2013年11月20日

私のいないやどけんはいいところ

本日は6時起床。

1限:発生生物学II
嚢胚形成とオーガナイザーのお話。教室が広すぎる上に集中暖房が入らず、寒い。おまけに椅子のクオリティが最悪なので(ちなみにこの大学には最悪よりもひどい極悪の椅子が存在する。興味のある方は1D棟2階の大教室をご利用されたし)つらい。

2限:動物進化学特講
先週に引き続き進化生物学を理解するのに必要な用語の説明と、先生の研究の紹介が行われる。


4限:専門語学(英語)BII
避難訓練から避難していた610は、訓練に参加せず静かな教室でしばらく待っていた。
今回はこのレビューを紹介したのだが、やはりうまくいかなかった。そもそも、ほぼ全文を日本語に書き下したのにもかかわらず、何を言っているのか理解していないのである。大雑把にdeep homologyが何たるかは掴めたのだが、説明できることとは別の問題である。

放課後:やどけんMT
まず新歓について非体系的に、思うままのことを話した後にJ君が推している牛久水槽projectに関する議論がなされる。新歓のことはさておき、アクアリウム関連について、特に道具に関してさっぱり理解できない610は、水槽談義で盛り上がっている様子を見ながら世代交代を実感する(いや、そもそも610の世代なんてものはあっただろうか…)。
このところ、毎回のようにミーティング後に有志で夕食に行くことが常になっているのだが、この時間がとても有益に思える(食事はやどけんの活動と関係ないので強制ではなく、不本意な参加者はいないだろうと勝手な期待を抱いていることもあり、なおさらそう思えてしまう)。本当にそう思える一方で、ミーティングに2時間近く、夕食に3時間近くかけてしまうとは予想していなかった。翌日に授業が無ければ、これくらいの夜更かしもあってよいなあと思うのだが、何というか、単純に楽しいことを楽しいと思えないのが悲しいところである。どうにも610は、「大学生は何よりも学業が優先である」という考えから自由になれていないようだ…

~・~・~

さて、明日は610の生きがいであり至福のひと時であるロシア政治があります。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)