2014年04月30日

人生は爆発だ!

今朝は7時起床。寮内の暖房が止まってしまったようで、室温が15度程度になってしまい寒いのだが、狭いことが幸いして持ち込んだストーブを稼働させることでそこまで深刻な問題ではなくなる。

午前中にはセンター内の実習室や倉庫の掃除を行い、明日から着任される教員や、ドイツからいらす研究員の方のワークスペースを創成する。
午後には菅平に来て初の解剖実習を行う。フタホシコオロギの卵を題材に胚の摘出および固定をするのだが、初めのうちは卵黄と胚とが一緒に出てきて見分けがつかなかったり、或いは胚を壊してしまったりして散々だったのだが、繰り返し解剖していくうちにコツがつかめてくる。産卵してから12~3日たっているのだが、眼点がはっきりしていたり拍動を行ったりしており発生の早さを感じさせる。
カワゲラでもコオロギと同じくらい簡単に解剖できたらとてもありがたいのだが、サイズと形状が不適切で非常に難しそうだ。たぶん避けて通れない試練なのだが、あまりの小ささに絶望したミヤモトクロカワゲラの卵に難なく孔を開けられるようになったことを思うと、何とかなるのかもしれない。
英語の時間を挟んでミヤモトクロカワゲラの卵に孔を開ける。孔を開けるときに卵を沈めておく容器には時々傷がついているものがあったのだが、この小さな傷が穿孔の時に卵を固定する窪みになっていることが判明した(Proturaと掘られている容器があり、その旨を先輩に報告したところ、カワゲラより小さいカマアシムシの卵の穿孔に使っていたのだろうとのこと)。これをカワゲラに応用すると効果絶大で、0.2mmに満たない卵にほんの少しだけ孔を開けることがかなり楽にできるようになった。

~・~・~

 季節の花々咲く 忍性記念・極楽寺公園 - 常陽リビング ニュース

地元のニュースに、宝篋山麓の公園の記事が掲載されていました。造園に関わった方々には、生態系とか生き物との関わり方について考えていこう、という考えは採っていない、というか、存在していないようです。
こういった人たちに対して、宝篋山の自然の一端を垣間見た610がせっかくの自然を破壊した、というのは簡単なことではありますが、とても薄っぺらで一面的な見方しかできていないことの単なる表出にすぎません。公園とか彼らの行動の否定に終始するような低俗な振る舞いは旧自称宝篋山マスターとしての恥さらしです。
この方々がこの辺りにいる生き物のことをよく知らないのでいたならば、そういう魅力的な生き物を紹介したうえで、彼らに日が当たるような公園への成長を提案していくことが建設的なやり方でしょう。皆さん宝篋山を愛しているはずですし、忍性という人のエピソードをもってしても、頭ごなしに否定することは無いでしょう(もし否定されたのであれば、整備隊の方々は宝篋山の自然ではなく自己満足を優先したことになるか、単に提案の仕方が悪かったのかのどちらかでしょう)。

http://ameblo.jp/canary518/entry-11837486093.html 宝篋山の野草を食べる|ママの元気は骨盤から!下妻の女性専門整体院こあバランス整体院。からだをケアしてHappy育児♪


ちなみに、忍性公園について一般の宝篋山訪問者がどのように受け止めているのかについては、このリンクを参照されると何となくお分かり頂けると思います。コイを見て「Goodbye 生物多様性!」とか、「こんな冷たくてきれいな水の中にたくさんいて、生きていけるのか」などと嘆くようなことはありません。むしろ、コイが泳いでいることに癒しを感じ、好意的に受け止めていることがお分かり頂けると思います。
コイの件に関しても、上に書いたように放流することが相応しくないこと、それよりも宝篋山で見られる魚を放し、どんな魚がいるか看板を立てたい、採集と情報提供にはやどけんが協力したい、などという提案を伝えたら整備隊の方々は前向きに検討してくれるかもしれませんが、果たしてそれで一般の訪問者が満足するのでしょうか? 前は大きくてきれいなコイがいた場所が、何だかよく分からない小魚のたまり場に置き換わってしまっている。しかもいるのか分からない。コイがいたときの方が良かった・・・などと思われてしまった時、どうすればいいのでしょうか?
要因とか対策は多岐にわたると思います。実際に行動にうつし、より良い環境を創成できる一番の候補はやどけんの皆さんだと勝手に思っているので、余裕があったら考えてみてください(う~む、こういうことはこのブログよりもやどけんブログに書いた方が良いのだろうか…)。

~・~・~

ここ2,3日天気が悪かったのですが、明日は晴れるそうなので、カワゲラ採りに出向きたいものです。
夕方からセンターあげての歓迎会があるのですが、610はその次の日に胃カメラの歓迎会を控えているので静かに過ごすことになるでしょう。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)