2013年10月12日

一人で過ごす時間が奪われたとき、610は死を迎える

今朝は8時半過ぎに起床。やたらに室温が高いなあと思ってアメダスを確認すると、昨日より朝の段階で数度高いようだ。これはつくばでも10月の真夏日を観測するのではないかと密かに楽しみにしつつ、論文のレジュメづくりの続きに取り組み、完遂させる。完遂とはいっても、最低限発表に使うのに支障が無いといった程度のもので、推敲を要するものであるがひとまず大きな課題が消えたので気分が楽になる。

論文に見切りをつけてからヘブライ語の予習をする。すると、不思議なことに、文字が読めるではないか!
今までは予習の時に欠かさずヘブライ文字の上に翻字(音読するための補助記号)を振っていたのだが、その必要性が大きく減ったのだ。その上、よく出てくる単語の一部が頭の中に定着したようで、いちいち語彙集を調べていた時間がわずかながら短縮された。これはずいぶん嬉しいことで、昨晩サンスクリットの予習で苦しまされたのとは対照的に、思っていた以上にサクサクと訳していけるのがとても快感であった。

さて気温の方は14:25に30.5℃を観測、つくばも真夏日になってしまった。これは10月の最高気温としては過去4位にランクインする高温で、もちろんペテルブルクから帰ってきた610にとってはおよそ耐えられないものである。昨日は相当風が吹いていたこともあって、虫が入ってこようがゴミが入って来ようが気にしないで窓とベランダに通じるドアを開放していたのだが、今日は恐るべきほどに風が無い。そういうわけで、つくばに来ておそらく初めて10月に冷房を入れてしまったのであった・・・

少しは涼しくなった15時30ころ、サキシママダラとタカチホヘビのエサを求めに外へ出たものの、ポイントでは草刈りがされていたことや陽が届いていないこともあり、何も見つけられずに退散。外でフラフラしていたら突然雲行きが怪しくなり風が吹き出してきたので、にわか雨を懸念してすぐに帰宅したが大丈夫であった。

~・~・~

さて明日は久しぶりに宝篋山に行きます。前回行ったのが8/14らしいので、実に2カ月ぶりの訪問となります。
今回はクルマバッタの採集と撮影が主な目的ですが、そのために山頂まで行かねばならないかもしれず、面倒に感じています。おそらく平地にもいるはずですが…  続きを読む


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)