2013年07月11日

一度始めたらなかなかやめられない

今朝は何と10時起床。目覚ましは4時半から7時の間にセットしてあるのだが、この間いずれもすっきり目覚められなかったので、良い目覚めを達成するまで寝ることにしたらこのざまである。いやはや困ったものだ…

本日は発生生物学実験のレポートを片付けないといけないというのに、日中の大半の時間をHP作りに費やしてしまう。まあ、作ると言っても、610にはhtmlタグを自在に操る能力はないので、簡単に作れそうなwebページを提供してくれるものを探し、そこに色々なファイルを添付して形を作っているにすぎないのだが…

そして夕方から標本作りを行う。思っていたよりも1年生が参加してくれたので良かったのだが、なかなか標本作りを教えるのは難しい。これは自分でやってみないと感覚が掴めないと思うので(610の説明から解放された方が彼らにとって有益であろうし)、機会があったら自分でいろいろやってみてもらうことを強く薦めたいところである。

さて珍しく22時まで部室で作業をしていたのだが、帰り際にアブラゼミの幼虫が定位している姿を確認。まだ彼らの鳴き声を聞いていない段階で羽化に立ち会うのは初めてのことになるだろうから、寝る時間を削ってでも観察しなければならない。




思っていたよりも「逆立ち」している時間が長く、起き上れるのか少々不安ではあったが、無事に翅を伸ばすこともできたようで一安心。


そして観察の前後でノコギリクワガタとカブトムシを発見、採集。いずれも今シーズンはまだ死骸しか見ていなかったので、ようやく元気な個体に出会えてなかなかに嬉しい。ノコギリに関しては、twitterや宿舎周辺の死骸の状況から、やたらに大形の個体が多いようである。

~・~・~

明日はお昼までに発生生物学実験のレポート(月曜出したのとは違う担当のもの)を仕上げ、それから博物館実習のために帰省します。  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)