2013年07月01日

発生生物学実験はまだ終わっていない!

昨日はほぼ1日中何にもする気が起こらなかったうえに、15時ごろから2時間程度昼寝をしたせいで夜も寝つけない。
ここで非常に不可解な現象に見舞われる。まず、お隣さんの家に突如として複数の人間が乗り込んできた。今住んでいる宿舎はそんなに壁が薄くないようなので、イライラの限界が超えるほど音が筒抜けたりはしてこないのだが、たまに笑い声が上がったりすると聞こえてくる。
一体彼らは何をしに来たのだろう。試験対策で集まっているのならまだしも、それ以外の目的で集っているのだとしたら困りものである。

次に、宿舎の外で奇声を発するヒトの声が聞こえた。彼らが大学生なのかどうかは判断できないが、もしそうだとしたら、明日に試験があることくらい承知しているはずだといのに喚き散らしているのだから、多くの1年生や留学生、一部の上級生にとって最悪の存在である。彼らは即座に除籍の上、永久学外追放に処せられるべきだと思いつつ寝られない夜を過ごしたのであった。

~・~・~

さて今朝は7時起床。本日は2つの試験が控えているのだが、少なくとも2年生のころまで抱いていた「単位を取るならAがいい」という欲求が限りなく稀薄になってしまい、勉強に対するモチベーションが全然わかない。今年度は今までで一番興味を感じた科目を受けている割合が高いというのに、どうやら講義でお話を聞くことと、良い成績をとるということとが独立してしまっているらしい。だったら、語学とか他学類の科目は変に履修申請しなくても良かったのかもなあ・・・

2限:分子進化学I
宿題の確認位しか対策をしてこなかったので、初っ端の語句説明問題は講義内容や予備知識を呼び起こして創成。その他の問題はおおよそ宿題で出された設問の応用であったから、よほど深刻な計算ミスをしていなければ問題ないだろう。

3限:インド古典語初級A
比較級・最上級と代名詞について学んでから答え合わせを行う。

4限:
帰宅してイタリア語の試験対策を行う。

5限:ヘブル語初級a
なんと休講!

この時間を、再び帰宅してイタリア語の勉強に時間を割くことに捧げても良かったのだが、一方でイモリの胚発生が順調に進んでいるはずである。この観察を行うことにしたのだが、果たして2匹のイモリが孵化を遂げ、幼生になっている姿がそこには待ち受けていた!
実験動物の写真を掲載することに関して、自粛要請が出ているためにその姿を公開できないのだが、これがまた実にすばらしい!血が通っている様がまじまじと観察できるのだ! 

6限:専門語学(伊語)B-1
さて試験のほうは、通常は口頭試問を行っていたようだが、今回は履修者が多いとのことで筆記試験になった。どんな問題が出るのか全く事前情報が無かったのだが、テキストの文章の和訳、伊訳を課せられるものであった。これは覚えていないところはどうしようもない形式なので、粘っても仕方がないと判断し、20分程度で試験終了。

~・~・~

明日は、おそらく今回もっとも暗記すべき内容が多い解剖学の試験があります。これに関しては、金・土曜にかけて少し目を通していることと、高校生物の予備知識がまだ蓄えられているために勝算があります。
  続きを読む


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)