2014年11月19日

発見するたび増える困難

今朝は5時に目が覚めていい気分になったが、電気をつけて二度寝をして45分後に起床。6時10分に出発し、朝食後蛍光観察を始める。ひとまず必要最低限のデータが得られたので安心するが、やはりミネトワダカワゲラは手強い。蛍光観察後、ある論文を見て全身に戦慄が走った。とんでもない発見をしてしまったのである。今後の人生を考えると、長期的には今見つかってよかったのだが、短期的には死活問題である。すなわち、発表スライドの大幅な改訂を迫られる可能性があるのだ。ただ発表タイトルが決まっている以上大胆な改革ができないのが救いで、BOSSや先輩方からも必要以上の変更を求められはしないだろうが、今見つかってよかったのか悪かったのか分からない。ちなみにこれもまたカワゲラの系統関係を考えるうえで非常に興味深い問題である。
昼食後寮に戻って風呂掃除と昼寝を済ませ、復帰後は先ほどの発見のせいで思考停止状態になりつつスライドに対峙し生まれぬ進捗を見て人生を思う。英会話で気分転換を図れたものの、根本的解決には至らず、夕食後には人生についてwilipediaで調べる始末であった。

~・~・~

明日はスライド第二稿のお披露目です。ここで本日の問題について相談をするので、またいろいろアドバイスを頂けると思うので、きっと停止した思考も動き出すことでしょう。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)