先ほど給油したときは130キロ走って23リットルも消費していたのだが、今回は見違えるほど燃費が高まっている様子が見て取れた。やはり寒い山間部で短距離しか走らないというのはどうあがいても燃費が悪くなってしまうのであろう。
結局4時間半後に使い慣れていたスーパーマーケットに到着、この前高速道路を使った時の所要時間が4時間程度であったことを考えると、条件(ノンストップが可能なコンディションで、且つ交通量が少ない)を満たせば下道走行でも高速に匹敵する時間で移動できることが分かる。もっとも、加齢するにつれてこんな蛮行はできなくなるのであろうが…

~・~・~

というわけで総崩災のためにつくば入りしました。明日明後日はやどけんブースに居ようと思います(文献採集やロシア料理を食べに出かけたりしますが)。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)

2014年11月02日

平和な一日目?

敷布団を持ち込んだものの寝心地があまりに悪く寝付けないままに6時起床、共用棟にてシャワーを浴びるがお湯のクオリティがものすごく低い。浴場を廃止してこのシャワー設備に振り替えられたとなると現在居住している学生が気の毒に思えてくる(いちおう棟内にもう少しクオリティの高いコインシャワーがあるので実際のところ問題にならないのかもしれないが)。その後部室に乗り込み荷物を搬入したり朝食を摂ったりする。準備をすると言ってもほとんどやることが無く過ぎる。
本災が始まる少し前に東京からはるばるM君ご一行が御訪筑を果たす。今回もご家族で来るのかと思っていたばっかりに、クラスの同級生といらしていたので少し驚くが、とりあえずやどけんのブースに案内し虫談義を行う。同行していた生徒さん、スマホで話していたことをメモしていたように思えたのだが、7年前のわたしとは隔世の念を感じさせる(当時のわたしは人の話をメモするという概念が無かった)。で私がロシア料理を食べに行きたいばっかりにご一行も巻き添えにし、4年生になって初めてロシア語に触れる。久々にお会いしたK先生に3月の訪露を進められ昂ぶったり、高1の皆さんを前にして偉そうに比較発生学や学問を説いてみたりして気恥ずかしくなったりする。SSHでいろいろ最先端の研究に触れる機会もおありと思うが、生物学を自主探究される際にはぜひとも対象生物をじっくり理解してもらえればなあと思っているが・・・物理や化学に興味があるかもしれないなあ・・・その後昆虫を重点に展示しているブースに行って標本を見たりしてから解散。
やどけんのブースに戻った610は延々とそこですごし、来場者に骨や虫についてお話したりメンバーとやり取りをしたりする。おかげで声がかれそうである。いったい今までどれほど喋らずに生きていたのだろうかと思わせるくらいである。終盤にはくたくたになり意気消沈、19時過ぎに撤収、同期のJくんとYさんとで某割烹屋で夕食。研究室によってかくも異なることがあるのだなあと分かってなかなかに興味深かった。
21時半解散、直ちにガソリンを補給しに行く。240キロ走ってなんと18リットルしか消費しておらず、燃費は過去最高13.3キロ/リットルを達成。昨日給油したときは130キロ走って約23リットルだったことを思うと、菅平が如何にBRAVOにとって不適な地であるかが如実になる。なおガソリンの価格が菅平より15円も安くこれまたたまげる。冬になるとさらに燃費が悪くなると思うと、冬季は運転を放棄したくもなってくる。

~・~・~

昨日懸念を表明しましたが、そういう恐ろしいクレームが無くてほっとしております。仮剥製のクオリティのせいもあって、こんな風にされてかわいそうだなあという意見こそ頂戴しましたが、これはこれで製作者として受け止めねばなりません。嫌悪の入らない驚きをもって受け入れられたことを思うと、声の大きなノイズのせいで展示を撤回する必要はないでしょう。

明日は開始時間が遅いので、渋柿収獲・学内散策・文献採集をして時間を潰してから本災に望もうと思います。その後打ち上げと二次会まで参加し、日付が変わるころに帰菅予定です。5時間台で戻りたいが、体力的に厳しいだろうか・・・  


Posted by Impulse610 at 06:10Comments(0)