2013年10月20日

見えるところは片付いた。では、見えないところへ…

今朝は8時起床。朝の寒さに耐えかねて、ついに暖房を始動。エアコンの力の偉大さを感じるとともに、たかが室温20℃程度で耐えられないとなると、この先を乗り越えられる気がしない。

さて本日は標本整理に出かける前に論文を読んでおきたかったのだが、読む気が起こらず、代わりに考え事を巡らせる。追記の欄に書いてありますので、ひねくれた論考が好きな方だけご覧になっていただきたい。そうでない方が読むと、気分を害するかもしれない・・・

午後から部室で標本整理をやることになっているが、あいにくの雨模様。いや、秋晴れの宝篋山の誘惑が無い分、室内作業はうってつけではあるのだが、問題は自室から部室までの移動手段である。11時現在の降水量が8ミリと結構多く、外に出る気が失せてしまうのである。結局バスを使って向かうことに。
誰も来ないことを期待していたのだが、次期会長Kくんと次期局員Yくんが協力に来てくれた。結果的に、部室に散乱していた作りかけの乾燥標本たちには無事にラベルという住所と、ドイツ箱という安寧の地が与えられた。一人で行おうとすると5時間くらいかかる作業が、およそ3時間くらいで終わったのだから素晴らしい。わざわざ雨の中来てもらって大変に助かりました。

さて、雙峰祭まで残り2週間。610はこの時までにドイツ箱6箱分に相当する昆虫標本の整理、夏合宿と大東避行、それからロシアの昆虫に関する資料の印刷、さらに色々なところで収集してきた骨やら生物の遺骸やらの同定能力の獲得、ヘビや昆虫の抜け殻の整理、展示したい写真の印刷などを行わなければならない。ヘブライ語やサンスクリットの予習、或いは3本の論文の読み込み、専門科目の学習をこなさねばならない中、いったいどこまで消化できるだろうか。ここが踏ん張りどころである。

~・~・~

明日は通常の月曜日課です。  続きを読む


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)