2013年05月11日

湿地に潤いを、沢に勢いを




ホンハブは、今まで処理したヘビの中で一番頭骨の損傷具合が少なく、これは頭骨も含めた全身骨格標本が作れるのではないかと期待できたのだが、胸椎(?)が何か所も骨折していて上手くできないかもしれない。それから、皮にはいつになく肉が付着しており、一向にきれいになる様子が見られない。随分ベロンベロンになってしまい、整形が随分面倒そうだ。

さて今朝は9時6分起床。今日は宝篋山には行かないのでしっかり勉強しないといけないのだが、なぜこういう日に限ってやる気が出ないのだろう。それでも、満州語とロシア語の読解を進める。満州語は自分で訳した単語が辞書に乗っているととても捗るうえに、簡単に意味が分かって嬉しいのだが、中々この段階に行きつかない。

お昼過ぎに大学院説明会を聞きに移動、内容を聞いてほどなく部屋に戻り、英語のプレゼン作りを行う。とあるトンボの系統関係を探る論文を紹介するのだが、紹介するトンボについて、あるいは考察や背景はなんとでもなりそうなのだが、実験結果の説明がうまくできそうにない。単純に論文が読み込めないだけなのだが、それはそのまま610の分子系統学的手法の知識力不足の裏返しでもある。

~・~・~

明日は午後から天候が回復するそうなので、きっと宝篋山に行くことになるでしょう。例によってムカシトンボを観たいところですが、S氏と同行する可能性が。さてどうなるのだろうか・・・  


Posted by Impulse610 at 18:10Comments(0)