2014年05月30日

Tactics

今朝は6時起床。眠いが外の暖かさ-といっても最低気温は全国で7番目に低いが-に助けられる。
少し余裕があるので、ここ数日とりとめた写真をアップしてみたい。


センター内に小さな水たまりがあり、そこで繁殖期を迎えているヒキガエル。とても敏感だった(2014.5.27)。


ツチグリのなかま。白い球状の部分を押すと中から胞子が出てくる(2014.5.27)。


寮の網戸についていたカレハガのなかま? 2匹いた(2014.5.29)。


おそらくエゾハルゼミのぬけがら。つくばとか東京にいた頃は5月にセミの声を聞くことはできなかったが、菅平では既にセミが出ている(高尾山や筑波山頂付近には生息している)。エゾハルゼミは非常に変な声で鳴くので、興味がある方はyoutube等で動画を検索されたい(2014.5.29)。


N氏が採集したエゾヨツメ。初めて見たが、後翅の青い模様に感動。しかしながら、彼はヤママユガの仲間のはずなのに、翅を背中に立てて止まるのである。そのせいで撮影は難航…(2014.5.29)

~・~・~

8時半に徒歩でセンターに向かい、9時半ごろまで作業。その後病院に行き、2か月分の薬を出され、特に次回の予約はされずに解放。十二指腸潰瘍からの支配は一区切り付きそうである。病院の外ではハルゼミが大合唱をしていて山全体から機械音が聞こえてきた。その後送別会の買出しに同行しお昼過ぎに戻り、それからN氏と談笑したりしてから再度作業それからスライド作りに取り掛かり19時頃から送別会の準備。20時過ぎからSさんの送別会を行い、終わったのは日付を回ったあたりであった。困憊とともにスライドが間に合うのか不安になる。
  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)